fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

女神様の指紋 

女神様の指紋責め

 だいぶ昔ですが「神々の指紋」という、英国のグラハム・ハンコックというジャーナリストのベストセラーがありました。なかなか刺激的な内容で、ノンフィクションと言われるわりには、妄想を肥大させてくれる啓蒙的な著作で、物議を醸していたという印象が残っています。

 神様なんて本当にいるのか知らんけど、もしいたとして、その指紋については無頓着。

 だが、女神様の指紋となれば、話は別です。

 昔むかし、僕はある女王様に顔面騎乗をされながら、ペニスを弄ばれていました。

 なかなか刺激的な内容なのに、僕のそれがイマイチ反応していなかったので、彼女が、

 「ローションある方がいい? それとも、ない方がいい?」

 と健気に尋ねてくれました。

 「アタシはない方がいいな。 それに無い方が、アタシの手がよくわかるでしょ?」

 一応はオプションを投げかけても、有無を言わせない仕切り方が巧みです。

 僕は仮性包茎で、勃起していない時に亀頭は皮に覆われて守られています。

 それを剝いて、素手の指で刺激するという、僕にとっては恐ろしいことをこれからやろうとする。

 そういう合図で、僕のソレは恐怖で縮み上がってしまった (>_<)

 そんなことにはお構いなしに、女王様はペニスをコスこすと、ソフトな指さばきでしごいてくる (>_<)

 うふふ、どお? きっとアタシの指紋もわかるわよ

恐怖の指紋責め

 彼女は皮を剥いて亀頭を半分ほどムキ出しにして、親指の腹で押さえつけて、スリスリとこすっているよう...

 それもローションをつけずに (>_<)

 そんなことは自分でもやったことがないのに〜 (>_<)

紙面責めスポットライト

 うふふ。指紋があるから、こすれて気持ちいいのよねえ〜♪ 

  ああ・・・ (>_<)  そ、そんな・・・そんな、ソンナそんな、 (>_<) (>_<) (>_<)

 どうなの? なんとか言いなさいよ。それともハイヒールで踏んで欲しいのかしら?


 僕は顔面騎乗されていて、舌は彼女のアナルの中に入っており、話すことができない。

 舌の動きで返事なさい。舌を伸ばして奥まで突っ込んだらYes で、引っ込めたら No よ。

 僕は思わず舌を引っ込めた。

 あら、まぁ、ハイヒールで踏んで欲しいんだ〜

 僕は混乱して、もがきながら首を横にふってみた。すると女王様は軽くふわっと腰を浮かせてくれた。

 お、お許し下さい女王様ぁ・・・ と僕はかろうじて言えたと思ったのもつかの間、お尻はすとんと降りてきて、僕の口はまた塞がれてしまった。

 気まぐれな美しき暴君は、僕の反応で遊んでいるようだ。 それが嬉しかった。

 アタシの指の動きに合わせるように、オマエも舌を動かしなさい。

 僕は言われた通りに、ゆっくりと舌を彼女の菊門のまわりに這わせていきました・・・


 ところで、後方の壁に貼ってあるイラストにお気づきでしょうか。

 彼女はセッション前にこの絵を見てましたが、何も言わずに微笑んだだけでした。



 この女王様に僕は、特に台本を用意せずに、部屋の壁にFemDom 絵画やイラストを掲示しただけでした。
 
 気が向いたら、僕のお気に入りのイラストを参考に、プレイを進めてくれることを期待しつつ・・・

 彼女は僕のペニスをソフトに握り、ゆっくり、ゆ〜っくりと皮を剝いていき、

 完全に亀頭の表面を剥き出しにしたかと思うと、

 「チンポ剝きむき♪」とリズミカルに歌い、また元に戻すという「遊び」を、

 何度も何度も繰り返して楽しまれているよう・・・ (>_<)

ちんぽムキムキ

 女王様は僕の急所を押さえつつ、彼女にとって面白い遊び方を「発明」する。

 僕に怖いことをするようなフリはしますが、恐怖のどん底に突き落とすようなことはしません。

 顔面騎乗されて視界を遮られているので、「指紋」という言葉が、いつもとは違う意味を持って響く。

 「指紋があるから擦れて気持ちいいのよね〜♥︎」

 と、再び彼女は、独特のリズムで口遊みながら、指でこすこすと弄ぶ。

 彼女の声は限りなく優しく、僕の心に沁み込んでくる。

 女神の指紋を、感じたような気がしました。


 
■ 粋に逝きる
絶対領域を舐める本当の自分

関連記事
[ 2023/03/10 09:06 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(5)
面白い女王様ですね。信頼関係がしっかり出来上がっているからこそのプレイ内容だと思います。羨ましい。
[ 2023/03/11 13:40 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 信頼というか、力加減の調節というか、完全にお任せする醍醐味の中に、やや恐怖もあるぐらいの感じですかね。

 遊びの、楽しみ方の天才といえるのかもしれません・・・
[ 2023/03/12 15:09 ] [ 編集 ]
毎回のブログ更新楽しみにしてます。
homerさんの文章が本当に表現が素晴らしく興奮させられます。
他の方ブログもチェックしてます。古いビデオや雑誌の切り抜きを記事にしてるブロガーもいらっしゃいますがその方の決して悪口ではないですが、私はhomerさんのプレーを実際に見てる様に書いてる文章が好きです。作家で梶山さんをご存知と思いますが、homerさんの才能はもう越してますよ。
[ 2023/03/13 10:41 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 こんなに恥知らずなブログ書いているのに、(このブログで興奮する人は、あまりいないと思いますが、)褒められると嬉しいです。

 官能小説のように興奮させようと思って書いているわけではなく、昔のことを懐かしく思い出しながら、わりと淡々と書いております。

 まぁこんなもんでも、読まれて、お楽しみ頂けるのであれば幸いです。

 「こんなとこまで書いて、恥ずかしいなぁ…」という気持ちを自分では楽しんでます。

 たまたま僕とツボが似たようなところにあり、「イイネ!」と思ってくれる読者が稀に、ごく少数いらっしゃるのですが、この種のブログとか体験記というのは特殊というか、珍しいと自分では思っています。
 
 ただ、読者層も含めカミングアウトしてこないだけで、水面下に潜む不可視のマジョリティなのかもしれないという淡い期待なども、密かにしてはいたりするのカモ鴨川… (>_<)

 梶山さんって、梶山季之のことでしょうか? 失礼ながら浅学の身にして存じ上げませんでした。

 Wikiペディアで経歴だけ拝見しましたが、興味深い作家さんですね。
 
 目をひく著作はほぼ絶版に近い状況ですが、機会があれば読んでみたいです。

[ 2023/03/13 12:52 ] [ 編集 ]
コメント有り難うございました。
梶山さん今は存命してませんが多分日本でのフェチチズムそしてマゾヒズム小説第一人者だと私は思ってます。
作家さんでも想像だけでは書けない内容の小説です。梶山さんは実際にマゾヒストだったと思いますが、当時昭和40年代後半は未だSMクラブ等は東京には無く関西には1~2店あったと古い風俗雑誌記事読んだ事有ります多分大阪時代に経験したと思うます。
ではまた老人の下半身にガツンと来る体験談記載お願い致します。
[ 2023/03/13 20:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

12位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング