FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

映画「沈黙 -サイレンス-」 

かみさまへの手紙


 映画「沈黙」を観てきました。


 高校時代に遠藤周作の原作を読んでいましたが、好みのタイプの作品ではありませんでした。

 「神様なんていないんだよ」といったようなお話で、救いがない。

 この映画を観て、昔アメリカでベストセラーになった有名な絵本「かみさまへのてがみ」を思い出しました。

 世界中の子どもたちが神様宛に書いた手紙のコレクションで、原書にはない葉祥明のイラストと谷川俊太郎の訳が実に素晴らしかった。
 
 例えばこんなのがあります。

 かみさま あなたって ほんとに いるの? 

 そうは おもってないひとたちも いるわ

 もし ほんとにいるんなら 

 すぐに どうにか したほうが いいわよ
  

                          ハリエット・アン



       谷川俊太郎・訳(サンリオ刊)


 大人になってしまうと、考えもつかない、言えないような迫真の表現の数々。

 谷川俊太郎の訳もネリリし、キルルし、ハララしている!


 もし しんだあと いきるんなら 

 どうしてにんげんは しななきゃ いけないの?




 スコセッシ監督がこの絵本を知っていたかどうかわかりませんが、テーマに深く関わってくる問いかけです。

 もう一つ、「マゾ花」的に考えさせられたことがあります。

 踏み絵を踏まされるシーンが何度も出てくるのですが、本心では「したくない」ことを「やらされる」感には、それがどんな行為であれ、なんとなくマゾヒスムに通じる部分があるような気がするのです。

聖セバスティアヌス

 マゾヒスムの古典的な、そして有名な解説に、被虐者が自己防衛のために用いる精神的なシステムとして発達したというのがあります。

 まるで宗教のように女王様を崇拝するマゾヒスムには、お許しを乞うという行いに、キリスト教との共通項があるように思われます。

 僕は神様は信じていないですが、女神様は信じてみたい。

 それが菩薩観音でもなんでもいい。

 女王様は、最終的には僕のことを裏切らない。

 そんな妄想を抱いているわけですが、何か問題ありましたでしょうか?、

 裏切られてもなおかつ萌えるマゾヒスム。
 

 本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。


 
 いけないぼくのことを しかってくれる 

 じょうおうさまは ほんとうに いるのかな

 あしや おしりで ふんでくれるかな?





関連記事
[ 2017/03/06 19:56 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(5)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/07 16:05 ] [ 編集 ]
「沈黙」、私も見ました。

 映像がキレイだったし、外国人が江戸時代の日本を訪ねる映画としては、「ラストサムライ」より日本に対する敬意が感じられました。
 勿論、突っ込みをいれたくなるシーンもいろいろあったけど。

>「神様なんていないんだよ」といったようなお話で、救いがない。
…あれれ? 原作はそんなお話でしたっけ?


さて。
ご存知と思いますが、原作者の遠藤周作はSMに関心が深い作家でした。

 芥川賞を受けた「白い人」は、「肉欲の目覚めは虐待の快楽を伴って、開花した」人物が主人公。

「月光のドミナ」には「リヨンのユリイカ」みたいな施設が登場します。
(もっとも、そこに描かれたM男の描写は、ユリイカに集まる人たちとはずいぶん違うけど)

>マゾヒスムの古典的な、そして有名な解説に、
>被虐者が自己防衛のために用いる精神的なシステムとして発達したとい>うのがあります

…その解説は、寡聞にして存じませんでしたf(^^;

誰の言葉か知りませんが、その解説で「なるほど!」なんて腑に落ちるMがいるんでしょうか? 

私には、何を言っているのか、さっぱりわからん。

フロイトのSM解釈と似たようなもので、なんだか、学者が頭でこねくり回した、こじつけの屁理屈みたいな臭いを感じます。

それよりも遠藤周作のいう

『愛する者をすべて所有したい』 『愛する人からすべて所有されたい』 という恋愛の感情が、極端な形で、肉欲となって姿をみせたもの

という解釈の方がよほどわかりやすいし、「なるほど!」と思いますが、如何?

[ 2017/03/09 09:24 ] [ 編集 ]
植物でも、昆虫が受粉するように、種族の永遠の継続のために女性は男性に愛されて求められます。

女性器に吸い寄せられるのは、Mが変態というよりも、実際は正常の本能だと胸をはるべきです。

しかし、女性にSMプレイをお願いするのは、
素人の誰にでも お願いはできないのは、
遊びとして、お互いが納得しては難しいから、
職業としての女性としか難しいのも現実です。

愛する互いのパートナに暴力をして愛を感じることが、普通の女性に求めるのが難しいからでしょう。
女性は神で、時には菩薩に見えるのも、牡の心理でしょう
[ 2017/03/09 22:43 ] [ 編集 ]
おお! 馬山人さん、コメントありがとうございました!

 レスが遅れまして申し訳ございません。

 体調を崩して伏せておりました。もう歳に勝てません(>_<)

 この映画、確かに映像が素晴らしいとは思いました。

 ある程度知っている歴史的事実を、ビジュアルに再確認するには、恰好の素材だったかもしれない。

 正直、歴史や原作の内容も、忘却の彼方。

 最近は娯楽性の高いスペクタルの方に関心が偏りがちで、今回のような映画作品にはあまり共感できなくなっています。

 「ラ・ラ・ランド」のような映画が好きです。

 難しいことはわかりませんが、フロイトやエビングなんかより、遠藤周作君のほうが分かりやすいのは同感です。

 ご引用されているのは「恋愛とは何か」での一節ですよね?

 個々にマニアックな願望や意味不明な性癖なども、恋愛心理に収斂されていくような気が致します。


 また、ユリイカでお目にかかりましょう!

 ご自愛下さいませ〜。

[ 2017/03/19 06:58 ] [ 編集 ]
SMに関して、プロと素人の境目があやふやになってしまう感覚が時々あります。

関係性が深まってくると、損得や銭金の話でなくなってくる。

もう本当に最後は、観音様になってしまいますね(>_<)


[ 2017/03/19 07:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ