fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

哀しき玩具 

俺の女王様_タグアップ

 前にも話したように、俺の女王様は米国人ジャーナリストで、リベラルなプロ女王様を、趣味と実益をかねて、副業でやっている。

 彼女は俺を奴隷にし、俺のペニスを私物化しようとしていた。

「Now this is my toy!」(今からコレは私の玩具よ!)と彼女は言った。

 You are not allowed to touch this without my permission.
 (「貴方は私の許可なくコレに手を触れてはなりません!」)


 そう言って俺の女王様は「取扱注意」のタグを取り付け、俺のペニスを観察した。

 恥ずかしい話だが、俺のペニスは仮性包茎で、勃起していない時は皮をかむっている。

 恥ずかしそうに亀頭を隠しているのだ。(>_<)

 彼女はじっくりと見てから、

 なんだかこのオモチャ、元気なさそうネ

 しおれて、頭が隠れて見えないわ。恥ずかしがり屋さんなのかしら?

 私がこうして、足で皮を剥いて、むき出しにしてあげる。 



我慢汁これだけ?

 俺の女王様は、皮で隠れた亀頭の先っぽをハイヒールので踏みつけながら、下の方にずりさげた(>_<)

 あぁぁ...

 私の所有物となったからには、もっとかっこよくしないとネ、うふふ。

 貴方のホーケーを私が治してあげます。

 あら? 涙が出ているみたい。 痛いの? うふふ、嬉し涙よね?



 うう... オ、俺は悲しかった。

 たとえ興奮していても、俺のソレは、それほど大きくならないから

 俺は仮性包茎で、短小で、早漏という三重苦に蝕まれていた・・・











関連記事
[ 2023/01/03 07:22 ] 俺の女王様 | トラックバック(-) | CM(1)
素晴らしいですね。homer さんの場合、妄想、願望での体験談話のようでいて、実話のようなダイアローグに胸が揺さぶられました。詩情溢れる言葉責めも、お相手の女王様と心が通じ合っていらっしゃるからこそですね!羨ましいです。
[ 2023/01/27 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング