FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

恍惚のあえぎ 

恍惚のあえぎキャプション

 年末年始は、「死後のコレクション」の整理整頓をしてのんびりしてました。ここんとこ、毎年のようにやっています。

 いやぁ、真面目な話、老衰で大往生できれば本望だけど、地震や津波で突然命を落とさないとも限らないご時世、理不尽なアオリ運転も怖い。

 いつオサラバしても大丈夫なように、絶対に秘密のアブナいお宝写真は処分せねばなるまいて...(>_<)

 いや、捨てきれずにとりあえず「絶対に秘密(>_<)」というラベルをつけて分類しているだけなんだが・・・

 これが結構楽しい。

 老後の楽しみにとっておきたい(もうすでに老後みたいなものか...)

 とにかくマゾ気分をさっぱり整理してから、極楽浄土に旅立ちたいもの。

 それはともかくとして、昭和の時代の古いSM雑誌には、昔はあまり気にしなかったけれど、グラビア写真についてくるキャッチなコピーが目を引く。

 詩情あふれるこのキャプション。

 読者の皆さん、ものは試しで音読してみませんか?

KouKotsu_no_Aegi_textpart_LARGE.jpg

 何度読んでも笑える。いや、泣ける(>_<)

 声に出して読みたい日本語だよ。セッション前に言葉責めへの練習用に使えるかも。

 「たとえ火の中、水の中...」なぁんて表現、現代ではもう死後、じゃなくて死語でしょう。

 恍惚状態で喘いでいる時に、こんな名文句はなかなか言えたものじゃないと思う。

 「極楽浄土」も、単語として祖母から聞いたことあるぐらいで、日常会話ではもう使えない。

 宗教的なことをヌキにしても、インパクトありすぎて、気安には口にできそうもない。

 だけど、SMのセッション中になら、現代でも使える、ナウい口語となる。
 (「ナウい」はもう死後か?)

 僕はSMプレイの時には何故か昔から(若い時から)「嬉しゅうございます女王様」とか、妙に古臭い大和言葉を使ってしまう癖があって、普段の自分のボキャブラリーにない表現をよく使った。

 例えば「お許し下さい!」の代わりに、

 「どうか、お慈悲を...」とか。じひかな?

 自分でも変なヤツと、後から思ったりして。

 言葉責めで使って頂きたい文言を台本形式にして持参しても、「こんな歌舞伎みたいな台詞、言えないわヨ!」と、却下はされないまでも、呆れられたりもしたっけな(>_<)

 山田詠美が「ひざまずいて足をお舐め」という小説を書いてくれて本当にありがたかった。

写楽

 理性的になれば、SMプレイみたいな茶番劇は、見るに堪えない。

 なんとなれば、茶番なのにガチで真剣だから。

 女王様もそれを判っていればこそ、内心呆れていても誠実に対応してくれる。

 いわば「筋書きのないドラマ」を、存在するはずのない観客を前に演じているわけで、そこに描かれる演劇的空間は、ある意味では芸術的なものだと僕は思うのです。

 誰のためでもない、自分のための罪深いお芝居。

 女王様という美しい共犯者を得て、輝く背徳の芸術。

 それは、ボードレールの言う祝祭であり、マラルメが惹かれる陶酔。

 マゾヒストの恍惚のあえぎは、フランスの詩人たちの魂の声のように、僕の胸を打つのでした。


■ 男性緊縛美
樹里ふぉとぐらふ

■ 屈辱の縄
椋陽児 「羞恥晒し」

■ エアー緊縛とは何ぞや?
エアー緊縛


■ SMのクオリア



■ 緊縛の文化史・日本人の知らない日本美
緊縛の文化史 表紙


■ マスター "K"の素顔に触れて
マスター








関連記事
[ 2020/01/04 19:45 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(4)
90年代後半で、もうSMプレイ科白の大半は死語だったような気がします。
「跪いて足をお舐め」も言われたことないし。「お許しください、女王様」もたぶん言ってないと思う。時代がかった敬語はS女様に笑われた気がします。
いまどきの若者同士のプレイはどうなんだろうか。風俗学的に検証してみたい気がしないでもありません。
土下座とかお馬さんごっこは古典プレイになりつつあるのではなかろうか。

終活は何もしていない。いろんな数値は明日死んでもおかしくないらしいけれど。そう言われて10年くらいは経つね。
[ 2020/01/06 09:44 ] [ 編集 ]
 おお! 何となくネホリ氏がコメント寄せてくれそうな予感がしてました。
毎年ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

 そうっかぁあ・・・、けっこう新しい年代だと思っていた90年代も、考えてみればもう20年以上前になってしまうんですね。

わしら世代の感覚でいうと、60年代とか、フィフティーズってことかよ。

 まぁでもサ、「跪いて足をお舐め」は、一応、あの当時にしては、バズっていたと思うんだ。
SMのコミュニティー内部では、何を今さら…的な反応もあったかもしれないが。

 古い世代のSM感覚は、進化もしなければ発展もしてない。ず〜と、ワンパターンで、昔からの伝統芸を愛してるような気がする。

 土下座もお馬さんごっこも、格式ある粋なSMプレイである。
このレジュンドを、次世代に受け継いでいかなければなりませんな。

[ 2020/01/07 12:31 ] [ 編集 ]
言葉というのも舞台装置の一つと考えています。と言うか私にとって言葉自体がプレイみたいなもので。

「お舐め」と言う言い方は、犬に言うものと同じかなと思ったことがあるんですが、例えば「お座り」は犬の場合と人間の場合アクセントが違うので同じに考えて良いのだろうか未だに疑問です。
「お・動詞の連用形」で命令を表すのは、江戸町人女性の比較的丁寧な言い方であったようです。それと直接に結びつくのかどうなのかは調査中(笑)ですが、「女王様用語」に採用されたのはそういうことと関係があったのかななどと思ったりしています。つまり女性の言葉でそこそこに品性の保たれていた言い方ではなかったかと。

命令されるのはとても心躍りますが、命令形「舐めろ」では品がないような気がします。(お馬さんごっこは逆に「とまれ」「進め」でなくてはだめですが。)「舐めて」では弱いし。「舐めなさい」が上から言われている感じでいいかなとか。
いっそのこときわめて事務的に、「ひざまづいて足を舐めることになっていますので、それに従って下さい。」とかもいいかなとか。
いずれにせよ、自分に命令を下す女性と自分との立場、それとその女性の品性とが言葉遣いによって規定されるように思います。そういうのが好きだと言うことだけですが。
[ 2020/01/09 22:21 ] [ 編集 ]
 つるさんのコメントには、毎回のように思うのですが、自分では言語化できなかった無意識が明確に表現されているような気がして、本当に感激しております。メンタリティが似ているんでしょうか。僕の拙ブログを長年に渡ってお読み下さっているからには、ある程度共感してくれているとは存じますが、いつも丁寧で印象深いメッセージをありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

[ 2020/01/10 20:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

16位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ