FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

女王様の生前退位 




 恥の多い生涯を歩んできました。

 SMクラブの女王様が店をお辞めになるタイミングは、人それぞれだと思われますが、事前に告知されることは滅多にありません。

 女王様の「生前退位」は、マゾヒストにとって実に悩ましい。

 わかりきっていることとはいえ、それが一代限りであり、崇拝の対象となるべき地位が継承されないのです。

 元バロックの麻倉雅さんや、ピンクリの瀬里奈さんのように、退位された後でも、別のステージで活躍するレアなケースもあるにはあった。

 しかし従来は、いつの間にかいなくなっていて、後から、結婚やら出産といった個人的事情から退店したことを風のたよりに知る程度。

 「いつまでも、いると思うな女王様」

 とも言われるように、マゾとしては常に女王様の突然の退位を覚悟しておかなければなりません。

 ネットやSNSの発達した最近の傾向としては、プレイがリピーターだけに限定され、新規予約が受付されなくなり、まもなく退位されることを予感させるアナウンスをしてくれる親切な女王様もいます。

 最後のプレイを惜しむ熱烈なる崇拝者の気持を尊重されているのでしょう。

 このようにして、いつか来るべき「お別れの時」に備えていれば、マゾは次世代の新人のチェックや、前から気になっていた別の女王様へと崇拝の対象を切り替える心の準備が可能となる。

(。。)☆\バキ


 現代は幸福のかたちが見えにくい時代なのかもしれません。



 幸せそうに見える、他の人々の情報の氾濫によって、つい自分と他人を比べてしまう。

 もっと不幸な多くの人々がいることを知るべきでしょう。

 小さな願望でも、それが満たされないと自分は不幸だと思ってしまいがちな世の中。
 
 仏教の言葉に「無常」というのがあります。

 様々な意味がありますが、人の世は常ならずという解釈が僕は好きです。


 象徴としての女王様の存在は、マゾの日常生活の基盤であり、非日常への架け橋として必要不可欠な要素。

 多くのマゾヒストは、現実の人間関係としての奴隷契約や、支配と服従の構図を日常的に維持しているわけではなく、たまにSMクラブへと足を運び、

  鞭で打たれ、縄で縛られ、ローソクたらされたり、浣腸されたりする。

 しかし、それは無常なのです。 

 その時だけの、つかの間の一瞬の幸せな気持。ああ、無情(>_<)

 それを追求する熱意があまりにも巨大なため、それが満たされない時の喪失感も大きい。

 老いぼれたマゾであれば、かつての仮想現実における、不完全でもかりそめの幸福感が、もう二度と得られないことを認めるざるを得ない哀しみを一度や二度経験しているでしょう。

 女王様の生前退位というトラウマは、これからも幾度となく訪れてくる。

 でも、苦しみや哀しみだって永遠に続くものではない。

 理不尽なことは人生にたくさんあります。

 たとえ好きだった女王様にもう顔面騎乗してもらえないという、想像を絶する苦しみにも耐えなければなりません。

 人の世は常ならず。

 時の変わり目を見つめ、じっと待つことです。

 プロとして活躍されている現役の女王様は、そのコトを常に心の片隅において、お辞めになる時はまずひと言、「お言葉」を述べ、有識者による議論と検討を経てから、せめて半年以上は前にお声がけ頂きたいと願っています。

 

 どうでもいいか、そんなコト





関連記事
[ 2017/01/28 07:12 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)
>アイドルへのファン心理よりも崇高で切実な崇拝の心が、マゾヒストにはある。

これはどうだろうhomerさん……
それはそれ、これはこれ。比較で物事語っちゃ狭くなります、物の見方も。
そうだよなあ、と頷きながら読んできただけに、ここがとても残念です。
[ 2017/01/28 08:12 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

そうですか(>_<) じゃ消しておきます。
[ 2017/01/28 08:35 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/28 19:48 ] [ 編集 ]
会話の上手さに、自分の主体性を持って、優しくM男性に接触できたならば最高だと思うのです。

天野様が、おおらかな教育で当時の家畜人を18になった息子が読んでいても笑。素晴らしい話でした。
引退の時には生前葬を寺を借りて、去年の11月にされたのは、山咲美花様ですが、
引き際も綺麗でした。
[ 2017/01/28 20:19 ] [ 編集 ]
一昨年の春、ご主人様は4年間お勤めになっていたSMクラブをお辞めになりました。

その一年前に、個人調教のお誘いを受けていなければ、その時僕も絶望の別れを味わっていたかもしれません。

それまで何度となく出会いと別れを繰り返してきた僕は、SMクラブの女王様に深く思い入れることはなくなっていました。プライベートな事には一切興味を持たず、刹那的な関係でいる事が精神衛生上望ましかった。

しかし、 ご主人様には5年のブランクの後、最後の女王様と決めてお会いしに行ったので特別な思い入れがありました。

当初、主従関係を築くつもりはありませんでしたが、それでもいつまでもお店にいて欲しいと強く願っていました。

今はご主人様とプライバシーも開示し合って、生涯お仕えする事を許されている身です。考えてみればこんな恵まれた境遇は望んでも得られるものではありませんね。

個人奴隷として無上の喜びを噛み締めつつ、その名に恥じぬよう精進したいと思います^ ^
[ 2017/01/29 16:26 ] [ 編集 ]
 別に隠していたわけではないのですが、僕は大相撲のファンだったりします。

それはともかく、「精進」という言葉って、日常会話では最近あまり言わないし聞かない。
簡単に言えば「成長」と言えなくもない感じですが、横綱昇進の口上を聞いた時、少し感動しました。
そして、なんとなくですがmugiさんの顔が思い浮かんだんだ(顔知らんけどネ)

精進というのは、するつもりがないとなかなか難しい。
成長というのは、無意識にでもできている場合もありますよね。

人間関係が人を育むという面があるにせよ、支配と服従鵜のFemdom関係において、
マゾの名に恥じぬよう精進するなんて、僕には出来そうもないよなあ。
mugiさんの強い意思マゾとしての心意気には、勇気づけられます。

思い起こせば、SMクラブでの女王様との「刹那的な関係」においては、何かしら学んだような気はします。
その時、現場では気づかなかったことでしたが、お互いに真剣にやっていた。
プレイという遊戯であっても、魂と魂とぶつかり合いみたいなセッションは、ヘタレな僕を鍛えてくれていたのだと思うのです。


 どうでもよくないか、そんなコト(>_<)

[ 2017/01/30 16:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ