FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Mのラウンジ 

エムのラウンジ

 東京駅の日本橋口です。こんなの前からあったっけか?

 先日触れた「マゾヒストたち」はきちんと購入し、本の中身は以前から知っていたので、ザッピングのつもりで眺めていたら、思わず熟読モードで一気読みしてしまった。

 連載時には分断されていたコンテンツが、すっきりと繋がる構成で、とても面白い!

 誰にでも気軽にお薦めはしないけど、この世界に興味がない読者でも、文化人類学的な知見は深まるのではなかろうか。

 かろうじて、この世界に身をおいている僕(たぶん)が今読んでも、常に新鮮な感じがするのは、やはり相当に特殊な世界だからなのかもしれない。

 僕が言っても説得力に欠けるんだけど、別世界である。

 この世界は、奥が深い。

 出版記念イベントにも逝ってみたい気もした。というか実は、直前まで迷っていた。

 六反りょうの「亭主元気でマゾがいい」のサイン会の時にも思いましたが、SMバー以外の場所で、自分と同類項の人たちと顔をあわせるのが、どうにも苦手で…(>_<) 

 恥ずかしがり屋さんというのもあるけれど、このテの趣味のない知り合いにバッタリというリスクも怖い。

 今どきSMに興味を持っていることに羞恥は感じなくても、自分がマゾであることに関しては、意味不明な忌避感はあるものです。それをコンプレックスと言ってもいいけど、もっと複雑な心境がある。

 ダイバーシティの令和になっても、昭和のトラウマは引きずっている。

 しかし、「世の中はマゾでできている」というナイスなお題のイベントだ。

 主催は新潮社(ではないが)みたいなものだし、祝祭の意味も兼ねて、勇気を出してちょっくら逝ってみるか?

 先日、ヤプーズの龍パイセンから頂いたコメントにも背中を押された。

 この人と個人的に会うのはもっと勇気が必要だが、イベントに顔を出すついでなら、少し気が楽そう。

 というわけで、絶対に秘密で逝ってきました。

koenj-catshop.jpg
 高円寺駅からイベント会場までの商店街を歩いていると、こんなカワイイお店が・・・

 六本木や新宿でなく、これほどのどかなロケーションで、SMイベントを開催して大丈夫?

 現場に到着すると、やはり行列が出来ている。

 ここまで来ておきながら、あれに並ぶ勇気がでない(>_<)

 思っていたよりも客層が若かったので、

 「僕は無関係ですよ〜」

    という顔して、いったんは通り過ぎた。

 前夜にメールで予約していたので、並ばなくても席は確保されているハズだが、若い女性もそれなりにきちんといるので、近寄ることが出来ない(>_<)というのはウソで、開場予定時刻は過ぎていたから(開演まであと10分というタイミング)、階段を上って、受付らしきところまで行ってみると、キャパはマックスで50名程度の狭さだ。

 これじゃ満員で立ち見じゃん(>_<)

   * * * * * * * * 

 ちゃんと座って見れました (^^)

 トークショーの内容は絶対に秘密なのですが、おおいに楽しませて頂きました。

 登壇するマゾヒストたちは皆さん頗る真面目な、真摯な紳士(いや、シャレじゃなくてネ)で、本来お持ちのサービス精神からユーモラスに話されているだけだと思いますが、衝撃的な行為や、常識ではありえない性癖のカミングアウトに尻込みしつつも、なぜか爆笑することもしばしば。

 この年齢になると、なかなか心の底からは爆笑できなくなるんだけど、はっきり言ってマゾヒズムは滑稽なものだということを、自虐的に再確認したように思う。

 まあ、この世界に興味ない人にとっては、意味不明な部分も多いだろうし、とても中野サンプラザでやれる代物ではなかろうが、内容の濃いトークイベントでした。

 巧みの話術で仕切る司会者が著者の松沢氏だから、取材時のインタビューが再現されているかのようで感銘を受けた。

 ラスト(ラス前?)にメインのゲストスピーカー、龍パイセンが大取りで登場。

 ナマで見るのは初めてだが、この日のキャストでは一番のイケメンだ!

 しかも、肌にシワがない。 

 僕と同世代ぐらいのハズなのに、なんとも若々しい。

 さすが、リューザップの威力か?

 いや、マジでどこかの美術館の学芸員かな?と思われるほど、穏やかで上品な物腰が印象に残ります。

 こんなに優しそうなオジさんが、あのヤプーズマーケットのCEO?と言われても、にわかには信じがたい。

 しかし彼は、僕には出来なかった「北川プロに電話をして、奴隷としてビデオに出演する」という快挙を、昭和の時代に成し遂げて、今がある。

 この世界が少しだけオープンになりかけの頃とはいえ、M男にとっては暗黒時代で、マゾ・ビデオの夜明け前だ。

 龍さんは、この世界の、かけがえのない先駆者なのである。

 開拓者と言ってもいい。

 ヘタレの仮性マゾの分際で、おこがましいのを承知で、きちんとご挨拶しなければ!と、イベント終了後に名刺交換しましたが、黄金!色に輝く上質紙に、

 Fetish Produser凛龍 -rinryu- と明記されていた。

 ハングリーなボクサーからM男優へ、そして素晴らしいパートナーと出会い、自分の思い描くファンタジーのビジュアル化に成功した。

 何かと苦労も多かったようですが、ついにMのラウンジに上りつめた勝ち組のマゾヒスト。

 今後は海外も視野にいれたプロデュースを手がけていくらしい。

 黄金の名刺が眩しかったのではなく、ただならぬ貫禄と情熱に、目が眩んだような気がした。


 僕も Ryuzap やってみようかな(>_<)



 

初期のヤプーズの作品。僕のお気に入りです。

調教ヴィーナス監禁ファイル 残酷な女神達
 



 
関連記事
[ 2019/11/18 16:16 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/11/19 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

19位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ