FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

ゾーンSM 

WorshipMistress.jpg

 アメリカン・フットボール(NFL)にゾーン・ディフェンスという作戦というかフォーメーションがあって、ロングパスを警戒しつつも近場のランプレイにも備えるという守備範囲の広い戦略があります。

 それから野球でも「ストライク・ゾーン」などと言いますが、この「ゾーン」という言葉は、スポーツ関係の他ではあまり耳にしませんね。

 ふと思い出したのは、昔の海外ドラマ「フレンズ」に出てくる英会話で「friend zone」という表現があり、恋人や愛人にはなれないけど、「よいお友達」にはなれそうな人間関係で使う。
 
 昭和の時代は告白してふられる時の常套句でしたが、その真意は「どうでもいいお友だちであることが多いようです。

 今回は、「ゾーン」という言葉・表現に注目してみたい。

WorshipMistress_02.jpg



 何かと便利な「お友達ゾーン」の関係性は、仕事関係とも微妙にかぶる領域があるように思います。


 SMにおいては、日常的に深い主従関係はなくとも、セッションの時だけに限定して「主従ゾーン」に入るというのはよくあります。

 あるいは、プレイはしたことないけれども、SMバーなどでプロの女王様(元プロも)と対面でお話する時などに、「局地的な主従ゾーン」に入ります。

 有名女王様で近寄りがたいオーラが感じられる時、こちらはそのゾーンの周辺エリアで匍匐前進している。

匍匐前進

 前進しようか?撤退すべきか(>_<) 突撃したら玉砕するかも(>_<)(>_<)(>_<)

 あまり仰々しい敬語は使えないけれど、こちらも「おおせのままに」とか、「かしこまりました」なんていう、普段は使ってない語彙を、恐るおそる使ってみたりして、まぁ楽しめます。

 すると、たまに瞬間的な言葉責めが降り注いだりして

  *まれに顔面騎乗とか ← ないって (。。)☆\バキ

 カウンター越しに、突然ネクタイを引っぱられ、「アゴクイ」ぐらいは(好意的に)されたりします。

Ago-kui_1.jpg


 こういう時に当意即妙なやりとりが出来るかどうかで、主従ゾーンの範囲や密度、空気感が決まってくる。

 つまりコミュニケーションのクオリティが決まる。

 言うまでもないことですが、会話は一歩通行ではダメで、相手の言うことを受け入れることが大切。

 それは必ずしも同意することを意味せず、あからさまに否定もしないけれど、敬意をこめて受け流したりする。

 メッセージの本質や結論が、ゾーンに浮遊している状態だとも言えるでしょう。

 今、ふと唐突に思いついたような表現ですが、こういう「ゾーン意識」みたいなものが、なめらかなコミュニケーションを成立させるのに大切ではないかなと、思ったりしました。

 身も蓋もない言い方をするなら、曖昧にしたままにしておく。

 アメフトのゾーン・ディフェンスではないけれど、どっちつかずのユルい状況で、ポジティブな言い方だと様子見ですが、なかなか高度なスキルではないかと。

 理不尽な出来事や、意味不明な人の行為に対して、ピンポイントな悪意や憎悪でなく、ゾーン悪意(憎悪)で対応できれば、衝突やコンフリクトのリスクが軽減するのではないでしょうか。

Kankokukitachosenn.jpg


 先日、北朝鮮と韓国の首脳会談が話題になってました。

 あえて「何が」とは言いませんが(コレこそゾーン意識)、日米や日韓、あるいは米朝関係、日ソやイギリスとEUなど、様々な国際政治関係でも、こうしたゾーン意識が高度に作用している。問題が緩やかに持続する限りにおいて、解決はしない代わりに、破綻や決裂もない。どちらも先送り。

 SMプレイにおいても、マゾの言いなりになるのを嫌う女王様が、それなりの自己主張をしつつ、いかにマゾの矛盾した快楽に対応するかにしのぎを削る場面で、宙吊り状態を持続させるのは、無意識にもこのゾーンに入り込んでいるような気がするのですが、何か間違ってますでしょうか?

 SMが知的遊戯と言われるのは、高度に政治的な哲学が利用される面もあるからで、そこのところがネ、な〜んかネ。イヤラシイと言えば、いやらしい。あんまり気持ちよくないというか、なんというか。

 しかし、よいSMには、妄想や幻想はあっても、嘘はない。

 ゾーンが異なるだけです。

Zettai_None.jpg
みんなの大好きな「絶対ゾーン(領域)」


 SMのセッションにおいては、両者の異なるゾーンが重なる時が、少なからずある。

 あるいは、微調整しながら重なりあうようにお互いが意識する。

 純真な気持ちで素直に、裸の声でコミュニケーションできた時の感動があるから素晴らしい。







【関連してるかもしれないエントリー】


■ 会話のキャッチボールが大切だと思う




関連記事
[ 2018/09/22 14:51 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)
スポーツの世界では御指摘とは違う意味で「ゾーンに入る」という言葉を使うのを耳にしたことがあります。ある種のエリアを指すのではなく脳の状態のようなものを言うらしく、ネットで検索すると「極限の超集中状態」的なワードに言い換えれれてました。アスリートの意識がこの「ゾーンに入る」と普段の100%以上の力だ出るらしく、オリンピックメダリストなどはこの「ゾーンに入る」ためのメンタルトレーニングまでするらしいっす。
                                 
 とはいうものの凡人で運動音痴(略してうんち)な小生にはそんなアスリート的「ゾーンに入る」なんてどうでもいい話なのですが、全然別な視点でマゾにも「ゾーンに入る」臨界点みたいなものがあるような気がします。例えば極限の痛みや羞恥、それが臨界点を超えると(まあ脳内麻薬のようなホルモンが関係しているのかもしれませんが)脳がマゾ脳のゾーンに入りトリップ状態になる・・・すると通常では考えられないようなこと(靴を舐めたり飲尿したり)ができるようになる、のみならずそれが喜びにすら変わる・・・。この意識の変性にはフェティシズムが大きく関わっているような気がします。なんて尤もらしいことを言ったところで別に学術的に調べたわけでも何でもなく、むしろSMクラブでの自らの実体験です、ハイ。

 個人的には女王様から口の中に唾を垂らして頂くとよくゾーンに入りました。ゾーンに入った恍惚とした表情を見た女王様に「お前可愛い顔してるね。」とか言われると嬉しかったなあ~(赤面)。

 このマゾ脳への「ゾーンに入る」喜びを知ってしまうと一生抜けられないかもしれない、といより現にもう既に抜けられる気がしません。クラブ通いこそ引退して久しいですが、今後もゾーンへの入り口の周りをさまよい続けそうです。
[ 2018/09/22 23:04 ] [ 編集 ]
  おお! アドレナリンとか、ドーパミンの類のお話ですね。

 SMプレイも、スポーツと似た感覚って、あるある(>_<)

 「スイッチが入る」やモードに入るなどとも、言い換えられるでしょうね。

 皆さん、無意識に、あるいは意識的にされている場合もあるでしょうし、
 非日常世界へトリップするための段取りみたいなものだと思います。

 僕の場合、自己ベスト目指して、頑張ってみるんだけど、なかなかいい記録に届かないことが多いですね。

 でも、SMはスポーツと違って結果が全てではない。

 プロセスが大事なので、ゾーンに入るまでのひと時も、愛おしい!(赤面 (>_<) )

 女王様のムチャぶりにも、ゾーンディフェンスで対応し、ポイントをゲットしたいですね。

 
[ 2018/09/24 08:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

14位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ