FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

鞭フェチM男さんに捧げる画像 

鞭フェチM男さんに捧げる画像

  僕にしては珍しい画像を載せているなと自分でも変てこりんな気分になります。

 だけど、見るだけならば、こういう画像はとってもいいと思うのですが、何か問題ありましたでしょうか?

 本来なら、相互リンクしている「Whipping Mistress 2」で紹介されるべきもので、もしかしたら既出?かもしれません。

 僕にとっては専門外科目ではありますが、これは試験に出るでしょう。

 鞭フェチM男氏が好きそうなお尻の腫れが見えませんが、そこがよい。

 おそらくは、それほど痛くない(?)ように見えます。

 しかし、M男のリアクションはかなり痛そう(>_<)

 使用されている鞭は、素人目にも強烈な痛みが炸裂するタイプのように見受けられるのです。

tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo3_400.gif

 このシリーズ、実は、もう一人の女王様の御足にご奉仕している最中のお仕置きなのです。

tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo2_500.gif
 
 これはたまりません(>_<) せっかくご奉仕しているのですから、そっちに集中したい。

 ちょっとでも手(舌?)をぬくと、鞭が飛んでくるかもという恐怖心と闘いながらご奉仕する恍惚。

tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo5_400.gif

 あきらかに僕の専門外ですが、なにやら楽しそうな気もします。(気がするだけ)

tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo6_400.gif

 こちらの赤いタイツの女王様がとてもチャーミングです。

 こんな女性からだったら、誰だって鞭で打たれたいですよね?

 
( ↑ 鞭フェチM男さん風に...)


tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo7_400_20171206171800d12.gif

 その赤タイツの女王様に許しを乞うているM男に、黒タイツの女王様は容赦なし(>_<)

 本当は、赤タイツの女王様に鞭で打たれたいと思っているのに、かわいそうなM男。

 M男が本心では赤タイツの女王様を崇拝しているのを黒タイツの女王様は知っている
  ( ↑ などと妄想〜)

tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo8_500.gif

黒タイツの怒りの鞭が炸裂するたびに、痛みによがるM男のペニスが揺れるシーンもイイネ!


tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo9_400.gif

 「許して欲しかったら、私の足にもご奉仕なさい!」と黒タイツの女王様のご命令。

tumblr_p0hzkiIX5E1rm35woo10_500.gif

 「舐め方がなってないワよ!」と再び鞭がとびます。

 これは嬉しいですよね〜?鞭フェチM男さん?(>_<)

 M男の肌がだんだんと鞭肌になっていく様が美しい。(そうですよネ?鞭フェチM男さん!)

 ・・・などと、まぁ先輩に敬意を表したエントリーなのですが、僕も昔は鞭フェチだった時もあったのです。

 今は消滅してますが、「Whipping Mistress」の初期のブログを発見した時に、こんな記事もエントリーしてました。
  *この当時に参照している記事はすべてなくなってます。残念(>_<)

 
 もう10年以上前のエントリーになりますが、「鞭で打たれる時」という記事を書いてました。

 今、自分で読んでも「よく言うよ(>_<)」と、気恥ずかしくなってしまうマ。

 まぁねえ、わかったような、わかってないような書き方してますが、マゾヒズムの基本的な精神構造からそれほどズレてはいないように思います。

 ただ、僕はもう、随分と前に、鞭フェチは「卒業」しました。

卒業


 今後は、ユルい脚フェチ、立派な「顔面騎乗フェチ」として、余生を送って参りたい所存でございます。


 それにしましても、このGIF動画は名作だね。Kneel before herより拝借しました。

鞭フェチM男さんに捧げる画像




関連記事
[ 2017/12/06 18:59 ] GIFアニメ | トラックバック(-) | CM(8)
かなり痛そうに見えます。一言言わせて戴くならば、このような鞭打ちの場合ならば、どんなに苦しくても四つん這いの体勢をとるように努力すべきです。このM男さんもいつかは理解するでしょう。
打つ女王様のヒールが素晴らしく、私のぺニスをグリグリ踏んで欲しくなりました。
打つ姿も美しいです。鞭は一本鞭に限りますね。
[ 2017/12/06 20:04 ] [ 編集 ]
何か、すごく久しぶりにコメント書いてる気がします。トラックバックを辿って来たら、何やら鞭フェチM男とかいう名前を発見しました。鞭はご卒業とのこと、お目出度うございます。僕も完全に「どう余生を生き延びるか?」が重大テーマになっておりますが、「お尻はどれくらい叩いても回復するか?」の研究に我がお尻を提供しようかと考えて居ります。それにしても、余生という言葉を現実的に使っている自分を発見して恐ろしい(まだ生きてるという事実!)気がする今日この頃です。顔面騎乗に命張って頑張ってね〜〜。
[ 2017/12/06 20:20 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

M男の姿勢のご指摘がありましたが、鞭打たれる肉体が精神に屈する惨めさ、鞭打つ女性の美しいさ。
この二つのコントラストが萌え画像のポイントかと思われます。
お二人の女王様のヒップラインと脚線美には鞭打たれる前に跪くしかありませぬ(>_<)
[ 2017/12/09 07:48 ] [ 編集 ]
おお! コメントあありがとうございました。

先日、ユリイカでお会いした後日の記事も拝見しておりますが、なぜかノーコメントですみません。

「余生」という言葉が現実的になるお年ごろなんですね〜僕たち。まだ先のことかと思ってましたよ、実際につい最近まで。
[ 2017/12/09 07:52 ] [ 編集 ]
「鞭」と聞いただけで興奮したものですが、最近は画像とか見ながら「なぜこの人はたたかれなければならないのだろうか」とか「なぜこの女性はこんな服装なのだろうか」と考えてしまいます。

おしりたたきにくらべて、鞭打ちは日常の延長線上に置きにくいので、何か舞台設定が必要なのかもしれません。

スポーツ・ウイップなんてのも見られるようになりました。あれは、鞭の描く軌跡と女性の肢体とが美しく凜とした曲線美を見せてくれる「ことがあ」ります。
鞭は女性が扱うべきものだという観を強くします。
[ 2017/12/09 11:10 ] [ 編集 ]
つるさんの感性は、僕とよく似ているんだと思います。

現代において、どんな理由つけたとところで、現実には鞭で打たれる理由なんて見つからない。
そこをあえて、お仕置きだ、訓練だ、調教だと、こじつけの理由をなすりつけるところから妄想は始まる。

「鞭」という言葉の響きだけで興奮できた時代が、ある意味で懐かしく感じられます。
始めて六本木のSMバーに行った時、壁にズラリと並んだ鞭の列に、後ずさりしたものでした。
[ 2017/12/12 20:39 ] [ 編集 ]
女王様の足を舐めながら、女奴隷に鞭打たれる、なんてストーリーは好き、かな。
[ 2017/12/18 10:01 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 僕は「女王様に鞭打たれながら、女王様の女奴隷のお尻を舐める」なんてストーリーが好き、かな。


 同じか?  (。。)☆\バキ




[ 2017/12/18 18:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ