fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

月別アーカイブ  [ 2024年02月 ] 

まぞのあわれ 

絶対領域_109

恥ずかしきことこそめでたけれ

 この季節、素足にロングブーツで、太もも(いわゆる絶対領域)を露出して歩いている女子を近くで見かけると、誰でも目が釘づけになりますよね?

 先日、そんな娘さんが、地下鉄で僕の隣りにドスンと座ったのです。

 スマホ見ながら、周囲には一瞥もくれはしない。

 「なんとなくS女っぽくてイイ感じ」

 僕は彼女に気づかれないよう、その太ももを見つめる。 

 こんな近くで、あれほど血色のよい、白い肌を目にすると、眩しくてクラクラします。

 それには、あたたかくて、生命力溢れる心地よさも感じることができる。

 老い先短いこのM老人に、神様が恵んでくれたご褒美かもしれない。

 これまでナニ不自由なく、健やかに暮らせたことにも感謝しなければ…

 足ることを知っていれば、たとえ何か不足があっても、楽しいと感じて感謝できる。

 いくつになっても、美しい女性の素肌を目にすると、ガン見せざるを得ないのは、自分が命ある生き物だから。

 「どうして私の脚を、そんなに熱心に見つめているの?」

 彼女のそんな声が聞こえたような気がした。

 あまりにも露骨に集中し見つめ過ぎて、不審者に思われたのだろうか。

 だが、その際、「お許しもないのに」のひと言がつけ加えられていると、少し嬉しいかもしれないと思うのは僕だけだろうか・・・

 この太ももで顔面騎乗されてみたい!と心の中で叫んでみる。

 その刹那に「ナニ考えているのか、大きな声で叫びなさい!」と命令されたらどうしよう〜… (>_<)

 このような妄想って、わりとフツーですよね?

顔面騎乗に適さないお尻_11_書店
ここにも「絶対領域」が!





[ 2024/02/22 16:09 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

7位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング