FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

M男に市民権を与えるコミック「亭マゾ」 

亭主元気でマゾがいい_表紙

 このマンガがすごい!

 以前紹介した六反りょうの「亭主元気でマゾがいい!」が電子書籍でなく、ついに紙の単行本として発売されました。

★ネット版の最新作(2016年3月末現在)


 SMバーにお客さんとしてやってきたマゾ男。そのマゾと結婚した女王様の描いたコミックが、全国の本屋さんに並んでいる。これは凄いことだと思う。

 かつて、SM業界をリアルに描いたメジャーコミックとしては、森園みるくの「Beehive」 や、「 麗羅(レイラ)/三山のぼる」 がありました。

 奥さんを女王様にして家の中でのSMプレイが描かれるコミック作品は、僕の知る限り1993年に発行されていたマニア向けマイナーSM雑誌「Queens Express vol.3」に掲載されていたこれ
 ↓
Sweet Marriage_Cover
Sweet Marriage(甘い結婚)

 女王様とマゾのプライベートや、特に「性生活」というのは、従来はあまり可視化されてこなかった領域です。

 夫婦でSMやっている人はいても、それは「夫婦間の秘め事」というカテゴリーに属し、セックスは奥さんとやって、SMは女王様とするという不文律みたいなものがありました。

夫がマゾです

 ある世代から上の人にとって、SMを家庭内に持ち込むのはタブー。

 その禁断の扉が、このコミックによって開かれたのです。

マゾ亭

 この作品には、きわめて普遍的で、現代的なテーマが含まれていると思う。

 ドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)や虐待など、夫婦間や家庭内における沈鬱な事態に対して、明快な解決策の与えられる画期的な作品として期待されていい。

 こうなってくると、この作品には、手塚治虫文化賞の受賞もありえる。

 ストーリーは事実を元にするフィクションですが、女王様目線のエッセイ風コミックという切り口で、都会的なSMコミュニティのルポルタージュ作品としても仕上がっています。

 出来ることなら見たくない恥ずかしい世界。

 マゾヒストの夫と、女王様の妻は、いったい家庭内でどう暮らしているのでしょうか?

 歴史的には、自分の奥さんに 顔面騎乗してもらったり、聖水をかけてもらったり(飲んだり?)というアブノーマルな行為は、おそらく常にどこかで、密やかに行われていたであろうことは想像に難くありません。その内容にSMとか変態というカテゴリーはなく、夫婦間のユニークな性生活として勝手にやってくれという感じ。

 戦後の風俗雑誌の投稿欄などからも、わりあい古くから、家の中の密室でそういうことが行われていたのは伺い知れるのですが、それにしてもはやり非日常であり、家庭が舞台としてのSMには違和感が強い。SMが非日常的幻想であるなら、妻=女王様の方程式は成立しにくいのです。愛人=女王様ならわかります。ミストレスというのには、「愛人」という訳語も与えられているわけだし。

 そもそも全てのM男が、女王様と結婚したいと考えるかというと、そうでもないような気がします(その逆はなおさらのこと)

 まずは普通に好きな女性(ノーマルな)と結婚し、段階的に(顔面騎乗してもらったりしてして)女王様になってもらうという逆調教パターン(?)が王道だったと思われます。

 つまり、結局は男が主導権を握っており、

 女性の立場や気持は 
  ないがしろ にされている。


 男尊女卑の精神はまだ息づいているわけです。

 そこまで言わなくても、そんな雰囲気や因習的偏見が、後遺症のように現代社会の水面下にかすかに残っているような気がします。

 戦後、男女平等が政治的に実現し、男女雇用均等法の制定や性同一性障害差別撤廃への動きもダイナミックになった現代において、未だにセクハラ、パワハラ、さらにはマタハラ(妊婦さんへの差別・イジメ)といった男尊女卑的な動きが横行している背景には、そこに原因があるのではないでしょうか。

沖渉二

 SMという、狭い世界に目を向けても、夫が妻を縛ったり、浣腸したりという「S男M女物語」が依然としてこの世界の主流であり、女王様とM男の夫婦物語というのは、ありそうでなかった。やはりレアーなジャンルです。

 女性を、妻を、心から愛し、本当に崇拝することのできる男が、いったいどれほどいるのでしょうか。

 もちろんいることは知っていますが、ギリギリどこまで女性上位をリアルで実践されているかは疑問の余地が残ります。なぜなら、いわゆるサブミッシヴな男性ですら、本音の部分では生活の主軸に男上位の思想が無意識のうちに立っていて、非日常の舞台でそれをひっくり返すのが倒錯であり、そこに快楽性を見い出していたのだから。

「ちょっとだけ Femdom ?」なのであり、「いつも 完璧に Femdom !」ではない。

 SMは言うまでもなくデリケートで微妙な、あいまいで複雑な、マニア同士の共同体の中においてさえも共有不可能な部分が混沌として存在する世界。

 この作品の中では、そうしたSMの特殊性が排除され、すでに一般化したコンテンツとして扱われています。

 女王様とマゾヒストの物語ではなく、現代的な男女間の新しい関係性としても読めるのです。

 マゾの夫は、作者である女王様から、ごく普通に男としてリスペクトされています。

 そしてマゾ夫も、妻を女王様として崇拝しているだけでなく、まっとうな愛で支えている。

亭主元気でマゾがいい#22_pickUp

 そこには夫婦間にあるべき 伝統的関係性の美徳 が維持されている。

 SMはその装置として機能しているにすぎません。

 もしノーマルな人が夫婦仲に行き詰まったなら、SMの女王様と奴隷という関係性に焦点を合わせるとうまくいくと思う。

 「亭主元気でマゾがいい!」の物語では、いやSMというくくりのカップル間(男女とは限らない)の人間関係と置き換えてもいいのですが、この両者は相互理解を越えて、お互いに心を丸裸にしてコミットした関係性を築いている。

 浮気やDVや離婚後の親権争いなど、夫婦間の現代的・都会的諸問題やトラブルの多くは、このコミック作品を読むことで全て解決されるのではないでしょうか。

 六反りょうとマゾ夫の、この若いカップルが、末永く幸せに暮らし、エロティックで楽しい夫婦生活を営んでくれるよう願っています。

↑ 余計なお世話っだっちゅうの  (。。)☆\バキ


 マゾだって素敵な女王様と結ばれる(>_<)

 そんな夢を与えてくれる物語には、誤解や、嫉妬や、気持のすれ違いという、仮面夫婦間のギスギスした暗い荒野に、明るい光を投げかけてくれるそうな希望を感じます。


 どうでもいいか、そんなコト。(>_<)


■ SMの女王様に市民権を与えたのは朝霧リエです

■ マゾは己の欲望を満たすためにSMプレイをする
亭主元気でマゾがいい

■ 女王様の亭主になりたい

■ 顔面騎乗に市民権を与えた男


【このマンガがスゴい!】
〜SMを考察するきっかけとなる過去の作品〜


山岸 凉子「天人唐草」
草食系男子
おすすめ度 ★★★☆☆

SMおとぎ話
SMおとぎ話



PU毒恋





【この記事を読んだ人は、以下の過去記事をまだ読んでいないかもしれません】

 Sです、あなたは? おねえさんのキック


ジャハティの誘惑 麗羅(三山のぼる)  Behive お元気クリニック  

pu_Sweet_Mariage pu_桂 正和 「エム」 ハレンチ学園 キューティーハニー


C級さらりーまん講座






関連記事
[ 2016/04/02 15:00 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(4)
知的紳士なHomerさんらしい素晴らしい記事ですね!
日常場面でりょう先生は、マゾ夫さんを男性として尊敬していますよね。
そこには女尊男卑は無いのです。
私も普段(基本)、女尊男卑は持っていません。リベラル人権派な(?)男女平等的思考の持ち主です。

S女な私も無意識に恋愛対象となる男性は、自分より上位さがある方を好みます(知的さ等)。

私みたいにSM結婚願望がある方というのは、エロス・快楽を重要視(?)している、単にスケベさが強い人間なんだと思います(苦笑)。
素敵なM男さんと結婚したいのは、奇跡を狙っているようなものかもしれませんね。

素敵なM男さん相手なら、ソフトからハード迄対応出来る柔軟性(?)あるS女になっておいた方がいいのではないか?とか最近思います。SM相性迄こだわり出すと永遠に出会えない気がするので…。

先日サークルで素敵なオジサマをセッティングしてもらって…ワクワクしてます!う、嬉しい…!
[ 2016/04/02 23:39 ] [ 編集 ]
 おお! 毎度コメントありがとうございます。

 まさにふうこさんのような若い世代や新感覚の女性が主な読者層なのでしょうね。

 僕のような「痴的な」オヤジは、読者として想定されていない。

 女性が開放的になり、性に対しても大胆になれる社会で、恋愛や婚活へのアプローチもそれにシフトしている。
 
 そうした風潮や時代を象徴するコミックだと思いました。


 恋愛感覚とSM感覚は、ズレる部分とかぶる部分があるようで、本質的には同じところにあるのかもしれません。

 承認欲求と快楽願望、相手を重んじるし、相手にも承認と快楽を与えたいという願い。


 ふうこさんにも素敵な出会いが訪れ、幸せな恋愛と結婚が実現されることを願っています。



[ 2016/04/03 16:26 ] [ 編集 ]
こんにちは
この漫画はまだ読んだことがありません。是非読んでみたいですね。
夫婦に関していうなら、FemDom関係であっても、すべてで女尊男卑という関係は少ないと思いますよ。普通に生活するパートナーとなると、必ずどちらかが主導権を持つという関係は決して合理的ではないのです。それは普通の夫婦でも同じですが。生活するのに「尊」とか「卑」とかいっている暇がないのです。
その中でD/sを楽しむとなると、お互いに割り切って、ちょっと変でもパートタイムで主従っぽくなったり普通の夫婦に戻ったり・・・それでもお互い楽しめるもんだと思います。
この漫画の夫婦もそうやってるんじゃないかな?
[ 2016/04/06 22:46 ] [ 編集 ]
独身者にとって、夫婦でのFemdomというのは、ワンランク上という感じです。
既婚者はすでにお互いの信頼関係だけは構築されているわけですから、もうその段階でステータスが高い。

Submissive な男性にとって、まずは、理想の女性とお付き合いできるような自分に磨きをかけるところが、一般男性が彼女を見つけたいと願う以上に難しい部分かと思われますが、基本的には同じなのかもしれませんね。

 鶏が先か、卵が先か? みたいなものかも。
[ 2016/04/08 04:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ