fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

真夏の夜の夢 

夏の思い出

 春川ナミオの作品で、男の表情が、しかも幸せそうな顔が見られるのは珍しい。

 まぁ、たいてい顔面騎乗の場合、男の顔は女王様のお尻に隠れて見えないものですが、苦しんでいるわけでなく、恍惚とした喜びに充ちた彼を見ていると、こちらの方もハッピーになれる。

 女王様の方も、なんだか楽しそうで優しそうで、僕のお気に入りの台詞

 「もっと舌の伸ばしてお舐め!」

 とでも言ってるかのよう(>_<)

 なんとなくほのぼのした感じが、よりいっそうエロティックな艶を色濃く出している。

 生前の春川さんにお話を伺った時に、「男の顔が女王様のお尻の割れ目にぴったりと密着しているのが美しい構図で、それにこだわっている」というようなコメントをされてましたが、その意味では、この絵は本当に貴重というか希少というのか、レアーケースです。

 男の舌も目標を失い、彷徨うように宙を舞い、そこがまた切なくて、思わず『頑張れ!」(って何を?)声をかけたくなりますよね?(俺だけか?)

 とにかく、いずれにしても、普通の顔面騎乗でなくて、こういう邪道?の顔面騎乗も時々お願いしたいと思っているのですが、どこか間違ってますでしょうか?




春川ナミオさんのイラストって素敵m
 



■ 春川ナミオの絵について・団鬼六
団鬼六氏プロフィール写真
 S男の代名詞的存在だった団鬼六氏から、春川ナミオ原画展に寄せられたメッセージ。



■ 春川ナミオの芸術
人間便器フェアー_1s


■ 顔面騎乗に市民権を与えた男
Sardax


■ 春川ナミオ氏と会う!
春川ナミオと
  憧れの巨匠とついにご体面!








関連記事
[ 2020/08/22 11:00 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(2)
この絵は春川さんの作品の中でも僕が好きな絵の一つです。でも確かに顔面騎乗じゃないですね。
これって所謂 Ass worshipってやつでしょうか?

僕は子供の頃(女房の尻に敷かれる)という言葉に卑猥な想像を膨らませてました笑
言葉の意味は解ってましたが、尻に敷かれる→夫が椅子になり、妻がその上に座るのかな?と変な方向に想像を膨らませ興奮していました笑

この絵を改めて見ると、苦痛でなく女王様がご褒美を与えているように見えます。

女性にお尻で顔を踏まれるという屈辱感や圧迫感も好きですが、僕にとっては女性のお尻は神聖な部位だから、こういった構図のほうが好きかもです。
[ 2020/09/07 12:14 ] [ 編集 ]
 おお! コメントありがとうございます。

 春川さんの描く女王様像は、狡猾で残酷、あるいは気位の高くて勝気、などといった形容詞がふさわしい場合が多いのですが、この絵のように「女王様がご褒美を与えている」かのような優しさのオーラが放たれているのは本当に珍しいと思いますね。

 そんなナマぬるい女王様はイヤだ!というツワモノマゾもいらっしゃるのでしょうが、女性のお尻を崇拝し、神聖視している春川ナミオ的な描写の中であればこそ、映えるエロティシズムが感じられます。

 極論すれば、顔面騎乗なんて、もうどうでもいいんです(>_<)

 

 
[ 2020/09/08 17:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング