FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

「賢者の愛」山田詠美 

賢者の愛

 今年1月、「谷崎文学と肯定の欲望」などの著作でも知られる作家の河野多恵子さんがお亡くなりになり、今月になってようやくお別れの会が行われました。

 その席で山田詠美が挨拶をしていたのにはやや意外な気がしたのですが、芥川賞などの選考委員も務める傍らで、若手を発掘、後進の指導育成にも熱心だった河野氏と接点があったとしても不思議ではありません。

 山田詠美が河野多恵子や、谷崎潤一郎のマゾヒズム文学を正統的に継承しているかどうかはともかくとして、1988年に発表された「ひざまずいて足をお舐め」は、「SM的なるもの」をモチーフにした文学としては当時最もインパクトがありました。あの時代にはまだ、現代文学でまっとうにSMを、それも女王様ものをダイレクトに扱った作品は希有だったのです。

跪いて足にキス

 
 沼正三のように「男性作家」ではなく、女流作家によるマゾヒズム文学(今風にわかりやすく言うならM男向け文芸作品)という金字塔は、河野多恵子によって打ち建てられたのですが、山田詠美の作品の中には、その流れを受け継ぐものがあったようです。

 在日米軍黒人兵との大胆なセックスを描いた「ベッドタイムアイズ」でデビューしてからちょうど30年。山田詠美もすでに大御所的存在となり、その節目に河野多恵子氏への弔辞を読み上げたのには感慨深いものがありました。

 その執筆動機が「谷崎をギャフン(←もしかして死語?)と言わせてみたかった」という「賢者の愛」は、なるほど確かに「痴人の愛」へのオマージュというよりは、谷崎文学やその愛好者の神経を逆撫でするように挑発的ではある。
 
 例えば河野多恵子の「みいら採り猟奇譚」のように、暗示的なサドマゾヒズムを格調高い手法で描くのでなく、もっと下世話で、ありがちなステージに置き換えた倒錯、つまりわかりやすい変態ライフを現代的に描くことにかけて山田詠美は秀逸でした。

 SMを含めたアブノーマルな性癖や願望は、本人にとっては単純なのに他者にとっては難解。

 これを万人向けにわかりやすく伝えるというのは巧みの職人芸のようなものであり、それを成し遂げた偉大な文豪が谷崎だったのです。

 身も蓋もない言い方になってしまうのを承知であえて言うと、SMっぽい行為や表現というのは、実はけっこう馬鹿げている。

這いつくばって足を舐める
 跪くなんてまどろっこしい。本心では這いつくばって足を舐めたい(>_<) ←ばかげてる!

 しかし、そもそも恋愛自体が馬鹿げているわけだし、愛とは愚かで意味不明なものだとも思うのです。

 谷崎は愛に溺れるおバカな男を、「男子的」な視線で純粋に描いたにすぎないのですが、しかしそれだけでは一般の人を含めた多くの共感を得ることは出来ない。

 僕のような「谷崎系マゾヒスム」を持つマイノリティは、本当は自分が馬鹿ではないと信じているバカな「賢者」とも言えるかもしれません。こういう矛盾した感覚、概念もマゾヒズムです。

 しかも、Femdom(=女性主導)とか言いながら(マゾッホ風の)男が主導するマゾヒズムを信望してもいる。

 「賢者の愛」は、これとはまさに逆向きのベクトルで、女性が主導する、「女子的」なロジックで描かれます。

 従来の保守的なサドマゾヒズムの神経中枢を引き裂くような快楽があるように感じました。

 谷崎のように日本の伝統的(すなわち男が主導権を握る)美意識をベースとした筆致とは明らかに異なります。

 山田詠美については、品格とは無縁のヤンキー娘が俗物的な恋愛を描いてきた、という誤った印象を持っていた僕でしたが、この新作では見直しました。

 というよりも、これまで見くびっていた部分が大きすぎてごめんなさい(>_<)と、しきりに反省したのでした。


「賢者の愛」バーチャル挿し絵
「賢者の愛」挿し絵

 主人公の真由子は、親友に初恋の人を奪われ、子供を妊娠し結婚されてしまった。
 復讐のため、生まれた親友の息子、直巳(ナオミ)を自分好みのマゾに調教していく。








【関連エントリー】

■ ひざまずいて足をお舐め(日本のSM文学)

■ 痴人の愛


■ 人間椅子

■ 家畜人ヤプー

■ 寺山修司と三島由紀夫

■ サタミシュウの主従関係

■ 稲垣足穂

■ 団鬼六「死んでたまるか」

■ 文豪座談会

■ サド裁判

■ 毛皮を着たヴィーナス



関連記事
[ 2015/03/12 15:06 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(3)
『賢者の愛』未読ですが…山田先生は女王様業もされていたので…
女性主導でのM男調教が、本当の(?)femdomなんじゃー!みたいな哲学があるのかもしれませんね。

少しショタコン?設定なんですね…。

本当、ズルズル絵が遅れてますが…今月中またメール添付しますので、お待ちください!
[ 2015/03/13 00:07 ] [ 編集 ]
 おお! 鋭いご指摘、そうですか、想定されていましたか〜(>_<)
 
 「オマエはこれが書きたかったんだろう? うりうり〜」と言われてるみたいでゾクゾくっと来ました(^^)


 絵については楽しみにして待っておりますが、納期はふうこさんがお決めになられているので、焦らずプレッシャーを感じることなく、まったりと進めて下さいね。

 リアル風SMイラスト」に関しては、ご自由に思い通りにやっちゃって下さい。

 僕にあれこれいちゃもんつけられずに、のびのびと描いて頂ければと願っています。




 
[ 2015/03/15 21:12 ] [ 編集 ]
最後の画像はpixivからですか?
たしかパソコン用R18同人ゲームの番外編とかだったような。作品名は「腐界に眠る王女のアバドーン」ですね。

ちなみにアバドーンはリョナ的にもなかなか面白いと思います。
M男=逆リョナ好きかと言うとそうでもない人が多いでしょうが。

ふたなりっ娘にお尻掘られたい派閥も一定数いますけど、ホモじゃダメなのはなぜなんでしょうね?
[ 2016/09/18 16:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ