FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

謹賀新年!悩める若きM男さんへ 

GTOP_2016_謹賀新年

 新しい年を迎えました。

 この年齢になってくると、もうどうでもいいような気もしてくる一方で、今年はもっと頑張って、よりよい年にしたいかな、と一応は思うものです。

 でも冒険は、もうできないかも。

 SMというのは、僕にとってはある意味で冒険でした。

 二十歳の頃、個人的にはレベルの低い覚悟ではあったけれど、初めてSMクラブへの扉を開けたのがまさしくそれで、壁を越えた、自分の殻を破ったと思いました。

Fcesitting_2016_01.jpg

 精神的に仮性包茎だったのが、一皮むけたのは事実です。

 しかし、僕は若い頃から保守的というのか、自分の可能性を信じつつも、それを追い求めたり拡張しようとは本気では考えていなかったように思う。

 それはSMに関してだけのことではなかったのかもしれません。

 いろいろな女王様のお世話になりましたが、彼女達は僕によかれと思って様々な方法で限界に挑むようなアプローチをしてきました。

 当時の僕はそれを嫌がり、拒絶し、自分の閉じた世界に引きこもっていた。


 ある女王様に言わせれば、僕はつまらないコダワリにしがみつき、SMの醍醐味を放棄しているということらしい。しかし、僕はそれで楽しかったし、特に後悔もしていないけれど、今から思うとご縁のあった女王様たちには申し訳ないことをしたような気持が残っています。

 SMのセッションはライブであり、何が起こるかわからない面がある。

 このコトは、人生全般、人との出会い、人間関係や恋愛感情にも当てはまるのでしょう。
 
 若い頃の僕にはそのような想定外の事態を受け入れるゆとりがなかった。

 予想される化学反応の方程式どおりの結果を、常に期待していた。

 そんな甘っちょろい考えが独善的な態度を生み、冒険を拒み、新しい可能性への道を閉ざしていた。

 SMは変態趣味で、ばかばかしい。

FeetFetish_01.gif

 どこかでそんな思いや、ウシロメタさとも格闘してきたように思う。

 その一方で、SMは確かに僕の可能性を開き

 ともすれば狭くなりがちな 視野を広げてくれた のでした。

 僕は幼少のころから自分の性癖、つまりマゾヒズムを恥じていましたが、何故だかわからないけどそれが好きだという信念みたいなものも変わらずに抱き続けてこれた。

 今、もし自分の性癖や人生に悩んでいる人がいるなら、好きなことを信じたらいい。

 変な趣味だから、人と違うから、マイノリティだからという理由で、信じるのをやめる必要はないと思う。

Serve_2016_01.jpg

 信じられる気持が少しでもあれば、信じ続けて下さい。

 それは、尊敬する人の志であったり、好きな人の言葉でもあるかもしれません。

 好きだった女王様の笑顔でもいい。

 特にSMという思想、その理想は、ありのままの自分を曝け出し、それを受け入れることなのだと、今は思っています。

 過去のSMプレイを振り返ると、思い出したくない出来事が多いのに、数少ない「よかった思い出」が救いになっているのが不思議な感じがする。

 人生はおそらく、嫌なことのほうがいっぱいあります。

 だけど、後味が悪くて気まずい思い出の中に埋もれた、ほんの小さな「いいこと」がそれら全てを吹き飛ばすぐらいのインパクトがある。

Fcesitting_2016_01.gif

 人の心にはそういう強さがあって、それは信じる力であり、結局ベタな表現に落ちつくのですが、信じることで救われるのだと思います。

 災害やテロ、痛ましい事件の数々や貧困や差別の問題など、気が滅入る出来事が多かった2015年でしたが、今さらいい年して、たかがSMで幸福な気持になれてしまう自分がおめでたいですヨ(>_<)

 自己中心的で、身勝手な自分を認め、開き直りそれを改めようとしない愚かな自分。

 己の欲望を捨て、人として清く正しく生きていくなんて無理だから(>_<)

 だからといって、変態のマゾヒストとして潔く振る舞うことも出来ません。

 精神的には全く健全ではない。

 自分に素直にはなかなかなれませんが、素敵な女王様の前でならなれるような気もする。

 せめて身体だけは健康でいられることに感謝しつつ、今年も恥をさらして生きていこう! 

・・・とブログには書いておこう... (>_<)






関連記事
[ 2016/01/01 00:00 ] 仮性M日記 | トラックバック(-) | CM(4)
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します!

確かにあの頃は、純朴なマゾ青年達にとってSMクラブに行くこと自体が大いなる冒険でした。 現在のようにSMをファッションのように語れる時代が来るなんて想像もつきませんでしたね。

ノーマルなセックスでさえなんとなく後ろめたさが付きまとっていた時代に、SMなんてそれこそ口にするのも憚られると言った陰鬱でジメジメとした暗いイメージがありました。
特にマゾヒズムの「虐められて喜ぶ」などという属性は、ただならぬ変態行為のように思えたものです。まだサディストの方が人間性の理に適っているように思う。

ですからマゾヒストに生まれてよかったと思っている僕ですが、さすがにその事を他人にカミングアウトする気にはなれません。時代が移り変わりどんなにマゾヒストに対するイメージが変わったとしても、僕のイメージは当時のままです。
後ろめたさというのとは少し違うかもしれませんが、恥じ入る気持ちがあるのは間違いありません。
同じマゾヒスト同士であってもその性癖も度合いも百人百様。分かり合えるようで分かり合えない微妙なところが、マゾヒストが持つ孤独感の要因なのかもしれませんね。

昨年末は色々ありましたが、せめてお仕えするドミナの事くらいは全面的に信頼して、格好をつけずありのままの自分を曝け出して生きていこうと思いました。
元々マゾヒストなんて格好の悪いもんですしね。

確かにバカバカしい人生ではありますが、今年もバカバカしいひと時を楽しんでいきたいと思っています。
[ 2016/01/02 14:45 ] [ 編集 ]
 おお! 新年早々のコメントありがとうございます。

 昨年は励ましのお便りに交じって、20代〜30代前半の若いM男性から悩めるメールも時々頂いていましたので、それに応えるかたちで記事にしてみました。特に mugiさんをイメージしていたわけではないのですが、mugiさんもきっかけは幼少の頃と伺っていますが、若い頃も悩み抜かれて、より深くマゾヒズムに覚醒されたのでしょうね。

 今は情報過多の時代ですが、それでも悩める孤独なM男(=マゾ)も生存しているようです。

 み〜んな悩んで、大きくなったわけで、悩めばいい。それでチン○も大きくなればいい。

 僕のは最近大きくなりませんが(>_<)

 mugiさんもいろいろと気苦労やお悩みも多そうですけど、信頼できる女王様に出会えたことで、救われているという点で、羨ましいです。

 僕も今年は、もう少し勇気を出して、挑戦はしてみようかと、心の中では思っているのですが、どうなりますことやら。

 少なくとも、恥知らずでおバカなことだけは今後もやり続けてじくしかないようです。

 人生にはダークサイドがあるもの。

 マゾヒズムとともに....



 今年もよろしくお願い致します!

[ 2016/01/03 12:34 ] [ 編集 ]
SMが開けてきたように…(それは古き愛好者には怒りをもつものかもしれませんが)
女性も堂々とエロスやら下ネタ(ノーマルの)を言えるのも現代の凄い部分なんだぁ…と思います。
(この記事のムギさんのコメントを見て感じました)
フェミニズムのおかげなのでしょうか。

活躍してる女流官能小説家さん等は、業界の方(出版社等)でなく一般の無理解な男性群から罵りを受けることもまだ沢山あるようです。
女性の進出が男性支配の最後の砦である『性』の面に出てくることは怖いものを感じる方も多いのでしょうね。

忍さんの緊縛男子写真集の売れ行き良いようですが…(持ってます)、それに対する反発は過去の瀬戸内寂聴さんが干された事件に似ているような気もしていて…
時代の変わり目を見ているんだな、と感慨深いものがあります。
一部の日本人女性が都会的な西洋(欧米)女性のようになってきているのが大変不快な保守層もいるのでしょうね。

femdomも女性支配といいつつ、やはり「性」の面ではやはり男性支配の部分(マッチョ)があるので…これからどのように変化していくか…、を長期的に観察するのが私の人生の楽しみでもあります。
私がお婆ちゃんになった頃はどんな時代になっているが楽しみです(笑)。
新年ですから、そのようなことを考えましたね。

なんだかんだハードSMは、いつの時代も簡単には理解されないんだろうな~と思いますけどね…(苦笑)。
イメージ的に変態なのでなく、『狂気』というカッコよさ…があってほしいように思います。
ナルシストでありたい言い訳ですけどね。
[ 2016/01/03 20:07 ] [ 編集 ]
おお! コメント返信が遅くなりすみませんでした。

 SM好きな人はたいていナルシストだと思うし、特にマゾヒズムとナルシズムはかぶる部分も大きいかと。

 本当はハードSMよりも、ソフトSMの方が難しいと、ワシは思うんですけどね。

 あまり適切なレスになっていませんが、ふうこさんのコメントはいつも重たく受けとめております。

 今年もよろしくお願いします。

 それでは、また^^/



[ 2016/01/11 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ