FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

幻の絵コンテ ③ 

春川ナミオ_復讐の檻_4
 
 スケッチブック上での「★ 場面が変わって ⑥」の という数字は、春川さんが構成上つけた番号で、このブログ記事タイトル「幻の絵コンテ」のナンバーとは紐づいてません。

 今回が、第3回目のご紹介になるわけで、おわかりですよね?

 前のシーンでは、セクハラされて悩んでいるOL・A子の親友B子が相談を受けて、わざとA子の上司である春川課長にナンパされ(←もしかして死語?)、一緒に飲んでいるところでした。

 ご自身の姿を投影されているかのような、登場キャラクターとしてのセクハラ上司・春川課長は、今一緒に飲んでいる相手が、部下の親友であり、SMの女王様だなんてことはつゆ知らず、飲みながら、酒癖のワルさからおさわり(←もしかして死語?)するのを防ぐという口実で、両手をB子に縛られてしまいます。

 それにしましても、今では信じられないという若い人もいるかもしれませんが、昔は酔った勢いで一緒に飲んでいる女性の脚やお尻に触るような行為は、平然と行われていました。そして、それが許されていた、とまでは言わないけれど、たいして問題にはならなかった。

 もちろん、死ぬほど嫌な思いをしていた女性もいたはずなのに、表面化することは稀でした。

 僕はやったことないです... 

 などと偉そうに言うことでもないですが、僕はSMクラブでも女王様の身体に触れることは原則としてやっておりません。脚をお舐めとかマッサージなどを命令された場合はともかく、何かのはずみでタッチするなどもってのほかというか、あり得ないでしょ? 成り行きで少しぐらい触れることすら憚れます。

 「SMクラブでかっこつけるのやめましょう!」

 とは、バロックのみづきさんのお言葉ですが、まぁねえ、SMクラブに来ておいて、セクハラもへったくれもないもんだでしょうけど、女王様に、いや全ての女性に敬意を払って、キワドいことをするからには極力、気を配りたいと願ってのことです。(やや、かっこつけてるかもしれない)


 顔面騎乗はまた特別というか、そもそもSMクラブで顔面騎乗を依頼する時点でセクハラでしょ?

Twitter_顔面騎乗について

 先日プレイした若い女王様からは、顔面騎乗される時に

 「両手で私のお尻支えていていいよ。その方が苦しくないし、舐めやすいでしょう?」

 という、信じられないほど優しいお言葉を頂きました(>_<)

 最終的にここまでくると、どうでもよくなっちゃうような部分も、あるかも・・・(>_<)

 女王様側が喜んでする場合はいいけれど、気がすすまずに不本意ながらするプレイもあると思います。

 お互いに楽しめる環境をつくるのが理想ですが、これは難しいと同時に、意外と楽に実現する場合もある。


 70年代〜1980年代に話をもとに戻すと、昨今の#MeTooムーブメントで昔の実態も明らかになったように、当時は居酒屋やスナックなどで「チューさせろよ〜」とか言い出すような輩もいたし、基本的に人の嫌がることはしないというのがマナーであることが、ないがしろにされていたという、もの凄い時代だったと思う。
 (電車や映画館でタバコ吸ってる人、たくさんいました)

 春川さんは純粋なフェミニストでもありましたから、その辺りの社会的状況をも憂いていたのかもしれません。
 
 話をさらに絵コンテの方に戻すと、酔っぱらって寝込んでしまったセクハラ上司の春川課長が、監禁されてしまったというシチュです。

 このシーンは、もうコレだけでなかなかエキサイティング。

 前回までの春川課長の、のんきな岸田劉生顔とはうってかわって、怯えているような表情が、まるで別人に見えます。

 ここで描かれているように、地べたに這いつくばって、ハイヒールを履いた女王様を足許から見上げたり、頭を踏まれたり、口に足を突っ込まれたりという、マゾヒストにとっては、本当にパラダイスな情景です。

  画家としての春川ナミオ氏が、特に好んでピックアップされるモティーフでもあります。

  さて、この後、どうなっちゃうんでしょう? 

  

 

■ 前回までのあらすじ

復讐の檻_03






関連記事
[ 2021/04/28 16:59 ] 試験に出る春川ナミオ | トラックバック(-) | CM(6)
ホーマーさんへ
SMクラブで女王様にセクハラするという発想がカッコつけてるんですよ。
女王様に鞭で追い回される光景を思い浮かべてください。
服を着たまま追われる、Tバック姿で追われる、フルチンで追われる。さて3つの内、どれが一番惨めでカッコ悪いマゾでしょう?
僕はフルチンだと思いますけどね。
セクハラするのはマゾではなく女王様側なんですよSMは…
僕も女王様からカッコつけるなと言われることがあるんですけど立場をわきまえろと言う事なんですよね。
ついつい客顔して偉そうな事を女王様の前で言う、Tバック等着衣があるのは問題ありです。
多分、多くのマゾは水戸黄門気取りで立場は本当は違うんだよなんて考えているんです。
印籠捨てて貧しい平民で仕えれば絶対楽しいと思いますけどね。
春川課長がTバック姿なのはプライド捨てきれてないんです。
[ 2021/04/29 08:35 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 まぁ僕もプライド捨てきれないくちかもしれません(>_<)

 今、ヤプーズの女王様のTwitterから見つけたツイートを、ブログ本文に追加してみましたが、SMだろうがノーマルな性行為だろうが、相手に不快感を与えてしまうのがセクハラなのだと理解しています。僕の場合、女王様にちょっとでも「イラっ」と感じさせてしまうのも含まれます。ここのところは個人差あるだろうし、お互いに胸襟を開いてプレイしていれば、それほど問題にならないのでしょう。

 ただ、僕の場合、そこまで普段できないような、やれそうもない細かい気配りで女王様と対峙するのも、僕のマゾヒズムを構成する重要な要素なのです。

 心の問題なので、フルチンでも着衣でも、状況にはあまりこだわっていないかもしれない。

 全裸の方が恥ずかしいし、マゾとしては気持ちいいんだけど、女王様の方で、マゾの汚いチ●ポなんか目にしたくない!と思ってたりすると、はやり身だしなみとして、何か履いていたほうがベターな時もあるんじゃないでしょうか。相手によるけど。

>客顔して偉そうな事を女王様の前で言う

  ↑ これこそがハラスメントでない? SMクラブでは客側のNGです。

 何か縄とかの技術的なアドバイスなどにしても、言い方というのがある(>_<)

 誠に恐れながら申し上げます」 とか 

    ↑ 武士かよオメーは (。。)☆\バキ



 




[ 2021/04/29 09:47 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2021/04/29 12:38 ] [ 編集 ]
 おお!
非公開のコメントありがとうございます。

 オフレコなので内容には言及しませんけど、僕の基本コンセプトは、ゆるくナチュラルなSMで、だからツワモノさんから見ればとても中途半端なマゾに映るでしょうし、実際その通りです。

 自虐的に「仮性マゾ」なんて称してますが、少し補足すると、地球環境以上に女王様にやさしいエコマゾなのです(エゴマゾでもある)

 この、いかにも胡散臭くて意味不明なマゾヒズムに、理解は得られなくとも、少しでも腰の引けた共感が頂ける女王様としかプレイ出来ないし、これまでもプレイしてこなかった。
 
 でも、セーフワードは取り決めしてます。
特に10年前に緊縛関係でちょっとした麻痺が残って青ざめたことがあったので、それ以来、どんなに安心安全パイの女王様でも、毎回プレイ前に確認してる。それを使ったことは、今のところないですが・・・

 考え方も含めてSMのプレイスタイルは人それぞれ、十人十色で、その多様性の中から、お互いに納得できる「特異点」を見つけることが出来れば、欲望のブラックホールに吸い込まれて、無限の満足感が得られるのではないでしょうか。

 満足度に限度はないようなものですから、「今回はこれでいいや!」と僕は自分自身に納得させてるような気がします。

 どこに特異点を見いだすかによると思いますが、みんなちがって、みんないい!と思います。



[ 2021/04/29 19:13 ] [ 編集 ]
ホーマーさんの言うとおりです
みんな違っていて良いしSもMも嗜好、ソフト、ハードそれぞれです。例えばの自身の話しですので気になさらないでください。
僕はこれしか知らないのです。
それから中途半端なんて思っていません。色々情報発信してくれて頼りにしてます。
失礼な事書いていたらごめんなさいね。
[ 2021/04/29 19:29 ] [ 編集 ]
 おお! コメントありがとうございます。

>僕はこれしか知らないのです。

 いや〜、↑ これこそ僕が言いたい台詞です。

 自分のマゾヒズムに(中途半端に)嫌気がさしていた若い頃、閉じた狭い世界に引きこもっていました。

 ある意味で精神的なユートピアを求めてSMに逃避したようなもので、自分ではかなり病的だと想ってます。

 それを自覚してるだけマシだと、あえて自分を納得させてます。

 本来シェアできないネジレた気持ちを野放しにしているようなこの拙ブログに、真っすぐすぎる直球のコメントを頂きまして少し驚きましたが、光栄に想っております。

 みんなちがって、みんないいんだけど、どこかで似た者同士でもあるマゾヒスムの人たち。

 ヘンタイマゾ同士で、仲良くするのは、なんとなく気持ちわるい気もしますが、ほどほどの距離感で、寄り添わないまでも、情報交換、交流ぐらいはして逝ければ、老後の楽しみぐらいにはなるのではないでしょうか・・・??

 
[ 2021/05/01 16:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ