FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

ダニエル・キイスさんに花束を! 

アルジャーノンに花束を

 初めて「アルジャーノンに花束を」を読んだのはいつの頃だっただろう。

 知能向上手術によって天才になったチャーリーの苦悩を描く物語。

 愛読書とするにはあまりにも哀しい、切ない物語ですが、3回以上は読んだと思う。

 映画も舞台も何度か見た。

 なんだか知らないけれど、マゾヒズムにも同じようなシンパシーを感じていたのかどうか...

 ほとんど意味不明的にブログのタイトルに借用したような気がする。

 作家のダニエル・キイスさんには不本意なことだったかもしれない。

 マゾヒズムは、大昔は精神病と見なされたり、今で言う「知的障害」のようなものだった。

 実際、たまにSMプレイに興じている自分を冷静に見つめてみれば、

 なんてオバカなことやってるんだ、俺・・・

 などと思ったりなんかしないでもなかったりする自分が、いたりいなかったりするかもしれない。

 普通の理性と知性があれば、絶対に出来ないようなことをやってしまっているワケで・・・

 たまにS男性と会話している時に感じるウシロメタサがこれなのだ。

 もしコレが病気というものならば、治ってみたいような、みたくないような・・・

 でも投薬や治療でマゾヒズムが治ったとしても、また再発するに決まっている。

 別に治らなくたっていいんだもん(>_<)

 マゾという自分を受け入れて、チャーリーのように生きていくのもよいのかなと...


 ダニエル・キイスさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


 ダニエル・キイスさんの訃報





関連記事
[ 2014/06/18 20:26 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(4)
お久しぶりです。
キイスさん亡くなったんですね。
今の今まで、「・・・花束を!」とダニエルキイスを結びつける発想がありませんでした。
「アルジャーノン・・・」は本当に切ない作品でした。私自身も心に残る1冊です。自分自身辛いことが重なった時期に読んだので、よけいに切なかったのを思い出します。
ビリーミリガンもおもしろかったですけど・・
[ 2014/06/21 23:29 ] [ 編集 ]
2013年の冬頃に自分はサドだと自覚した一般女性です。
知的さのあるこのサイトを発見してから、
たびたび訪問しています。

小説家・村山由佳先生の「花酔ひ」で
やっぱり自覚させられました…。
本当は長年うすうす気づいていたんですが
ずっと自分はノーマルだと
言い聞かせていたんのですが。

私はエゴマゾは無理なんです。難しいですね。

これからもブログ楽しみにしています。
ブログ運営ありがとうございます。
[ 2014/06/22 02:17 ] [ 編集 ]
おお! コメント恐れ入ります。

 確かに、村上春樹のような、作品と作家があまり同一線上に並ばない感じですよね。

 普通、作品がヒットすると作家にも目がいくものですが、ダニエル・キイスさんのファンにはならなかった。

 司馬遼太郎みたく多作な作家と違って(ほとんど日本では)「アルジャーノン・・・」だけが、つまり作品性だけで語られることの多い作家だったような気がします。

 マゾヒズムとかサディズムというのは、多重人格症の一種なのかもしれませんね。

 マゾやっている自分は、別の人格で、だからメインの人格である「本来の」自分が許せる(許せない?)ような恥ずかしい、はしたない行動も可能にするというような。

 わざわざ別人格にしないと出来ないような変態行為ほど、アブナい魅力があるのかもしれません。

 ご夫婦でなさるような「ちょっぴり?」程度が、けっこう無難なラインというか、危なげなくてよろしいかと思います。
[ 2014/06/22 17:10 ] [ 編集 ]
 おお! ふうこさん、初コメントありがとうございます。

 最近、「最近Sに目覚めました!」という女性からのメールも頂いたりもしているのですが、S女性が読んで面白いんですかね?このブログ・・・・

 先日も、あるプロ女王様から「プロになる前から読んでました!」と言われてびっくりしました。

 まぁ〜、どちらかというとM男向けのショーモナイ、なんてことのない内容だと思われるのに、恐縮です。

 うすうすと気づいていても、それを認めたくない心理ってよくありますよね、いろんな意味で。

 一般論ですが、「絶対に間違いない!」と気づいてから、後になってそれはやっぱり間違いだったりすることもあるし。


>「私はエゴマゾは無理なんです」

 そうですか・・・ 残念です(>_<)

 いつの日か、それを受け入れて下さることを、願っております…


好きになった人がエゴマゾだったら、(やむを得ず)受け入れたたくなることもあるかも

       (。。)☆\バキ




[ 2014/06/22 20:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ