fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

深いブログを楽しみながら・・・ 

tomomi_Img.jpg
 
 僕が長年愛読している、「深い流れにとまどいながら...」も、随分と長い歴史を持つ老舗のM男系ブログになります。

 毎回、ダイアローグと画像を楽しみに拝見しておりますが、この画像が胸に突き刺さりました。

 もし僕がSardaxに、女王様に捧げるツーショットの肖像画を依頼するとしたらば、tomomiさん作成のこの画像を見せて「こんな感じでオナシャス!」てな感じで依頼するんだ!

 (もっと丁寧な言葉使いにするのは言うまでもない)

 どこからどうみても、毎度おなじみのコラージュだと思われますが、そう言いつつ合成とは思えないほど自然に仕上がっていて、コレ凄いですよ。神ってるって。

 男性の頭部をアソコにここまで巧みにはめ込む技術は、さてはTomomi氏、並大抵のフォトショッパーではあるまい。

 僕も昔のバージョンのAdobe Photoshopでキャプションの合成ぐらいしかやってませんが、弟子にして下さい tomomiパイセン(>_<)

 近年稀にみるFem-Dom Photo コラージュの最高傑作だと思います。
 
 室内や家具の配置、後方の画中画にしても、上品で優雅で、素晴らしい。

 この画面構成のセンスは、光と影の画家・フェルメールと同等か、それ以上でしょう。

 日本人の洋画家で言えば黒田清輝とか、tomomi パイセンは外光派の画風を研究されていらしゃるのでしょうか。

 絵画的な美しさもさることながら、全裸で正坐してのご奉仕が、「粋」というか、日本人の伝統的な価値観と美意識が Fem-Dom Artと見事に融合して、世界に通用する素晴らしいインパクトを感じます。

 かなり乱暴な言い方すると「わび・さび」ですな。

 このようなところも、Sardax氏にアピールできそうな構成になってます。

 僕のブログがモノローグ形式の自己主張が多いの対して、tomomi さんの場合、主に女王様との会話で構成されています。クオリティの高い言葉責めのオンパレードで、読んでいるだけでドキドキさせられるのですが、tomomi さんの実体験も反映されているのか、説得力、迫力があります。

 もしかしたら妄想や叶わぬ願望も交じっているかもしれませんが、リアリティもあって、文学的にも読み応えのある内容になっています。
 
 秋の夜長に、読書の代わりにネットでMブログを読むのも楽しいひとときなのであります。


 あぁ… 美術と文学を愛する全てのマゾヒストにおすすめの「深い」ブログ.. うぅぅ


 その名も「深い流れにとまどいながら・・・」

 こちらの記事もおすすめ→ 昔の話…(3) もしくは マゾヒズムに花束を!


 今後とも楽しみにフォローさせて頂きます!


























関連記事
[ 2022/11/18 18:04 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(2)
お世話になっています。

当方のブログ、何やらやたらアクセス数が増えていると思いきや、homerさんのブログで触れていただいていたとは感謝です。

仰る通り寄せ集め(しかも各部品著作権者無許可ですみません)のコラです。

実体験からは数年遠ざかっているため、妄想やら願望やらが満載のものになっています。自己満足のためにチマチマと画像加工しておりますが、何らか?のお役に立っているとすれば励みになります。
[ 2022/11/19 14:35 ] [ 編集 ]
おお!コメントありがとうございます。

 tomomi パイセンのコラージュは楽しいですよ。対話形式でライトノベル感覚で読めるのがいいです。
 しかし、なんといっても「自画像」的に機能している男性キャラの入れ込み方が本当に毎回素晴らしい。その入れ込み先の舞台というか背景のレイヤーがまた勉強になります。奥行きのある空間構成とパーツのレイアウトセンスなど趣味レベルを越えている。

 今度、「深流とまどい」の画像コラの技!みたいな題名で、コラ画像作り方のレッスンみたいな記事オナシャス!

 選択範囲を保存して、カット&ペーストですよね?基本の操作は。女性はキャラが一定しているように見えますけど、ボデイーパーツがたまに変わってたり、加工してパワフルになってたり見事だと思います。
 それと背景のレイヤーが美しい。少しネタばれするかもしれませんが、是非ぜひ、お願いしま〜っす。

    あぁ・・・
[ 2022/11/19 17:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング