FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

羞恥心とは不可思議なるもの 

 恥ずかしい思いがしたい。あるいは、恥ずかしいことをして欲しい。

 よく耳にするフレーズですが、これを口にした瞬間から、既に「恥知らず」と化し、もう恥ずかしい気持ちは消滅しているように思えます。本当に恥ずかしかったら、言えないはずで、言えたということは、もう恥ずかしくない。
 
 この予測可能な羞恥心は、かろうじて「ハズカシイ」と疑似的に信じているだけなのではないでしょうか。

 SMプレイの多くは、とても人に言えない、見られたくない行為という意味で恥ずかしいものがあるとはいえ、やっている本人にとってはそれほど恥ずかしくない。むしろ嬉しい。

 よく女王様から恥ずかしいのがウレシイくせにと言われるのはまさにその通り。

 だから慣れてくるとだんだん恥ずかしくなくなってきて、恥ずかしがっているフリをしなければなりません。
(それでも、やっぱり 少しだけ 恥ずかしいけど…)

 昔のSM小説で読んだ、女性が後ろ手に縛られて浣腸され、まさに排泄する直前に

 「お願い、見ないで〜」というあの台詞。

いや〜見ないで〜_03

 あれは心の中で「私の恥ずかしい姿を見て見て〜」と叫んでいた。

いや〜見ないで〜_01

 マゾヒストでも、普通の男の読者の立場で女性の排泄シーンには

 まったく興味がないというわけではありません。

まどろっこしい言い方しないで ↑ 好きって言え  (。。)☆\バキ


 羞恥に悶える女性の表情(を想像して)萌えていたと同時に、それを己の身に置き換えて悶えてもいた。

いや〜見ないで〜_02
M男には「いや〜見ないで〜」という台詞は似合わない


 当時は、このようなハシタナイ想像をするだけで恥ずかしく、自己嫌悪に苦しんだものです。

↑ とかナントカ言いつつ、コーフンもしていたのだけれど(^^)


いや〜見ないで〜_04

 一歩引き下がり、恥ずかしがっている他者の姿を見るのも、見ている自分がなんだか恥ずかしくなってくる。

 それにしても、恥ずかしいM男を描かせたら右に並ぶ者はいない暗藻ナイトにしては、M女のえぐい排便姿をもこれほど恥ずかしく表現できるとは驚きです。

いや〜見ないで〜_05

 本当は見られたくないのに、強制的に見られてしまうのが究極の羞恥だとすれば、心のどこかで見られたいと願っているからには、ゆるい、中途半端な羞恥心です。

見ちゃだめ〜

 暗藻ナイトのコミックマゾの世界のように、強制的に見られる公開羞恥プレイが毎日のように続き、感覚が壊れてしまって、もう人に見られないと排泄や射精ができないような身体・心理に調教されてしまうというのも恐ろしいけれど... 魅惑的でもある。

いや〜見ないで〜_06


「恥ずかしい」という心理には、曖昧で、揺らぎがあるようで、そのブレ幅が大きければ大きいほど、恍惚と快楽の度合いも高まるような気がしています。

 だから僕は、いわゆる「浣腸プレイ」や、女王様の前で排便するようなセッッションは老後の楽しみにとっておこうと思う。

 なるべく人生の最後の一歩手前までは、真に「恥ずかしい」という気持ちを残しておきたいから(>_<)

 女王様に浣腸されて我慢させられるのを「想像するだけでも恥ずかしい」段階から、一気に女王様の目の前で排便をせざるを得ない状況へワープするのは、これは絶対に死ぬほど恥ずかしいに違いない(>_<)

M男の排泄シーン「ご覧下さい」

 「いや〜見ないで〜」と言いながら排便するのは、チョー気持ちいいかもしれない。

 しかし、そのためには、羞恥心が残っていなければならないのです。

 認知症になる前に、恥ずかしいという気持ちを忘れないうちにやらなければなりません...

 この難しい自己矛盾を解決するのが、迫り来る高齢化SM社会の課題でしょう。


【関連エントリー】

■ 浣腸について考える



関連記事
[ 2015/01/06 20:48 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(12)
ほとんどのテーマでhomerさんとは見解が一致しますが、珍しくこれは正反対となりましたね。
羞恥心の捉え方、様々なんですね。
こちらでも近々掘り下げてみようと思います。
恥ずかしいから勃起するのか。勃起するから恥ずかしいのか。
それが悶堕慰だ。

[ 2015/01/07 13:29 ] [ 編集 ]
 おお!  でなくて、ええ? 正反対ですか〜(>_<)

 羞恥心の捉え方に多少の違いはあれど、ベクトルぐらいは同じかなぁ...と思っていましたが・・・

 いったいどういうことなんでしょう...

 続報をお待ちしています。

[ 2015/01/08 19:49 ] [ 編集 ]
私は…スカトロは無理派です。衛生的に。
以前、本屋で見つけた(立ち読み)スカトロSM系エッセイコミックが、ハードでした。

『やっとこ決まった就職先は、SM雑誌の編集部』
森野 いずみ (著)
この本、私には受け付けなかったんですが、せっかくのブログ記事なんで紹介しました。スカトロが多い内容です。

オムツ姿の男性は面白いものがありますが…(笑)。こっちのが情けない感じ。
[ 2015/01/08 21:49 ] [ 編集 ]
羞恥って難しいですね。
自分の場合、プレーでスイッチが入ると、羞恥心がなくなってしまいます。言葉であおられても、「いやだって今そういうことする時間だもん」って感じで・・・。プレーで羞恥心を楽しめる人は羨ましいですね。妄想なら羞恥心が残るんですけどね・・・。

老後にとっておくとのことですが、おじいちゃんになって漏らしても年齢相応的な感じになってあまり恥ずかしくないかも?それよりは大の男とみなされる年齢のうちに経験された方が情けなさがあって、羞恥を楽しめるのでは?と思います。
[ 2015/01/09 01:54 ] [ 編集 ]
恥かしくないと恥ずかしいプレイは成り立たないんです。
演技じゃ勃起しないでしょ?だから、羞恥心に常に包まれていないとダメなんですよね。
以上、詳しくはwebで。
[ 2015/01/09 16:58 ] [ 編集 ]
コメントしようと思いましたが、少し長くなりそうなので自分のブログのネタにとっておこうと思います(^o^) 僕はhomerさんとほぼ同じベクトルかな。
しかし、暗藻ナイト氏の絵は観ている方が恥ずかしくなりますねー(笑)
この方のマゾ物語はストーリーも奇抜で引き込まれるし、絵の訴える力もハンパじゃなく凄い。コミックマゾの様な短編集がほとんど出ていないのは残念です。 女神の愛に掲載された短編をぜひまとめて出版して欲しいですね。 しかし、こんなのがカバー絵だったら恥ずかしくて書店のレジに持って行けない… いや若くて美しい女性のレジに持って行けば立派な羞恥プレイになりますね(^◇^;)
[ 2015/01/09 19:02 ] [ 編集 ]
 スカトロジーというのは、SMとはまた別の話になるような、ならないような、よくわかりませんが、SM愛好家でも無理派は多いみたいですね。一方でヤプーズマーケットのように、ノープロブレムな人々がいるのも事実でSMと深いつながりもある。

 僕も本来好きというわけでなく(サドの小説読んでいると、感覚がマヒしてきて楽しいですけど)実際のところ経験もありませんが、ここでは羞恥心に焦点をあててピックアップしました。

 僕が思う「スカトロ」は、井上真央のうんこなら食べられるかもしれない(>_<)などと勝手に想像してみたりして楽しむ脳内室内個人羞恥プレイのことで、自分が井上真央様に浣腸されて、排便する姿を井上真央や吉高由里子 に見られるという羞恥プレイはスカトロに分類されてません(似たようなものかもしれないが・・・)

> 『やっとこ決まった就職先は、SM雑誌の編集部』

 面白そうな本のご紹介ありがとうございます。今度買って読んでみよっと!
[ 2015/01/10 20:56 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 「大好物」読みました!

 いずれコメントさせて頂きますが、僕は、「恥ずかしくないことを、恥ずかしかがっている」わけではありません。

 羞恥心って、恥ずかしいけど、難しくて面白いですね。



 

[ 2015/01/10 21:06 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます!

 そういえば、mugiさんのブログにはカテゴリーに「羞恥系」がありますが記事は一本だけ。
羞恥を扱ったトピックがあまりなかったような気がしますが、だからといってマゾ性癖のプロパティに含まれていないわけではないと思います。ぜひぜひ、ムギムギの羞恥論をお願いします。

 ちなみに「顔面騎乗」もカテゴリーとして立っているのに記事が一本もないっていうのはあんまりです(>_<)

 コレって、ひどくない?  

  ↑ 人様のブログにとやかく言うなって  (。。)☆\バキ

 暗藻ナイトはわかっていますね。

マゾヒズムをわかりすぎるほどわかっているし、画力もそれを後押しするパワフルさ。
読者が本を買う時に感じるであろう羞恥系マゾヒズムをも計算して描いているところが凄いと思う。

[ 2015/01/10 21:24 ] [ 編集 ]
未熟なブログなのでカテゴリー分けしても記事が0と1が圧倒的に多いのです。
しかし、あのカテゴリー分けが検索ワードに引っかかってやってくる人も結構いるみたいなので、記事がないのは詐欺みたいなもんですね(笑)

ご主人様のお客さんに顔騎生活を好むマゾ氏がいるのですが、勝手に書いたら怒られるだろうな(^∇^)か、書きたい…
[ 2015/01/11 01:01 ] [ 編集 ]
 おお! コメント返信遅くなって失礼しました。

モルトさんの羞恥心の感じ方は僕のベクトルの向きに近いものがありますね。

「いやだって今そういうことする時間だもん」って、いい感じで、同感です。

プレイである以上、ある程度の割り切りというか、開き直りみたいな感覚はどうしてもある。

 老後にとっておいても、本当の日常生活でおしめのお世話になるような状況だと、また複雑な気持ちになるかもしれません。その前に認知症にでもなったら、羞恥を「認知」できなくなってしまう。

 それが一番恐ろしいです。

 可能であれば春川ナミオ氏の言うように、もういいだけ生きて(90年以上)元気なうちに顔面騎乗されて女性のお尻の下で逝きたいですね。

[ 2015/01/11 13:49 ] [ 編集 ]
未熟なブログだなんてとんでもない。完全に出来上がってますよ。

「女性器アーティストの聖戦」はとても面白かったです!


>顔騎生活を好むマゾ氏が・・・

  よ、読みたい...

 顔面騎乗のカテゴリーに記事を追加して下さい!

[ 2015/01/11 21:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

24位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ