fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

月別アーカイブ  [ 2023年11月 ] 

女王様を如何にして濡らすかという快楽 

ヒトイヌ

「感動のヒト犬プレイ」では、腕と脚の間接まで緊縛された「なすすべのない惨めさ」状態で這いつくばったわけですが、こちらは比較的ユルく、ただの四つん這いで、女王様の後をついていく。見た目ほど楽でもないけれど、こんなことやって何が楽しいの?とノーマルな性癖のヒトは首をかしげるかもしれない。

 これが楽しいのだ。

 この画像を見るだけでもう、ワクワクしてくる。

 ほとんどのSMプレイは、欧米の言い方を借りると、パワー・エクスチェンジという要素が大きい。

 直訳すると「力の交換」ですな。

 つまり、ロールプレイ。

 お互いに合意のもと、主従関係の構図で猿芝居を演じる。

 女王様と奴隷。

 飼い主とペット。

 女教師と生徒やら、看護婦と患者、秘書と重役など役割は何でも構わないが、とにかく二人の間でパワーチェンジを行う。

 奴隷や家畜になりきり、支配されるフリをするのがマゾヒズム。

 そこで、女王様をいかにして濡らせるような演技をするかが、M男としての役の見せ所。

 惨めったらしく、世にも恥ずかしい姿を晒せばいいというワケでもない。

 マゾの快楽や満足度よりも、女王様をいかに楽しませるかというのがポイント。

 女王様は女王様で、マゾヒストを支配するフリをしなければならない。

 上手くのせるための会話力がマゾには求められる。

 そしてマゾヒストは服従するフリをする。

 昔からみんなコレを違和感なく行って、BDSMや Fem-Dom 文化は発展してきた。

 そういう変態趣味、倒錯的な願望は、誰もが持っている。

 表面化するかしないかの違いで、意識の下に、ひっそりと潜んでおり、実際にやってみる人や、SMクラブに逝く人が特殊というわけではない。
(まぁ、フツーとは言えないのかもしれないが・・・)

 ここで一つ大切なお約束がある。

 必ず両者合意のもと、安全で誰にも迷惑をかけない平和な環境で、信頼関係のうえで誠実に行わなければならない。

 この約束事を守らないと、本当にフツーではなくなってしまう。

 ルールをきちんと守り、立場と常識を弁えることが出来るなら、持続可能で楽しいSMのセッションが味わえると思います。

 やってみなはれ。












[ 2023/11/21 14:34 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(8)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング