fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

月別アーカイブ  [ 2023年03月 ] 

日本一のM男の魂 

日本一のM男_2

 歳とると、体力が落ちてくるものなんだ。

日本一のM男_1

 今さら手遅れとは思いつつ、部屋で筋トレとかストレッチをやってみようかとも思うのですが、モチベーションを維持することの方が難しいですね。

日本一のM男_3

 こういう女王様がパートナーになって頂けると、持続可能なのですが・・・

 マゾヒズムも、体力の一つなんだな、と思いました。

日本一のM男_4

 体力増強や健康維持の名目でやるには、動機が不純という気はします。

 いつもより動悸も激しくなるだろうし、心臓マヒや心筋梗塞のリスクも高まるでしょう。

 高齢者マゾの方がこのようなプレイ中に逝ってしまうというのはシャレにならない。

 しかし、生前に春川ナミオさんがおっしゃっていたように、女性のお尻の下で死ねれば本望という心境が、今頃になってようやく、身に沁みて心に刺さるものがあるのです。

 あるいは、谷崎潤一郎の名作「瘋癲老人日記」で、憧れの女性の足の拓本から仏足石を作成して、自身の墓石にしようとする主人公の爺さんの気持ちも、今だからこそ理解できる。

 顔面騎乗や女性崇拝、ご奉仕の真っ最中に、来世を願いもせず、今世に執着も持たずに、

 「ああ、今、おれは死ぬんだ」とさえも思わずに、さりげなく、あっさり、コトっと、逝く。

えいちゃんコレクション_201

 苦しみの中に最高の快楽があるマゾヒズムにとって、理想的な大往生ではなかろうか・・・

 しかし、顔面騎乗されている時に死んでしまったら、女王様に申し訳ない。

 誰にも迷惑をかけずに、静かに、苦しまずに... コトッ と、逝きたいものですじゃ。



■ 日本一の男の魂



■ 拷問されたい願望
日本一の拷問男 _1


■ Go To SM クラブ

「週刊ビッグコミックスピリッツ」 2020年51号




[ 2023/03/28 19:08 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング