FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

戦後70年のマゾヒスム 

そして男は軍神となり、奴隷となった
キャタピラー CATERPILLAR
映画「キャタピラーCATERPILLAR」


 最近の大学生の中には、

「日本がアメリカと戦争していたなんて、知りませんでした。ビックリです〜!」

 という輩もいると知り、

 この発言こそまさにビックリ! なのですが、

 戦争の悲惨さや狂気を知らない世代が増え「あの記憶」は風化しつつあるようです。

 それは平和な時代が長く続いた恩恵でもあり、喜ばしいと言えなくもないのかもしれないけれど、後の世代に正しい情報をきちんと伝えていくのは意外に難しいことなのかもしれません。

 戦前から終戦の直前まで、高度な教育を受けていた知識人に言論の自由はなく、当時はやむを得なかったとはいえ、国のプロパガンダに嘘で貢献し、彼らには真実が判っていても言わなかった(言えなかった)

 戦後の風俗雑誌には、そうした有名無名の知識人たちによる、抑圧から解放された真の言説が花開いていたように感じます。しかし、読む人の数は限定されていた。

 「奇憚クラブ」にはしばしば、戦争とマゾヒズムに関する記事がみられました。

奇憚クラブ1954年1月号表紙

 この雑誌の編集者自身が帰還兵であったことも影響していたのだと思われます。

 心理的トラウマが原因の病的なマゾヒズムと、変態趣味的なそれとは別物かもしれない。

 しかし、戦後70年を迎える今年、じっくりと己の胸に問うてみたいのは、

平和な時代を生きてこられた人生に、感謝せねばなるまい

 ということです。

 戦後生まれの僕ですが、戦前に生まれながらも幸いにして生き残った両親から生を授かった僕も、ラッキーだったと言えます。

 祖父母などからリアルな体験談を聞いたことがあるとはいえ、僕にとってそれは遠い記憶の声でした。

 僕は語り部になれるほど戦争を知らない。

 身近な語り部の生々しい証言よりも、映画や漫画のほうにインパクトを感じていた。

はだしのゲン

 平和ボケした、「まったり」ジャパンで、のほほんと享楽的にSMプレイなどで遊んできた僕に、風化どころか「あの記憶」の痕跡すらない若者についてとやかく言える資格はない。

 むしろ、軽はずみな気持で語るべきではないとも感じていた。

 しかし8月6日や15日を何の日か知らないような人たちが増えている事実には、本来は語り部たるべき僕たちの世代の無責任さを恥じるべきかもしれない。

 おこがましいのを承知で、今の若い人たちに言ってみたいことの一つは、真実が伝わるような芸術や文化に親しみ、なるべく

心の栄養をつけて頂きたいということです。


 そういうのは、若い時にしか出来ません。

沖縄戦

 若者も含めた世の人々が、一般常識レベルの歴史的事実や、歴史認識などを知っているという前提で、これまでにも、文芸や絵画、映画など様々なジャンルで戦争をテーマにした作品が発表されてきた。

 ピカソの「ゲルニカ」のように、戦争そのものが偉大な芸術作品を創出することもあります。

ピカソ「ゲルニカ」

 個人的には正直、僕のような年齢になってくると、そういうのはもう見たくも知りたくもないとも感じる。

 悲しくなるから。

 偽善的にこんなことを書いている僕は卑怯者だと思う。

卑怯者の島

 数年前に、それこそ軽い気持で反戦デモに参加したことがありますが、あの時は少し後悔した。こういうことがやれるほど、自分はちゃんとしてるのか?

 しかし、たとえエンターテインメントやレクリエーションとしてでも、少なくと参加することに意義はあったのだと今は感じています。

 大げさに言えば「世界平和」などとか、何かそういうもののために、もし自分に何かできることがあるとすれば、自分自身の生き方や生活、健康を充実させ、心の栄養をつけることの方が先なのではないか、とも思うのです。

 その一方で、僕はこうも考えています。

 戦争の恐ろしい面を伝えていくのは大切ではあるけれども、人々の心を平和にするような、

 笑えたり、癒されたり、ちょっと恥ずかしい気持になったり・・・

 性的に興奮するようなエロティシズム など等・・・

 多様性のある豊かな表現活動や作品を知ることも、大切なのではないか。

 そして、恥ずかしい気持ちを抑えつつSMプレイに興じるのも、長い目で見るなら世界平和に貢献するのだと。

 全ての女性がM男に顔面騎乗をしてくれるなら、きっと戦争はなくなると信じています。

 そういうわけで、戦後70年のマゾヒズムに敬意を表し、来週は春川ナミオ展にでも足を運んでみようか・・・


春川ナミオ_夏の花火
暑い日が連日続いていますが、女性のひんやりしたお尻で涼をとりたいものです。





■ 戦争と平和とSMと
戦争と平和
 毎年この時期だけ戦争とか平和について考えているような気がする・・・


■ 往きて還らず

■ 戦争と平和

■ 終戦記念日

■ 終戦記念日・・・ねぇ

関連記事
[ 2015/08/14 18:37 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(4)
戦後70年
もちろん戦後生まれの私たちですが、それでも子どもの頃は、戦争というのはごく近い過去の事実でした。でも、今の若い人たちにとっては、太平洋戦争なんて戊辰戦争や戦国合戦と同じように、ただの歴史で習う事柄なのかなあなんて思います。
男性は、女性を獲得するために争うようにできている生き物、やはり本質的に闘争的です。だから

>全ての女性がM男に顔面騎乗をしてくれるなら、きっと戦争はなくなると信じています。

これは案外真実かもしれませんね。
[ 2015/08/17 00:31 ] [ 編集 ]
 Kai さんコメントありがとうございます。

 メールフォームよりの励ましのお便りにお返事できずにもうしわけありませんでした。
いずれそのうち、またご連絡申し上げます。

 全ての女性がM男に顔面騎乗してくれるわけながない(>_<)  

 だから、やっぱり戦争はなくならないのかもしれない・・・

 それでも70年も戦争をしてこなかった日本は、褒めてあげるべきなのでしょうかね。




[ 2015/08/17 20:01 ] [ 編集 ]
女性も男性獲得するために、競争するものですよ。
多分、S女は一番生きにくい気がします。
ノーマルかM男の選択がありますし、ノーマルでSMに付き合ってくれる男性が出来れば良いとか思ってますし。

なんか私最近それで大変でしたから…。まぁノーマル男性にSM付き合ってもらうのは非人道的だということで…取り下げたりなんだりしましたからね。

私、おバカですから…SMにも付き合ってあげる、ってノーマル男性に言われただけで好きなりかけてしまったんですね。
尊敬あるので好きですけどね。

S女的には全ての男性が、M男的なかわいさがあるとイライラしないんですけどね~。女性の笑顔が平和の基本ではないでしょうか?
まぁ男性も癒された方がいいですけどね。

人類全ての人が癒されたいものですよね…。
[ 2015/08/24 00:59 ] [ 編集 ]
 おお! コメントありがとうございます。

>ノーマル男性にSM付き合ってもらうのは非人道的・・・

 う〜ん、そうなのでしょうか?

 SMにつきあって頂けるという時点で、もうその彼氏はノーマルでない!とも言えなくもないような、気がしないわけでもなきにしもあらず、なわけです。

 ノーマルとアブノーマルの狭間についてはよく考えるのですが、「狭間」とか「境界線」なんて本当はなくて、結局みんな変態でノーマルなんじゃないかな。

この過去記事を読んで欲しいです。
   ↓
http://homer.blog33.fc2.com/blog-entry-98.html

 まともな人ほど、その人の妄想世界は複雑で過激で、理解不能だったりします。

 ある変態行為を実際にやるかやらないかで、その人が変態かそうでないかの決め手にもならないような気がする。

 大学時代に初めて僕がSMクラブに行った時、その時から「自分は道を踏み外してしまった」という自己嫌悪に陥いりました。

 当時は、その日から僕は変態になってしまったのだと思い込んでましたが、そんなはずはなくて、それを言うならずーと前からそういう願望を抱いていた時から変態だったのでしょう。

 僕は自分がまともだとは言うつもりもないけれど(今では変態であると開き直ってますが)その意味は、変態の時もあるし、まともな時もあるということです。

 SMには確かに「非人道的」な側面もありますが、程度問題でもあり、何事もやりすぎはよくありません。

 僕のSMクラブでの体験が、ある種のトラウマ的な後遺症を残したかもしれないですが、その後の人生に別に悪影響はなく、むしろ健全な生き方を可能にしてくれたのだと、今では思っています。


>女性の笑顔が平和の基本ではないでしょうか?

 これはまさにおっしゃる通りですね!

 太古の昔から戦闘をやるのは男でしたし、男が癒されていたなら、争いコトはもっと少なかったと思われます。

 自称ノーマルな人々の中には、SMというものを「非人道的」とか「野蛮」とか、あるいは「いやらしい」とか「キモい」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、その本質は「癒し」だと思っています。

 癒しを得るための手段が、人によってはハグだったり、キスだったり、鞭打ちだったり、顔面騎乗だったりするわけです。

 ルノワールの絵画をみて心が安らぐのと同じように、春川ナミオの絵を見ても平和な気持になれる。

 ヒットラーも、東条英機も、戦前に春川ナミオの絵をきちんと鑑賞していれば、第二次世界大戦は起きなかったでしょう!








[ 2015/08/24 14:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ