FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

椋陽児 


 伊藤晴雨が9歳の時に目撃した 女が責められる芝居の場面 は、彼の心の闇を照らした。

 光の先に何が見えたのかは不明だが、そのクオリアは時代を越えて今の日本人にも生きている。晴雨の絵など見たこともなかった戦後生まれの子どもたちが、テレビの時代劇で下手人が縛られたシーンを見たのがきっかけとなり、SM的な性癖に目覚めたケースなどは枚挙に暇がない。明治生まれの晴雨と同じ経験を、高度成長時代の団塊の世代やベビーブーマー達もしてきたのである。

 緊縛の対象は主に女性であることが多いが、男女に関わらず人間が拘束されている状態には、なんらかのクオリアを生み出す原因があるようだ。「縛る」という行為には、縛る側と縛られる側に、身体的束縛による精神的解放がもたらされる。そのことによって神秘的とも言える美意識が芽生え、縛られた者は芸術的に美しくなり、見るものはそれを賞賛せずにはいられなくなる。

 僕はホモではないけれど、ゲイ雑誌などで男の緊縛写真などを見ると、嫌悪感と同時に、見てはならない 禁断の美 とでもいうようなものも、全く感じないというわけでは、ないのではないかもしれない、と言えなくはないかもしれない。

 実際、男の緊縛美というサイトもある。女性だけが美しいというのは性差別であろう。

 それはともかくとして、脳科学の分野で、人間が心の中で感じる様々な質感のことを「クオリア」と呼ぶ。意識の中で、物質でも概念でも、音でも匂いでも、<あるもの>が「あるもの」として感じられるのはいかにしてか。それらを感じる存在としての「わたし」はどのように生まれるのか。

 「わたし」という意識は、生まれる前はどこにあったのか?

 これらのことを科学的に解明するために登場した概念がクオリアだ。科学の進歩が凄まじい現代社会において、もっとも不可解なのが人間である。この世で一番難しいのは、己自身を知ることであろう。

 晴雨は責め絵を描くことでそれを知ろうとした。

 人間とは何か?を問いかけるために、彼は女を縛り、責め、そして表現した。

 そして僕も今、晴雨の絵をウェブで探しつつも、何故だか椋 陽児のイラストをやみくもにダウンロードしている。こうした意味不明な衝動の中にも、己自身を知ろうとする願望が隠されているような気がする。

  どうでもいいのか、そんなこと。



 椋陽児氏は、2001年に他界されていました。
 遅ればせながら心よりご冥福をお祈りします。




関連記事
[ 2009/04/27 10:48 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/04/27 13:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

14位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ