FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

モード・エ・バロックの真実 

モード・エ・バロックに花束を

 今さら信じてもらえないでしょうが、本当に僕は恥ずかしがり屋さんなのです(←真実!)
  
 そういう意味でも、恥の多い生涯をおくってきました。

 反響の大きかった、バロック14周年告知フライヤーにおける、「パクリ疑惑」について、その真相を確かめるべく、僕はこっそりと、六本木に足を運んでいた。

 お店の入っている戸田ビルの前でタクシーから降りた瞬間、「あ、ホーマーさんだ!」と大声で叫ばれ仰天した。

 アマルコルドのグラデスカとバッタリ鉢合わせした(>_<)

 最近は、SM落語会ラシオラ展などでアマルへ逝く機会も多かったので、面が割れていた。

 でも道ばたでブログネームを大声で呼ばれるのは本当に恥ずかしいので、やめて下さい。(>_<)
 
 動揺してしまい、「バロックへご降臨ですか? 絶対に秘密で同伴しましょう!」などと、

 思わずワケのわからないことをつぶやいてしまったが、あっさりスルーされてしまった。

 まぁ、それはともかく、六本木に来ると、やはり気分が盛り上がってシマウマ。

 この場所には、数ある聖地の中でも独特の煌めきを感じる。

 人生初のSMプレイがここだったことに加えて、短期間だが住んでいたこともあるのだ。

 北川プロのDVD「顔面騎乗に花束を!」の撮影以来、バロックとは疎遠になっていた。

カチンコ打つ監督
「顔面騎乗に花束を!」の撮影現場 at バロック


 今年になってから、およそ6年ぶりに訪れていたが、これまでに「づ誕」や各種イベントに参加したことはなく、周年祭も今回が初めてである。

もしモード・エ・バロックがサイド7にあったら

 バロック14周年祭(二日目)は、とても楽しゅうございました(>_<)

 意外とこじんまりというのか、満員御礼というほどの混雑もなく、それでも、ひっきりなしに礼儀正しいM男らしきお客さんが、途切れなくやってくる。

 これら常連客の中に、旧レーヌの広告をパクった手先の起用なマゾ氏がいるのだろうか・・・

 それが誰かを探るかのような探偵目縁で凝視していると、あの有名ながっちゃん氏も来ていた。

 最近、この御仁との遭遇率が高いのだけれど、ご縁があるなあ。

 僕はなるべく地味なスタイルで、いつものように隅っこのほうでチビチビ飲んでいると、ほどなくして、みづき桃香さんご登場。

 六本木の老舗SMクラブの広告版下は、どのように「改ざん」され、二次利用されるに至ったのか?

 その経緯を、ズバリ棟梁の桃香さんに質問箱〜♡


「あ〜、アレは私が考えました。

 昔のSM雑誌から引っぱってきて、

 バロックちゃんにお願いして作ってもらったの エヘ(笑)」



 イヤハヤなんとも、アッケラカンとおっしゃる。

 そして「ホーマーさんの心に、刺さったでしょ?」とニッコリ笑う(>_<)

 やはり、「疑惑の真相」はパクリだったのだ。

 しかしお客さんの関与は一切ないとのこと。

 もちろん旧レーヌへの敬意と、昭和ノスタルジーを突く高度な換骨奪胎なのは明白だ。

初代バロックの麻倉雅さんが所属していたクイーンズクラブの広告
渋谷クイーンズクラブ・麻倉雅
昔のSMクラブの広告なんて、どれも似たり寄ったり。重要なスペックは身長。


 桃香さん特有のまなざしで、僕らの世代へのオマージュがこの祝祭に添えられている。

 そんなことはわかっていた。それを口実に、僕は再びバロックにやってきたのサ。

 先に恥ずかしがり屋と書いたが、もっと正直に言うならば、僕は人見知りなのである。

 恥ずかしがり屋というのは、お知り合いになった後でも「人見知り」状態が持続する性癖だ(たぶん)

 昔誰かに、「それは誰かとつながりたい、という願望意識が強いからではない?」と指摘されたことがある。

 そうなのかもしれない。

 だけど、もっとお話してみたいのに、上手くいかない。接点が見いだせない。

 そのギコチナさをカバーしてくれるのが、イベント性であったり、自己チューな口実と妄想なのであろう。
 
 SMバーやフェティッシュ・イベントでは、どうにも居場所が見いだせず、いつも独りぼっちで浮いている。

 桃香さんは、そんなこともお見通しで、なんの気まずさを僕に感じさせることなく、昔ながらの天真爛漫さで接してくれた。

 嬉しかった。

 どうでもいいか、そんなこと(>_<)



 まもなく、観客調教ショータイムが始まろうとしている。

 周囲のM客たちは、いそいそと、「肌色の人」に変身していく。

 別に司会者や場を仕切る人がいるわけでもないのに。ごく自然と。同時多発的に。

 僕の隣の男性に、バロックちゃんが黄色いドンキホーテの袋を手渡す。

 そこには、彼が着ていた服が入れられる。

 そうかと思えば、着替えに一瞬席を外し、戻ってくるとゼンタイ(全身タイツ姿)になってるオジさん。

 みんなが皆、思い思いの姿やコスチュームになっていく。

 不気味だが、この調和のとれた一連の所作には、長年のマゾライフで培われた伝統芸ともいえる巧みの世界が垣間見える。

 さすが六本木だべや。 僕は少し感動していた。

 坊主頭でスーツ姿の若者も登場! 一昨日、アメフトの反則タックルで記者会見した日大のディフェンス選手とそっくりだ!

 どうみても二十歳に見える。こんなに爽やかな若者が、本当にマゾなのか?!

 僕は思わず、「本当につぶしてこいと指示されたのですか?」と尋ねてしまい、これもスルーされた。

   ↑ 意味不明だからだ (。。)☆\バキ


 観客調教ショーが始まる。

 おもむろに首輪をつけれらたマゾ・オヤジ氏がウットリとしている。

 羨ましいような気もするが、僕にはアレが出来ないんだ(>_<)

 このようなセミ・プライベートな空間でも、晒されマゾにはなれそうもない。

 会場をよく見ていると、お客さんが仲良しと思しきバロックちゃんから誘導されたり(そそのかされたり?)して、次から次へとステージにあがっていく。

 そうした光景は見慣れたものではあったが、なんとも心がざわめき始める。

 僕だって、イキナリ舞台へ引きずり出されてしまうリスクが、全くなくはなくないとは、言いきれなくもないカモ鴨川なのだ。

 幸いにして(残念ながら?)僕はスルーされていた。

 ショーは結構エグいというか、残酷な場面がちょっとだけ(僕には)見えたような気がした。

 でも、全体的にホッコリしていて、初心者でも安心して遊べますから〜(>_<)

 いや〜まじに素晴らしいショータイムで、感激しました。

 昭和のSM残酷ショーとは、ひと味もふた味も違う。

 ほとんどが平成生まれの、若いバロックちゃん達の貫禄ある女王様ブリっこには、桃香さんの面影が見えるような気もした。

 隣に座ってくれた仮免ちゃんは、僕のことをなぜか「師匠」と呼ぶ。
 
 初対面の別のバロックちゃんは、僕がこのブログの筆者だと知ると、

 ア〜! あのドヘンタイは、おまえか〜? 

 と、強烈な言葉責め キタ━━(>_<)━━!!   *ワシは傷ついたヨ(>_<)(>_<)


 内心(ド変態のくせに)マジで凹んでいた僕を桃香さんは、さりげなく慰めてくれました。

 10年前の初対面の時から強烈な女王様オーラを放っていた彼女だったが、ポスト麻倉雅としてバロックを育ててきた経験から、新たなるマダム・オーラを獲得したように感じる。

 もう、雅さんを超えたね!

 平成の時代を象徴してきらめく伝説的な店として君臨した

      ↑ まだ終わってないから (。。)☆\バキ  


MomokaHomer.jpg

 モード・エ・バロックに花束を!


 懐かしい笑顔でもてなしてくれた桃香さん、ありがとうございました!

 そして、楽しいひと時を共有して下さいましたお客さん、バロックちゃんに感謝申し上げます。



■ みづき桃香に花束を!
みづき桃香_10400
 このアヒル唇がたまらん(>_<)


関連記事
[ 2018/05/26 12:42 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(8)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/05/26 15:43 ] [ 編集 ]
 こんにちは。初めまして。

ホーマー様のお気持ち、よくわかります。

 私もおそらくホーマー様と同じ世代なので、共感することが多いのですが、マゾヒストという生き物は、基本的には恥ずかしがり屋なのだと思います。恥を知っていなければ、わからない喜びとも申せましょう。派手なイベントが苦手でして、これまで、たまたまバロックさんにはご縁がありませんでしたが、新しい世代の女王様とお話しに、今度おじゃましてみようと思います。

 ブログ記事、今後も楽しみにしております。
[ 2018/05/26 18:22 ] [ 編集 ]
こんにちは。
M男さん達がここぞとばかりに服を脱ぐ中で、静かにそれを見守るM男ブログ界のカリスマ・・・いいですね~、ドラマのワンシーンみたいですね。
私なら間違いなくゲイショップで調達した男物変態下着を晒しています。
でもそれをしないのがホーマーさんの奥ゆかしさですよね。
Mでシャイなカリスマとして、これからも変態さん達をほっこりさせてください。
[ 2018/05/27 00:56 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/05/27 08:52 ] [ 編集 ]
オオ! 秋山パイセン、おはようございます!

カリスマって、ワシのこと?

つい先日も自覚が足りなさすぎるとか言われてしまい凹みましたが、そんなことないですよ。

昨年は、それこそ某カリスマ女王様から、「超〜有名人なわりに地味な人ね」とも言われてしまっただよ(>_<)

 それはそれで真実で、褒め言葉と受け取りましたが・・・

 普段の生活も、SMプレイも、「ジミヘン」なんです。

 シャイで地味ではあっても、カリスマではないんです(>_<)


   ほっこりするコメントをありがとうございました。

[ 2018/05/27 10:02 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

「恥ずかしい」という気持ちの属性が、新世代と旧世代では微妙に異なるような気がします。
ある意味で、恥知らずな面も、マゾヒズムにはあるだろうし・・・

旧世代といえば、平成もあと1年で終わってしまいますね。
 
時代がどんどん新しくなっても、マゾヒズムの魂は変わらない。

 そんな気が致します。
[ 2018/05/27 10:09 ] [ 編集 ]
調教ショーを鑑賞はできても、今のところ出演する勇気はないです。

遠目に見ているだけですが、憧れの気持ちはありますね。

好きな女王様からのお誘いがあれば・・・考えてしまうでしょう。

ホーマーさんだって、相性のいいステキな王様になら、喜んで引きずり出されるのではないかと思うのですが、いかがですか?

 もしそれが出来きないとおっしゃるなら、どうやってご辞退されるのでしょうか? ぜひご教示頂きたく存じます。

[ 2018/05/27 12:44 ] [ 編集 ]
おお!コメントありがとうございます。

僕もまだまだ、初心者レベルです。
例え相性がよくても、人前でアヘ顔を晒すようなことは出来ないと思うのです。
それに、相性がよい女王様ならば、僕のことを理解してくれているはずなので、
ショータイムに引っぱり出すことはしないでしょう。

 観客調教がセッティングされている場合、事前にオファーがあったりするのですが、
場合によっては突然、何の前触れもなく引っぱり出されることもあるようです。

 だけどそれも個別の距離感、空気感、タイミング、そして相性によるのでしょう。

 よく知らない相手でナニされるかわからないような場合は、
「お気持ちだけ頂いておきます」とかナントカ言って、
イヤイヤのパフォーマンスで切り抜けると思うのですが、何か間違ってますでしょうか?


[ 2018/05/27 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

14位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ