FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

ハッシュタグ「M男あるある」 


 女王様に支配してもらいたいのに、いつのまにか女王様を支配している。

SMプレイにおける茶番劇

 ツイッターほとんどやってませんが、Kakuさんパイセンのつぶやきで、こんなハッシュタグがあるのを見つけました。

 タグでくくれるほど単純なものでもないと思うのだけれど、複雑なりに共通項は多いですよね。


 ジル・ドゥルーズが「マゾヒズム的ユーモア」 という表現でこんな解説をしています。


 違反すれば懲罰を与えるという脅威によって、
  欲望の実現を禁じているはずの戒律が、
   同時にまた懲罰を与えることによって、
    欲望の満足を準備してくれる戒律でもあるということ。

 

 まぁ、ねえ・・・ (>_<)

 SMクラブでのプレイがその典型で、とどのつまり茶番劇なんだけど、

「それは言わないお約束」

  みたいな不文律があったりもする。

 お互いに、それが道化芝居であるのを承知しつつ、演じるのがSMプレイ。

 筋書きのないドラマであっても、シナリオは存在する。


 昭和の時代は、その場でアルバム見てから、ぶっつけ本番でいきなり指名せざるを得ないこともあって、相当な気合いと覚悟が必要でした。

 何を依頼するか(プレイ内容)にもよりますが、けっこう怖かっただよ(>_<)

とりあえず射精管理してくれる?

 好きで指名しているからには、多少のことには目をつむっても、ナニされるかわからない恐怖心は、SMのサスペンス的な愉しみを超えていた。

 特にその女王様と初対面であれば、最初から信頼関係があるはずもなく、恐る恐る、

 こんな感じで・・(←どんな感じか、肝心なことは曖昧にぼかす)よろしくお願いしますネ、みたいな?

 「NG項目」という今なら当たり前の業界用語もなかったし、されたくないことを言って、それをあえてされてしまうかもしれない?みたいな、ヘンテコリンなリスクも想定して言えなかった苦しみ。

 というか、恥ずかしみ(そんな言葉あるのか?)

 だからと言って、して欲しいことだけ言うのもウシロメタイ・・

 というよりも、本当の願望をカミングアウトするのが、恥ずかしかった。

    * ↑ 恥ずかしいのが好きなくせに  (。。)☆\バキ

 矛盾しているようだが「あまり恥ずかしい思いをしたくない恥ずかしがり屋」も存在する。

 その場限りの、行きずりの女王様でも、旅の恥はかきすてという感覚がなかった。

 例えその場限りであっても、きちんとした信頼関係を、結べるものなら結びたい。

 どんなご縁で、こうしているのかわからないけれど、一期一会の瞬間を切なく思う。

 そして、バーチャルであろうとギリギリのところで信頼関係があるものと期待して、全てを委ねるのだ。


 プロの女王様というのは、忖度の達人だと思う。


 また、そのようであって欲しいとも願っている。

 

 なんだかんだ言って結局、無意識のうちに、女王様を願望実現のために誘導している自分がそこにいる。

 それこそが矛盾なのだが、懲罰を恐れているようで、愉しみにしている気持ちと重なるんよ。


 ど〜でもいいか、そんなコト

 

【関連エントリー】




■ SMクラブの仁義

■ 女王様はわかってくれない?

■ SMを楽しむために

■ よくわかるSM

■ ノーと言えないマゾ

■ SMは風俗か?

■ 職業に貴賤なし

■ マゾ力








関連記事
[ 2018/07/01 11:52 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(6)
サービスのS 満足のMという言葉があります。昔、何かの記事で見たのは「女王様を止めたわけ」常に怒っているのが疲れる。食事の時間も無く、どちらがMかわからない。等々。
SMクラブは他の風俗より値が張る理由。それなりの初期投資と消耗品補充(つまり道具)が必要。下手するとケガでは済まない事もあるので、知識とスキルを学ばなければいけない。等々。
客もそれなりの金額を払っているのだから満足したいし、女王様もリピーターにしないと生活がある。
多くのマゾは信頼関係を作り、安心してプレイして心を癒したいと思っているので「俺は客だ。お客様は神様だ。」という横柄な態度は取らないと思いますけど。
SMは芝居かもしれないし、そうではないかもしれない。もしかしたら社会生活をしている事が芝居で、女王様の足元でのたうち回っている事が本当の自分かもしれない。まあ、どっちでもいいです。楽しい時間が過ごせたら。何だかまとまりのないコメントになってしまいました。すみません。上手く表現できません
[ 2018/07/01 22:39 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございました。

 ちょ〜遅いレスですんません。

 うん、うん、何となく、おっしゃりたいことは、わかるような気がしますよ。

「どうわかったのよ?」と突っ込まれると困るんですけど・・・(>_<)

 それから、アナルに指突っ込まれても困るんでですけど・・・(>_<)

    ↑  誰もそんなコト聞いてね〜から (。。)☆\バキ

SMクラブでM客が横柄な態度をとるとか、よくわからないですが、誤解をまねくようなやりとりは、あるのかもしれませんね。

僕はなるべく畏まっているつもりですが、ふと思い出したのは、昔むかしのある時、ちょっと野心的な若い女王様の冒険に、思わず「あ〜、や、やめて下さい〜!」とつぶやくように言ってしまったこと。その時の内容については忘れましたが、ただ女王様が、一瞬、

「あ、やめてって言ったな」

 ちょっと、がっかりされたような表情を見せたのでした。

 まあ、その時の彼女は「仕方ないから、やめてあげようか」みたいに、すぐにやめて下さいましたけど、ワシもちょっとまずったかも?と反省しただよ。

 信頼関係なんて、現場ではあってないようなもので、不快感さえも快楽に転化してしまうマジックもあり得る世界です。


 こっちが抱いている妄想を、どう現実化するかのプロセスに、茶番劇場があって、その演出も演技もが、ぶっつけ本番のリアルなドキュメンタリーになれば、それでいいんじゃないですかね。

 

 
[ 2018/07/15 20:28 ] [ 編集 ]
・・・表象レベルの関係性からその深層レベルへと目を向けるならば、サディスト・マゾヒストの関係性は逆転してしまう。すなわち、両者の関係において、イニシアティヴを握っているのは、攻撃しているサディストよりも、攻撃するように仕向けているマゾヒストの方であり、サディストの加虐行為は、サディストの自由意志というよりもマゾヒストが作り出した環境/構造によって規定された行為としての側面が強くなる。サディストの行為は「所有目標」に属す一方で、マゾヒストのそれは「環境目標」とみなすことが妥当だろう。

この「環境目標」の達成、あるいはアジェンダ設定において、より効果的なのが「ソフト・パワー」であるならば、マゾヒストは、被虐による快楽を得るために、サディストがマゾヒストを加虐するような環境/構造を作る「ソフト・パワー」を行使しているともいえる。言い換えれば、サディストが持つ加虐行為への衝動は、マゾヒストによる強制ではなく、その魅力(加虐を誘/挑発する仕種など)によって充足される点で、サディストとマゾヒストの関係性は、一方的な支配・従属関係に還元できない潜在性を持っている。(ジョセフ,S.ナイ「ソフト・パワー 〜21世紀国際政治見えない力〜」


これは性的マゾヒズムではなく、政治的マゾヒズムに関するソフトパワーについての文章です。従軍慰安婦の被害の実相(どの程度の自由意思があり、どの程度の強制性があったのか?)はわかりませんが、被害に遭われた人がいたらその痛みには寄り添う必要はあると思いつつ、国家間の約束事を守らない某国の暴走は、もう「ほっとくしかない」レベルです。我国と某国はどっちがMでどっちがSなのかなぁ。
[ 2018/08/15 18:04 ] [ 編集 ]
おお〜!

うおおおお〜〜〜!

なんか、終戦の日らしい深いイ〜いコメント、思わず、読み込みんでしまいました。

 若い頃のクラブ活動では、相手の忖度に任せっきり状態でしたが、最近は年齢の分、相手を忖度するぐらいのマナーやゆとりができてくる(たぶん)

 女王様もプロ意識が高ければ、それなりに、上手にサディスト役を演じてくれるものだなあと思います。

 特に、平成生まれの若い女王様でも、昭和の時代から受け継がれている古き良き時代の所作や言葉遣いなどをきちんと守ってくれているのを目撃すると、感動すら覚えます。

 SMって、もしかしたら伝統芸能? 

 組織レベル、政治的なパワーゲームはよくわかりませんが、密室でのプライベートなセッションでの駆け引きには、国レベルにもあてはまる基本的な要素はあるのでしょうね。

[ 2018/08/15 21:05 ] [ 編集 ]
 今、たまたまNHK特集でノモンハン事変の番組を見た直後だったので、つい勢いで
自分の感想だけ述べてしまいましたが、コメントありがとうございました。

 僕の行き当たりばったりの記事で、行間を読まれたような鋭いご投稿、誠に恐れ入ります。

 昔はこのブログで熱い思いをマゾヒズムの乗せて書いてましたが、最近はテキトーなんです。

 そんな駄文を真面目にお読み頂いて、本当にありがとうございます m(_ _)m
[ 2018/08/15 21:27 ] [ 編集 ]
過分な御返事、恐れ入ります。
勝ちたい、強くみせたい、大きくみせたい、プライドが一番大事、上に立ちたい、恥をかきたくない・・人間なら、社会人なら程度の差こそあれ誰でも共通の欲求です。それがすべて逆転してしまうことに官能を覚え、それが欲望になるマゾって、不思議だしある意味深いですよねー。マゾは遊びでもあるけど、お気楽な遊びでは済まない試練も時には味わいます。
某国は我国にとても屈折したコンプレックスがあるのでしょう。コンプレックスが捻れるとS的になります。それがさらに捻れに捻れるとセツナイMになるのか?
嗚呼、もう理屈じゃなくて踏まれたい。
お気づきだと思いますが、甲斐望=下位を望むでございます。
[ 2018/08/15 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

17位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ