FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

我が輩はマゾである 



 生まれて初めて松山へ行ってきました。先月岡山に行った時にも思ったのですが、こちらの方は言葉がまったりしていていい感じです。関西とはまた違った雰囲気じゃけん。なんとなく人なつこい感じがするゾナもし。

 道後温泉にも行ってきましたぁ~

 ここは夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台としても有名だったところ。恥ずかしながら知りませんでした。

 漱石は好きな作家なんだけど、偉大すぎてどうも近寄りがたいような雰囲気がちょっとイヤで、わざと距離をおいてきたような気がする。ひねくれてるよなぁ。「こころ」とか「我が輩はネコである」は学生時代に読んでた。ただ「坊っちゃん」だけはたままた読んでなかったので、今回の愛媛県デビューを記念して新潮文庫を買い、帰りの飛行機の中で読んでみました。短いね。乗り継ぎ時間もあったので、その日のうちに読み終えました。僕は田舎ものだから、なるほど!これが江戸っ子のステロタイプなのかと、知らないなりに納得できる極端な人物像。これが長年のベストセラーとして親しまれているという事実は「親譲りの無鉄砲で子どもの頃から損ばかりしている」キャラクターが、日本人の心に染み付いているという証なのだろう。「坊っちゃん」のストーリーは恐ろしいほどシンプルで、あまりにもあっさりしすぎていて驚いてしまった。色恋沙汰も出てこない。ただ、マドンナをめぐる「寝取られもの」の原型みたいなエピソードがちょっとだけありますよね(ほとんどの皆さんが読まれているという前提で書いてるのでネタバレになります)

 友人の女を奪うというストーリーは「こころ」のメインテーマになっていて、その萌芽がここにもあったのかと思いました。漱石にとって「寝取られ」は重たいトラウマなのかもしれません。僕にはちょっと理解しがたいマゾヒズムの第三者関係とも関連がありそうで、「夏目漱石のマゾヒズム」という論文を書こうかと思っています(ウソ)

 まあ、あまり根拠ないけど、太宰とか芥川とか、近代日本文学の巨匠たちの多くは、程度の差こそあれ、みんなマゾヒズムを理解していたように思ってます。マゾであったかどうかは別にして。

   ↑ 結局そういう話に持っていくんかい (。。)☆\バキ




関連記事
[ 2009/03/22 17:21 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

19位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ