FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

はだかの女王様 

アンリ・マティス

 横浜美術館で開催中の 「ヌード NUDE -英国テート・コレクションより」に逝ってきました。(6月24日まで)

 これは近年まれに見る、なかなか面白い展覧会でした。

 別にこれまで隠していたわけではありませんが、僕は女性の裸は普通(?)に好きです。

 だけど今さら言うまでもく、女王様は服を着ているほうがいい。

 昔、某SMクラブで「女王様は服をお脱ぎになりません!」等と書かれているコンプライアンスを目撃し、愕然とした覚えがあります。 そんなの当たり前じゃん(>_<)

 まぁ、SMの楽しみ方は人それぞれですから、とやかく言うのは野暮というものですが。

 そんな僕でも(仮性マゾだからかもしれませんが)心の奥では、女性の裸への憧れの気持ちを抱いてはいるのです。

   ↑ 何をエラそうにチョーシこいてんのヨ (。。)☆\バキ

 それはエッチな気持ちからではなく、純粋に美しいと思うから。

   ↑ 何をエラそうにチョーシこいてんのヨ  (。。)☆\バキ (。。)☆\バキ

 この展覧会では女性ばかりでなく、男性ヌードも展示されています。

 伝統的に女性美は男の視線から描かれてきましたが、ジェンダー・フリーの現代、斬新な構成でとても勉強になりました。

 絵画で目を引くのが、ジョン・エヴァレット・ミレイの「ナイト・エラント」

knight_errant.jpg


 裸の女性が木に縛られているのを騎士が助けようとしているの図です。

 西洋では珍しい「女性緊縛」がモティーフになっている 。(。。)☆\バキ

 この絵は発表当時、あまりにも過激すぎるということで物議を醸しました。

 近年のX線調査で明らかになったのは、最初、女性は騎士の方を向いて、目を合わせていた。

 後になって向こう側に顔を背けるように描き直されたのです。ナゼ?

 過激さを抑制しようとしたのでしょうか?

 その理由は、当時のモラル意識や空気感が原因のようで僕にはよくわかりませんが、結果的に描き直された方が、今にして思えばよりエロティックに、つまり過激になっているのではないのかな・・・、と思いますが、どうなのでしょう。

 ここで男女が見つめ合っていると、神話っぽくて嘘くさいよ。
 (だから、その方がセーフ)

 向こう側を向いていることにより、乙女心の恥じらいが強調され、団鬼六風の情趣が醸し出されるような気がする。

 近代以前の西洋絵画では、単独での女性ヌードはタブーで、神話や聖書、歴史的な背景と根拠がなければモティーフとして許されてこなかった。

 なので、騎士が乙女を救うという「まっとう」な主題だったのに、世俗的な羞恥心がより感じられるよう修正されたことの方が、僕にとっては奇蹟の変更に思えるのですが、何か問題ありますでしょうか?

 この描写は特に日本人の心に沁みたようです。

 当時この絵を見て衝撃を受けた日本人が、明治政府の公費留学生として渡英していた日本画の下村観山で、この絵画の模写を水彩で試みています。

下村観山

 この作品も今回の常設展で見ることができます。

 19世紀の英国画家フレデリック・レイトンが次のように述べている。
 
 「もっとも高貴なる創造が生んだ威厳と美 --- それが人体」

 その人体をもっとも印象的に表現できるのがヌード。

 服や靴、帽子などの小道具は必要としない。

 それに異議を唱えるつもりはないけれど、裸に小道具はあったほうがいいな、と思わせてくれるのがこの作品。

フィリップ・ウイルソン・スティア 座る裸婦
フィリップ・ウイルソン・スティア 「座る裸婦---黒い帽子」


 この絵を見た瞬間に「黒い帽子フェチ」になりそうな気がしませんか?

 もちろんヌードとの合わせワザではありますが、「人体の威厳と美を」強調するのは、ヌード以外の要素も重要であることの証と言えるのではないでしょうか。

ロダン・「接吻」


 オーギュスト・ロダンの代表作「接吻」の日本初公開が話題の企画展で、等身大を超える男女のキスシーンは、確かに、迫力あった。一見の価値はあると思います。



 タイトル通りの彫刻だけど、間近で見ると確かに「抱擁」という感じ。圧倒される。

 この作品だけ唯一、会場内で写真撮影が許可されていましたが、僕は撮影しませんでした。
 インスタ映えなんてしたくない。

  
↑ インスタやってねーくせに (。。)☆\バキ


 僕が知らなかっただけで、地味に凄い小品もけっこう来ていまして、例えば、同性愛を描いたホックニーによる素描(カヴァフィスの詩集の挿絵)や、バルテュス、キリコやポール・デルヴォーなど、ポピュラーな画家たちの意外な作品も集められた多種多彩なキュレーションには興味がつきません。オススメです!

 
展覧会概要・美術展ナビ


1-11.jpg

 

■ バルテュス展
バルテュス展フライヤー





【美術関連エントリー】


シュルレアリスム展

■ シュルレアリスム展  マゾヒズムとはシュールな世界である

鏡に向えるヴィーナス(T)
■ ティツィアーノ  マゾッホも敬愛した「鏡に向かえるヴィーナス」



ブルーノ・シュルツ

■ ブルーノ・シュルツ  知られざる「近代マゾ絵画」の巨匠


tamara_01
■ レンピッカ展


エリザベート2
■ 怖い絵


小柴垣草子
■ 平安時代の足フェチ



■ サージェント「マダムX」



■ 三島由紀夫の愛した美術





関連記事
[ 2018/05/03 16:27 ] 美術 | トラックバック(-) | CM(5)
ご無沙汰しております

今年こそは貴兄と杯を交わしたいものです。

昔のクラブの女王様は裸になるなんてありませんでしたが、それでもしっかりお脱ぎになられまして その美しさに魅了されておりました。

スタイル良いとかではなく
神々しさを身にまとっていらっしゃる
女王様ですから 裸での所作には こちらは素直な良い子になること請け合いです。

毎回ではなく たまにの眼福が宜しいようで
[ 2018/05/03 17:02 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

裸になってほしくないわけでは、ないのかもしれなくなくナク無くないカモ鴨川〜

なんか盛り上がって、気がついたら二人とも全裸だった、てなことはありましたっけね。

いいスタイルしているのに、女王様のほうでは微妙にコンプレックスを抱いている部位(胸とか)ああったりして、
乙女心は複雑です。

[ 2018/05/03 20:38 ] [ 編集 ]
私がお世話になっている女王様は、正にパーフェクトボディです。前回のプレイでは紫系のボンデージで、2度目のプレイでは黒のランジェリーでした。他は全て黒のエナメルビキニです。私が最も好きな衣装です。Tバックは聖水しやすいと言う理由もあるでしょうが。この美しいお尻が顔面に乗るなんて至福以外の言葉がない!
残念ながら豊かな胸で窒息した事がありません。奴隷の分際でリクエストするなんておこがましいので見るだけで我慢しています。以前、ぶちさんのブログで「聖水中は目を開けるか閉じるか」の話題がありました。1、聖なる秘所を見るのはおこがましい。2、溢すほうが失礼だから目を開ける。私は1ですね。
ビキニスタイルも女性の美を強調させるものであり「これ以上は見せるつもりは無い」と言うところがいいんです。全裸でのプレイは主従関係が薄れる気がします。
[ 2018/05/04 10:06 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/05/04 10:10 ] [ 編集 ]
おお! オアシスさん、たびたび恐れ入ります。

 僕の個人的な体験をそっと書きますと、以前、素尻で顔面騎乗をされていた時に、
女王様が「ほら、ちゃんと見てるの? 拝んでからありがたくご奉仕しなさい!」
と言われたことがある。その時はエリックスタイルだったので、女王様のお顔を拝むのかしら?
みたいに解釈して(こちらも興奮状態で冷静な判断どころでない)、必死にアイコンタクトを
とろうとしながら、もがくように舐め奉仕したような気がします。それはそれで惨めで滑稽で、
彼女は楽しまれていたようですが、「そうじゃないでしょ!」と、僕の頭の髪の毛を後部から鷲掴みにして、
ご自身の秘部へ押し付けるようにクンニを促してきました。
 その時の女王様の意図は、秘密の花園を恭しく見つめて、心を込めて奉仕するようにという
ことだった(後日談)。

 この時、僕たちはほとんど全裸でしたが、そんなことはどうでもいいと思えるほど意気投合しており、
主従関係と支配と服従の構図はしっかりと維持されつつも、お互いに自由で、自然で、そして素直になれて、
ある意味では対等とも言える良好な関係でのプレイが実現されていた。
 今でも印象に残る、素敵な顔面騎乗体験の一つです。

 フェチやコスチューム重視のプレイもあるでしょうし、全裸NGもコンセプトとしては理解できます。
でも、密室で女王様と奴隷の二人だけの雰囲気、合意、タイミングや相性によっては、なんでもアリで、
何かのコンプライアンスに違反したからといって、「主従関係が薄れる」ということにはならないと思うのです。

 考え方の違い、感じ方の個人差であり、「こうでなければならない」ということはない。
 
 「こうあるべき」と枠にはめてしまうのは、可能性やチャンスを狭めてしまい、惜しい気がします。

 とかナントカ言いつつ、嫌なことはイヤ(>_<)とワガママを言ってしまいますが、何か問題ありますでしょうか?

[ 2018/05/05 13:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

13位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ