FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

SMと笑い 

ルイ子聖誕祭

 久しぶりに池袋のユリイカに行ってきました。

 順延されていたルイ子さんの聖誕祭が行われており、たいそう賑わっておりました。

 いつも感じることに、このお店は接客と客層がよく、恥ずかしがり屋さんの僕でも楽しめます。

 ルイ子さんとは、ほぼ一年ぶりにお目にかかりましたが、いい感じのお姉さんに成長されていた。

 ラ・シオラを代表するバリバリの有名女王様でありながら、ホッコリしたイカ嬢でもあるという二面性を持つ不思議なミストレスです(不思議ちゃんではない)

 既に、現実でも新人女王様を育成する立場にあるルイ子さんが、それをネタにしたショートコントを披露されました。

これが、なかなかイイ〜んです!

 「SMと笑い」という、ちょっと意表をついた取り合わせですが、よくよく考えてみると、SMというのは、実に滑稽な世界であることをあらためて認識した。
 
 このことを本当は、やってる人たちはよく理解している。

 SMプレイは真剣にやっているのに

いい歳こいて俺、ナニやんてんだろ(>_<)

 みたいな複雑な思いが、たまに去来します。

 女王様は、あえて、できっこないことを要求されます。

 こちらもそれを承知で必死にトライする。

 または、本当は好きで好きでたまらないことを、敢えて命令されて不本意ながらやるような演技をする。

 かつて僕はこれを「茶番劇」(■ 支配と服従の神秘)とか、「真面目な軽薄」と呼んでいました。

 それは自虐的なものでなく、真に冷静で、そして冷酷な現実でもある。

 真剣だからこそ、深く切ないし、おろそかにできない大切な思いとなる。

 そこのところが、微妙にいいところでもあり、複雑で矛盾した面白みがあると思う。

 難しく考える必要はなく、気持よくて楽しければいいんだ!という御仁や女王様もいらっしゃいますが、それだけではない。

 少なくとも、遊び気分で、ふざけてやるものじゃない。

 なんだかんだいっても、危険を伴う変態的行為だし、反社会的と誤解されがちな世界でもあるわけで、笑ってすまされないという側面もあります。 ■ 緊縛事故について

  だからこそSM愛好家には、常に真面目で、冷静な視線と誠実な態度が求められるのです。

 そのゆとりの先に、笑いが見えれば最高だと思います。

 本能のおもむくままに、むさぼるように快楽を求めてしまいがちな、極めて動物的な僕たちが、人間らしい感覚としての笑いを意識する時、ささやかながら、充実した幸福感をかみしめることができそうな気がする。

 「SMは真剣だからこそ、人間らしさの渦中に入り込めるのが好きです」とは、ルイ子さんが自身のブログで述べられている言葉です。

 全くおっしゃるとおりで、激しく共感します。


ミストレスライフ

 現実社会にも理不尽なことは多いし、納得できなくても、わかった顔して割り切る悲喜劇がある。

 イベントの余興的に結成されたかに見えるお笑いユニット「ミストレス☆ライフ」

 これは、一般社会ではダークサイドと見なされるSMという価値観で、人間の本質とは何かを問いかけてくる。

 その新しい試みに、人間の本質には暗いものはなくて、夢と勇気と希望を与えてれる可能性を感じました。



買ったばかりの iPad Proで自撮り
ルイ子さんと
撮影と掲載に関して、施設と本人の了解を得ておりませんが、何か問題ありましたでしょうか? (>_<)




 【*あまり関連のないユリイカ関連のエントリー】


■ 卒業と自転車のサドル

■ ユリイカで就活を!

■ 二十歳フェチ

■ 自転車のサドルになりたい願望


■ SMクラブの仁義
 




ユリイカ・リクルート




関連記事
[ 2017/10/06 16:03 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(10)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/07 06:53 ] [ 編集 ]
いいお話です。

マゾッホの昔から、SMは演劇でしたね。マゾッホ先生は、マゾッホ劇場の脚本家で演出家で奴隷役でした。現代においても女王様には女優であって欲しいと思います。
[ 2017/10/07 10:41 ] [ 編集 ]
あ、ねほりさんだ! お久しぶり〜。

今度またユリイカで飲みましょう!
[ 2017/10/08 17:30 ] [ 編集 ]
性欲のままに腰を振るだけのSEXならば動物の交尾と変わりない。道具、言葉、精神的駆け引きを交えて心身の満足を得られる「SM」とはなんて素晴らしい世界でしょうか。
「ユリイカ」に行ってみたいです。機会があれば「M男のロマン」のJOEさんに連れて行ってもらう予定です。ただし、その機会の予定が立ちません(笑)
写真を見ると皆さん、服を着ていますね?JOEさんは全裸Tバック(JOEさんはM男の正装と言っています)で臨むと言っていましたけど、この日はそのような格好のM男さんはいましたか?非常に気になります。
[ 2017/10/08 22:36 ] [ 編集 ]
おお!コメントありがとうございます。

 何やら「非常に気にな」っていらっしゃるご様子なので、ちょっとくどいコメントさせて頂きます。

 ユリイカは「M男の聖地」と言われるだけあり、様々なM男さん達が訪れます。有名な達人さんもいらっしゃいますし、僕のように滅多に顔を出さない恥ずかしがり屋さんも来る(逝く?)

 基本的には「初心者でも安心して遊べるお店」なので、イキナリ全裸でSMプレイが始まることはないです(と思う)
 
 ただ、一番最初のハッピーバースデーの写真(ちなみに絶対に秘密ですが、真ん中につっ立っているのがワシです)で、テーブルになってる人はすでに上半身裸です。左側の男性は、Whipping Mistress 2のブロガーさんで、この後、お尻だけ出して、ルイ子さんに鞭で撃たれていました。

    ↑
  (別に羨ましいとは、全く思わなかったけど。どうでもいいか、そんなコト)

 これは、お二人の距離感、信頼関係のなせる技で、初めて訪れたお客さんにこういったことはなされないでしょう。自ら希望して、お相手のイカ嬢の気分次第では可能かもしれませんが・・・
 
 「全裸でTバック」がM男の正装とは知りませんでしたけど、常連さんで興が乗ればそういう恰好になる人をたまに見かけます。この日は、そういう人はいませんでしたね。ヴィーナスナイトのような大きなイベントの時に限られるような気がします。

 僕は本当に恥ずかしがり屋なので、M男の正装にこういう場所でなったことはなく、コスプレも経験ありません。
 ユリイカには特にドレスコードもないはずで、女装子やドラッグクイーン、M女さんも含めて皆さん思い思いのスタイルで楽しまれています。

 しかし、ここはM男の聖地である前に「大人の社交場」であり、一般の(変態でない?)お客さんもいらしゃいますから、どんなハード嗜好の人でも空気を読んで、それなりの秩序が保たれています。
 
 ここの前身がマニアックなプライベートサロンに近い雰囲気だったこともあってか「何でもアリ」のような誤解もされているようですが、そんなことはありません。

 まぁ、なんだかんだいっても、M男なら一度は逝くべきお店であることは確実です。

 僕も最初は、恐る恐る、清水の舞台から飛び降りる気持で(マジ)訪れたものです。

 イカ嬢の皆さんも、現役のバリバリなプロな女王様(みんな優しい)もいれば、入店したての初々しい素人女性も(不思議ちゃんもたまに)いらっしゃいます。

 オアシスさんのように、確実に「わかっている」M男さんなら、確実に楽しめると思いますよ。確実に。

 まあ、逝ってみなはれ、としかいえませぬ(>_<)

 そして、ぜひゆみこママとお話なさって下さい。

   

  *ユリイカでの遊び方については、僕が昔描いた記事もご参考になさってみて下され。


例えばコレ ↓

■おいしいユリイカ
http://homer.blog33.fc2.com/blog-entry-1142.html


 ↑ このページに、主なユリイカ関連記事がリストアップされています。



[ 2017/10/09 12:17 ] [ 編集 ]
詳しい説明、誠にありがとうございます。機会があれば、あればですけど、ユリイカは勿論、モード・エ・バロックにも行ってみたいです。ビデオでしか拝見した事のないみづき桃香様にお会いしたいです。バロックの方がマニア度が高いような気がするのですが、どうなんでしょうか?スパイク付きの犬用の首輪、全頭マスク、黒のTバックと、道具だけは揃えています。
ウィッピングミストレス2のブログを見てみました。私も一本鞭は大好物ですが、ケインは怖くて手を出していません。「凄いなあ」と感心しながら見ました。
[ 2017/10/09 13:48 ] [ 編集 ]
 うーん、マニア度って、どこの部分でおっしゃっているのかよく判らないのですが、僕の感じ方ではユリイカの方がマニアッくな気がします(諸説あります)

 バロックはお店も広いし、女性スタッフの数が多く、従ってお客さんも常に大勢いて、キャバクラのような雰囲気があり、それはそれで楽しいのですが、ユリイカのようなサロン的情趣は薄いような。

 ここは、人によって受け止め方が異なるでしょう。

 僕が初めてユリイカに逝った時には、みづき桃香さんがイカ嬢としてお相手してくれたこともあり、
→■ 初めてのSMサロン=(http://homer.blog33.fc2.com/blog-entry-85.html)参照して下さい
バロックもユリイカもどちらも大好きで、比較できませヌ(>_<)

 確実に言えることは、ゆみこさんも桃香さんも、懐の深さは一流で、M男の心を鷲掴みにする達人です。

 M男なら誰でも、確実にイチコロでしょう!



[ 2017/10/10 21:45 ] [ 編集 ]
バロックのブログを見るとパンツ一丁の客が背中に蝋燭で文字を作られた写真が載っていたので、マニア度が高いような気がしたのです。みづき様にお会いしたいけど、ユリイカのようにしっとりした雰囲気もいいなあ。つまりは両方行けって事ですね(笑)
みづき様のDVDは何枚か持っています。勿論、顔面騎乗に花束をもあります。持参したらサインくれるかなあ?
[ 2017/10/10 23:01 ] [ 編集 ]
LGBTなんかもBDSMと同じく性的マイノリティ、変態性欲(いいなあ、この響き)じゃないかと思うんですが、なんかLGBTは崇高というか、権利主張が強いですね。どこが違うんでしょうね。

SM、特に男のMって「笑っちゃいます」。それに真面目に付き合っている女性も。
[ 2017/10/10 23:57 ] [ 編集 ]
門外漢さんへ、コメントありがとうございました。


LGBTというくくり方には、マゾヒズムの属性も含まれているように僕は思っていますが(M女がレズとか、ホモがマゾ)、一般的には(?)マゾも性的マイノリティーのお仲間はではないのでしょう?っていう立ち位置にいたいです。

 しかし、本当は、カミングアウトできないだけで、M男はマジョリティ(多数派)なのかもしれません。
 
 M女性は昔からいました、というより、男目線から存在意義を認められていた。

 男はサドが当たり前の昭和の時代、男性マゾヒズムは明らかに不当な差別を受けていましたっていうか、そういう立ち位置にいたいです。

 マゾは権利主張が弱いんでしょうね。Noと言えないマゾっていう立ち位置が痛い。

 最近、この「立ち位置にいたい」っていうフレーズが気に入っている、


   っていうかまぁ、どうでもいいか、そんなコト。




[ 2017/10/14 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

14位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ