FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

少年老いやすく、マゾなりがたし 


 マゾとしての愛読書といえば、「毛皮を着たヴィーナス」とか「痴人の愛」、または「家畜人ヤプー」などが有名です。

 しかし、イキナリこれらを読んでマゾになれるかというのも、極端なハナシで(そういう方々もいらっしゃるのでしょうが)、多くの場合、人それぞれの小さな伏線なり、微妙なきっかけがあるものです。幼少時の体験や漫画本、テレビ番組(時代劇の拷問・緊縛シーンやヒーローもの女性隊員のコスチュームとか)が引き金になっていたりする。

 僕は自殺を考えるほど深刻な虐待は未経験ですが、フツーに「健全な」イジメの体験は度々あっただろうし、実際、愛に飢える孤独な少年時代を過ごしていた。

 マゾに目覚める直接のきっかけもいろいろとあったように思いますが、愛読書と言えば、まず最初(10歳〜?ぐらいの頃)に出合ったのが、いわゆる単行本としては手塚治虫の「アポロの歌」でした。主人公の近石昭吾少年には凄く共感するものがあった。

アポロの歌

 しかしそれより以前、大人向け週刊誌のちょっとエッチなマンガ作品にも影響を受けており、それらは漠然とした曖昧な印象しか残ってないのだけれども、小島功、あるいは清水崑のカッパ女絵図だったと思う。

 まだ愛もSMも知らなかった僕は、たんなる女体のフォルム・フェチだった。

かっぱ天国

 妖怪関係もごく健全に?大好きな少年時代を過ごしていた僕は、それとは全く別の文脈で、エロティック・コミックの元祖的な作品群に幼少時出合っていた。それらの主なコンテンツは、親が所有していたり、盆暮れに親戚筋の家で遭遇していた。偶発的に目撃したそれを、もちろん当時は自分の所有物にすることが出来ず、内容的にそれらが何であるかもわからないまま、おさな心に胸をときめかしていました。

manga_Sunday_cover.jpg

 いったいナニに胸キュンしていたのか? 

 平成も終わろうとしている今風の感覚からすると、ちょっと古くさくて、歪な女性礼賛的モードなるものでした。

 絶対に男尊女卑ではなかったけれど、女尊男卑でもない。

 セックスはもちろん、まだオナニーも知らない年頃の僕が感じていたのは、明らかに性的なものではありました。

 恋愛を実体験する以前から、フェティッシュな愛を擬似的に体験するような感覚です。

 本当の愛を知らないのに、愛に飢えていた、な〜んちゃって(>_<)

 文豪ゲーテが、幼友達の少女の靴下を履くシーンを目撃して、その脚に目が釘付けとなり興奮したように、僕は、女性のカッパに「萌え」ていたのかもしれない。

やけっぱちのマリア
メインキャラの焼野矢八(やけっぱち)はアポロの歌の近石昭吾にソックリな気がする



 手塚治虫の「やけっぱちのマリア」を読んだ時、マリアのボディラインに、カッパ絵と同じような身体の柔らかいフォルムにモワモワしたものを感じたのを覚えています。そのマリアとは、実態はダッチワイフという(今もあるのでしょうか?)エナメルのようにマテリアルなテイストを持つ皮膚感覚です。この作品のストーリーは、魂(エクトプラズム)が人形に乗り移ってマリアとなり、ちょっとエッチでナンセンスなコメディが展開されるという、僕に言わせれば、ほとんど健全なエロマンガでしたが、どこかの教育委員会から有害図書に指定された問題作でした。

 何が言いたいかというと、僕のマゾヒズムを決定づけた一つの大きな要因に、手塚治虫があり、その手塚が模倣しようとしていた小島功の手になるデフォルメされた女性美ラインの影響を、期せずして僕も受けていたということです。


ヒゲとボイン


 小島が先か手塚が先かはともかくとして(この二人は同じ昭和3年生まれで、同時代に活躍した)漫画のコマの中に見える「女性美」に惹きつけられる体験は、まぎれもなくフェティッシュな原体験でした。

 1960年代後半から70年代初めの頃で、ハレンチ学園や安保闘争の時代です。
 
(↑どういうくくりやねん)


Kojima-Kou.jpg


 時を同じくして永井豪やジョージ秋山の作品群にも出会い、運命的に「奇譚クラブ」という古本雑誌も中 学生になってから入手。文学的、絵画的、そして、あえてかっこつけて言うならば芸術的にSMというカテゴリーの中で、僕の魂は突然変異する。
 
 そして、一番多感な青春時代に、谷崎やマゾッホの作品を溺愛するようになってしまった。

 自分でもわかりやすく整理して綴ってみたものの、それほど単純なものではない。

 もっと複雑で、ドロドロしているものだと思いますが、不思議と漫画やコミックという媒体による原体験があればこそ、心理的にもデフォルメされて、自分の内面を客観視することが容易となるような気がします。

 少年時代からマゾヒズムを意識していましたが、還暦間近になってくると、自分は本当にマゾだったのか?と思い返すようにもなりました。ノーマルとは言えないまでも、言うほどマゾでもなかったかもしれない・・・それを恥じているわけでもなく、誇りというのも妙な感覚ですが、すこし安堵している自分。

 ただ、愛に飢えた恥ずかしがり屋さんのヘンタイであるのは、疑いのない事実です。

 そういった気持ちや感覚を、自然と共有できそうなのは、おそらく同年代以上の、ご年配のマゾパイセン達だと思われるのです。

 今回のエントリーが、そんな方々に懐かしく感じて頂ければ幸いです(>_<)








「アポロの歌」冒頭シーン!
アポロの歌_1
こいつら、みんな精子だから(>_<)




 健全なる性倒錯・LGBT作品「リボンの騎士」



関連記事
[ 2019/03/23 14:06 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(8)
おお!早速「アポロの歌」を含むマンガ関連記事をまとめられたんですね(^^)

僕も久しぶりにCOM版と全集版を引っ張り出してきて何章か読み返してみましたが、やはりこの作品は傑作ですね!
「火の鳥」の各編を一冊にまとめたような重厚感があります。

なぜ手塚先生はこの作品を黒歴史として扱うのだろう?…

COM版と全集版を少しだけ比較してみましたが、homerさんの言うとおり、COM版は最初の単行本化なのでかなり初出に近いかもしれません。

差別語とかもそのままですし、広告が入っていたスペースもそのまま虫コミの刊行物の広告を入れてました。その後の全集版で広告スペースに絵を描き足したりコマの移動をしています。おそらくそれが現在は原本となっているのでしょうね。

カットされたページは60ページ程でそのうち半分は扉だと思います。あとはセリフなどの細かい改変でしょうか。
扉が入ると話のテンポは悪くなりますが、手塚作品は扉ページも毎回工夫が凝らされていますし、資料的な価値は大きいですね。

全部読み返したくなりましたが、グッと堪えて来月の刊行を待ちたいと思います。

主人公・昭吾のセリフに「動物たちの交尾は真剣で、子孫を作る神聖な行為なんだ」「人間だけ男女関係がバカなんだ」というのがありますが、確かにその通りかもしれませんね。一瞬の快楽のために他人を傷つけたり、殺めたり、人生を棒に振ったりしますし、変態行為も人間だけのものでしょう。

天野哲夫氏がなにかのエッセイで、人類の繁栄には一切貢献していない負い目を感じながらも、自分はノーマルな人達のおかげで心行くまでマゾヒズムを享受できると感謝をしていました。

これには僕も同感です。

まあ僕もあとどのくらい生きられるかわかりませんが、五億の精子の頂点に立ったマゾヒストとして、誇り高く生きていこうと思いマスターベーション。

[ 2019/03/24 02:09 ] [ 編集 ]
 mugiさんコメントありがとうございました。

そちらのメインテーマであった藤子・F・不二雄でなく、手塚治虫で勝手に盛り上げてしまい、
失礼しました〜(>_<)

 「アポロの歌」の完全復刻版が新発売されるというのは全く知りませんでしたので、ついコーフンしてしまった。
 
 この作品は、一連の手塚作品の中では異色なのかもしれないけれど、僕にとっては、一番手塚らしい、ブレのない普遍性があると感じております。

  
 
[ 2019/03/24 18:09 ] [ 編集 ]
以前の投稿で小学生時代に偶然読んだ少女漫画のエロコメ(少女フレンドの素性不明の漫画・ラブラブ仕置き人)が、マゾの原体験にあったことをコメントさせて貰いました。男なのに少女漫画でマゾ覚醒というのは珍しいパターンかもしれません。でも男子禁制の花園で女子が抱いている欲望の形を覗き見てしまったのは、子供心に充分ショックだったはずで、同時に女の欲望の犠牲になりたいという妙な憧れが確実に心の奥底に芽生えた時だったと思います。いろいろジャンルやテーマは違えど漫画って自由な発想の解放区でかつ視覚効果が高いので、何かとトラウマの温床になりがちなのかなって改めて思います。その点最近の漫画は良くも悪くも萌えキャラ一色に塗り潰されてますが、それでも昔のようにトラウマを生むことがあるのでしょうか。漫画通でもない私如きがいうのも何ですが。そういえば日曜朝たまたまゲゲゲの鬼太郎を見ていたら、猫娘が異様にセクシーに進化していてビックリ。萌えキャラパワー凄し・・・。

 そんな小生も最近マゾ力がすっかり落ちてることを自覚せざるを得ません。自分からマゾを取ったら何も残らないような淋しい気がする一方、もう今更このままマゾ力フェイドアウトでもいいような、ちょっと複雑な気持ちになります。まあ、そういう自分を客観的に見られること事態が、変質者であっても犯罪者ではなかったと安堵するところなのかもしれません。

 P.S.突然ですがマゾとは直接関係ないかもしれませんが「バロン吉元」っていう漫画家をご存知でしょうか。漫画アクション何かで活躍した人らしく、3/31まで文京区の弥生美術館で回顧展をやっているようです。個人的には全然知らないのですが、ちょっとチェックしておきたいようなどうでもいいような気がして・・・まあどうでもいいか。
[ 2019/03/24 22:53 ] [ 編集 ]
漫画と言えば、
かの沼正三も愛好者だったようでございます。

『ある夢想家の手帖から』にも
「漫画の効用」なる一章を設け、

「現代日本の漫画家の作品は、マゾ・ガイガー管を備えたマゾヒストにとっては、
一大鉱脈というに価する。
名の知られた漫画家には、多かれ少なかれ、なんらかのマゾ的感覚が見られるのである」

なんて書いてますね。

さて、その章で、図版入りで言及されているのが、
このエントリーでご紹介の清水崑の『かっぱ天国』でございます。

沼によると「週刊朝日連載の傑作」で、
「このかっぱの国は大変女権が伸長しており、女尊男卑の風がある」のだそうです。

一度、読んでみたいものでございます。

小島功描く女性は、グラマラスな長身という肢体に加えて、
小悪魔的な美貌も魅力ですね。

こんな婀娜っぽくてSっぽい女性の虜になって、
きりきり舞いさせられてみたい
・・・なんても~そ~。


[ 2019/03/25 06:11 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 年とるとね〜(>_<)
持続可能なマゾ力(まぞちから)が衰えるというんはあるやろな

          ( ↑ 何故か関西イントネーション)

 性欲と、マゾ力って、別もんだと思う(少なくとも僕にとっては)

 僕も少女マンガは熱心に読んでいたほうです。
少年ジャンプのド根性ものやマガジンのあしたのジョーに熱烈ラブであったと同時に、りぼんの陸奥A子で萌え〜みたいな。
 マゾヒズムとは別の回路で脳内妄想に火が灯るんとちゃうんかいな。

 恋愛感情とSM感情も別ものでしょうかね...一般的には。

 女王様とハグしたくなっても、恋人にはしたくないような、ひねくれた部分があるような気がする。
   (少なくとも僕にとっては)


>  P.S.突然ですがマゾとは直接関係ないかもしれませんが「バロン吉元」っていう漫画家をご存知でしょうか。

 ええ、単行本を買ったことはないですが、雑誌ではよくお見かけしてました。
劇画の黎明期か全盛期かよくわかりませんが、当時は突き抜けた画風で目立っていたように思う。
その一方で、どこかすでにレトロな趣もあったような....
まだ現役なのですね。今度読み返してみようっと。レアー、じゃない、貴重な情報シェアをありがとうございました!!



[ 2019/03/25 13:10 ] [ 編集 ]
おお! 馬山人さん、いつぞやは失礼しました(SM落語会)

 お馬さんごっこ発祥の似非プレゼンテーションを、本家本元に目撃されてしまうとは、
想定外でした〜(>_<)

 それはともかく、がっちゃんや馬山人さんのご年代に刺さる漫画が
「かっぱ天国」や小島功の作品なのでしょうね。
もう、平成生まれの若い人には、江戸時代と区別がもうつかない時代でしょう。
実際、小島功は現代の浮世絵師とも称されていたようですが、そうでしたか、
女性上位的なる雰囲気が漂う作風を、沼さんも感じられていたのですね。

まだマゾに目覚める前だか後だかわからなかった僕でしたが、
同じ匂いを嗅ぎ取っていたのかもしれませぬ。

[ 2019/03/25 15:20 ] [ 編集 ]
男尊女卑でもないけれど女尊男卑でもない、というのが説得力ありますね。
「SM」って言葉を知ったのはずっとあとだけれど、小学校高学年くらいで「ウーマンリブ」とか「女性上位」なんていう言葉は使われていたのかなぁ。
テレビドラマで、ミニスカートのお姉ちゃんに男が土下座させられるシーンがよくあった。それが凄くみじめに思えた。でも、男視線の画像、見下ろすお姉ちゃんの勝ち誇った顔とか、ミニスカートを下から見るから、パンツが見えたり見えそうだったり。かなりドキドキしたわね。
あと、平手打ちもちょっとドキドキ。
漫画だと、服が破れてオッパイが飛び出すのがよかったなぁ。あと、女が男にうんこ食べさせたりっていうのがリアリティねえ(その頃はリアリティなんて言葉は知らなかったけれど)と思ったけれど、当時の大人はSMとか知っていて、そういう世界をオブラートに包んで教えてくれていたのかなぁ。
[ 2019/03/26 13:16 ] [ 編集 ]
おお! ネホリ氏のコメントはタイミング的にも心に刺さる〜(>_<)

昭和も遠くになりにけり....

あの頃は、ダイバーシティも、グローバリゼーションという言葉も思想もなかったからなぁ....

コメントありがとうございました。




[ 2019/03/26 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ