FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

西牧徹さんの個展(札幌) 

blood&steel-(2015)

 名前は思い出せないけれど、「この絵は間違いなくあの画家のものだ!」という確信が持てる時、そこに芸術の核心があるのだろう(シャレでなくてね)

 ラファエロの気品やマルセル・デュシャンの品のなさにも、そういう本質的な要素があった。

 西牧徹の鉛筆画からは、そうした挑発的な声が聞こえてくる。

 いかにも昔のSM雑誌に挿し絵として使われそうな、独特のレトロ感が懐かしい。

 かといって古めかしいわけではけしてなく、斬新な復古主義と言えようか、少し腰の引けた前衛芸術といった趣も漂うフェティシュアートを、画家本人は「黒戯画」と名づけている。

 昔、ヴァニラ画廊で見かけて以来、なんとなく右脳の片隅に残っていた残像は、僕の中ではとりあえず異端の画家というタグが付ついていた。

 何をもって「異端」と呼べるのかはわからないのだけれど、僕にとっては例えば春川ナミオであったり、鏡堂みやびであったり、暗藻ナイトであったりする。
 
 それらを悪趣味と呼ぶ人もいるけれど、異端の味覚に趣味の良さは必要ない。

 なにやら過激な画像は全て「異端」というタグでくくっておくことで安心できる。

 かつて伊藤晴雨も異端の絵師と呼ばれた時代があった。

 それは一般の理解を得られないという孤立や疎外からくる印象であり、評価する者が増え、多くの人に共有されてしまうと、それはもう「異端」ではなくなる。

 「異端」を愛するものにとって、異端というタグが外れてしまうとその価値はなくなるとは言わないまでも、半減はする。つまり魅力を感じなくなる。

 近親相姦や同性愛も異端なのであろう。

 多様性の許容と、異端を排除することに因果関係はあるのだろうか?

 LGBTの権利や価値観が認められつつある現代、ゲイやレズはまだ異端という立ち位置にいられるのだろうか?

 僕は同性愛について無知であり、時おり、偉大な芸術家がホモであったという事実を尊重こそすれ、自分とは無縁の世界と感じていた。

 差別はしないかわりに、特に親しみも感じられない。

 なので、その思い入れに変動はない。

 三島由紀夫よりは谷崎潤一郎が好きなのは、サドかマゾかというよりも、ゲイかヘテロかという違いによるものだったように思う。

 西牧徹の作品には、マゾ男が女性緊縛絵画を見て恍惚となるようなエロスがほとんどないにもかかわらず、なんとも不思議な一貫性があり、フェティシズムの魂を揺さぶる感動が、どこかにある(ような気がする)

 よくわからないからこそ「異端」でもあり続けるものに、神秘的な芸術性を感じる。



黒戯画家・西牧徹展「果樹園の狩猟のための9つの小品」 
西牧徹展

 札幌 ギャラリー犬養 2016年 11月9日〜11月14日

borgswede-cafe.jpg

 *展覧会場では画集の他、西牧徹氏の自費出版散文詩集も販売されます。



■ 西牧徹 展 (2009年5月7日付エントリー)



■ ヘンタイでごめんなさい(会田誠展)
会田誠


Nanshakh's Vault
Sahara_in_the_Park


■ 椋陽児(2009年4月27日付記事)



■ ジョン・ウイリー
John_Willie_02

■ 女性の足の匂いつきサクランボ
女性の足の匂いつきサクランボ

■ 伊藤晴雨



■下手でもパワフルなFemdomアート
下手でもパワフルなFemdomアート_004

■ 春川ナミオの芸術
PU_春川ナミオの芸術



吉瀬美智子「春川ナミオ大好き!」





関連記事
[ 2016/10/10 20:39 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(2)
西牧徹です。ありがとうございました。そしてこの場をお借りしまして、御覧いただいております読者の方々が私の個展に来ていただければとても嬉しく思います。
[ 2016/10/12 11:57 ] [ 編集 ]
先日、手術を終えて、無事に退院してきました。

さて、春川ナミオ先生の作品にしても、
写真以上の迫力があるのは、絵画の持っている魂の伝達ではないかと思います。

しかし、それを真似て自分が同じような絵を描くには抵抗があります。
誰にも知られたくない性癖への恥ずかしさなのでしょうか?

よく、仏や観音様を描いて、般若心経を添えるなんてのも趣味としてありますが、
春川ナミオ先生の絵を真似して般若心経を描くのもいいではないかと思えますが、やはり人に見せられないからできないですね。
[ 2016/10/12 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ