fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

女のくさった奴 

アイツはね、女のケツふく紙よ

 僕がこんなブログやってる奴だから、日活ロマンポルノ映画も見まくってんだろう? とか思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全くといっていいほど、見てません。

 昔は「ピンク映画」とも言ってたけど、そんなの、あまり見たいとは思ってもいなかった。
 
 僕は幼少期からマゾを自覚してはいましたが、それ以外はごくフツーの少年でした。
 
 わりとフツーの映画、邦画しか見てないですね。

 あの有名な「エマニエル夫人」も、当時はミーハー的に見てみたいとは思ったぐらいで、ダスティン・ホフマンの「卒業」の方がグッと来ましたね(←もしかして死語?)
 
 とにかく映画もAVも昔はM男ものはなくて、日活ロマン全盛時代では、ノーマル・エロ作品を、M男目線で疑似的に置き換えて自分で代替的に埋め合わせるしかなかったのです。

 例えば「セーラー服と機関銃」という映画がありましたが、無理矢理に自分のイマジネーションで薬師丸ひろ子に女王様になってもらう。機関銃の代わりに鞭を持ってもらったり。

 「バタアシ金魚」という作品に、こういう台詞があります。

「アイツはね、女のくさった奴のケツふく紙よ」

 この作品は全然フツーのラブコメの傑作だと思いますが、微妙なエロスが薫ります。

 ここの台詞を僕は、無意識に次のように記憶してました。

 「アイツはね、女のケツふく紙よ」

 この当時のヒロインの高岡早紀ちゃんのお尻をふく紙になりたい症候群です。

 それにしましても、女のくさった奴なんて表現は、昨今、コレどうなんでしょう?

 女性蔑視というか、差別用語で問題あるばかりでなく、FemDom 精神からも公俗良序に反しませんか?

 男性を形容するコトバとして女王様が使用する分には、OKというか、セーフになるのでしょうか・・・

 この作品はコミックの映画化ですが、脚本がいい。

 もしかしたら漫画の吹き出しもそうなのか、言葉責めに使えそうな生き生きとした表現のヒントがいっぱい。

 例えば、女王様から責め女目線で「今トキメイタでしょ?」なんて言われたりしたら、もう、タマリマセン〜て (>_<)

 高岡早紀ちゃんは、あどけない顔して結構S女ボイスで決まる女優さんでした。

 「オロカモノ」 とか、言われてみたいです。

 こっそりと、萌え〜てました。

高岡早紀ちゃん

 昭和は遠くなりにけり・・・平成生まれの読者の皆さんには、わかりにくいかもしれません...

 エロでも、ポルノでもない、もちろんSMでもない混沌としたファンタジーが、昭和の時代には熟成されていたような気がします。

 最近は、キャパの大きい劇場で映画を観る機会がなくなりました。

 大画面のドルビーサラウンド環境で、BDSM動画を観てみたい気もしますね。

 



■ ロマン・ポランスキー監督「毛皮のヴィーナス」





関連記事
[ 2023/04/17 19:31 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(6)
「女の腐ったやつ」と、子どもの頃男女問わず言われたことが何度かありましたので一瞬自分のことかとぎょっとしました。

くやしいと言うより不思議でした。この「の」は文法的にはどんな意味だろうと。(主格か同格か)
それから、「男の腐ったやつ」というのはありませんから、女性が自ら自分の性を侮蔑するようなことばを口にすることになると思ったからです。
でもそれ以上に、「女の」と言われることで自分の「男性」を剥奪された(去勢に近いかも)ような感覚にそそられました。

小学生がったか『女子学園やばい卒業』という映画のポスターに、セーラー服の(女子高生には見えない)女子生徒が四つん這いのアチラ系の男の背に馬乗りになっているのを見てときめいたことがありました。
映画自体は成人してからTVで見ましたがそんなシーンはなくがっかりしました。フツーの男のスケベ心を満たす程度の物だったかもしれません。

最近暴力的な女性が出てくるのを見ましたが、ちっともときめきませんでした。
[ 2023/04/19 10:48 ] [ 編集 ]
おお! つるさんコメントありがとうございます。

そもそもあまりいい表現ではないのに、大人もこどもも、男女問わずやたら使いたがる、使用頻度の高い言葉でしたよね。

『女子学園やばい卒業』ぐぐったら出て来ました。ウイキにも乗ってるから、まあまあな映画なのでしょうが知りませんでした。
 ポスターの画像も見つけたけど、萌えない。今だから萌えないけど、小学生の時だったらときめいたかも鴨川〜

 つるさんも独特の感受性をお持ちのようで、ときめくツボが狭くて深いですよね。

 
[ 2023/04/19 12:36 ] [ 編集 ]
たしかに、今でさえもAV等M男ものは少なくて、ノーマル・エロ作品を、M男目線で置き換える必要がありますね。

私はS男目線のビデオ等を利用していました。いや、現在もしています。
例えば、女囚拷問等を見て、自らが女囚となって、三角木馬や、駿河問いで責められるのを妄想していました。いや、現在もしています。
女子校生レイプ物を見て、犯される自分を想像するのです。
後日、ペニバンで女王様に犯してもらい、中野クイーンでは、実際に駿河問いをしてもらいました(これは本当に苦しい)
女性が被虐される作品は数が多いので、選択肢が多くて助かります。
大変なのは、画面の男性を脳内から削除する事です。
あまり行いませんが、女装して責めて貰うのも良いでしょう。

な、なんか、とんでもない事をサラリと書いてるな、オレ。
[ 2023/04/19 15:14 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 やっぱり皆さん、苦労されてらっしゃるんですね。
マイノリティの宿命でしょう。

 まぁ、昔に比べたら、もうマイノリティとは言えないのかなとも思いますが、

>女性が被虐される作品は数が多いので、選択肢が多くて助かります。

 ↑
 現状でもこれは言えるでしょう。
つまり「S男M女」ものはヘンタイではなくノーマル。
 
 女囚拷問は江戸時代からありますもんね。
 あれで興奮できるなんて異常だと思ってました。
(でも、なぜか興奮は出来たりする・・・)

 昔の見たSM雑誌で、全裸で緊縛された女性を酒の肴に晩酌するオヤヂの絵があって、
自分が全裸で縛られて、女王様がそれを眺めながらワインを飲むの図を想像したりしました。

 しかし、おっしゃるように、「晩酌するオヤヂ」のイメージを脳内から削除するのには、苦労するというか手こずりましたよ。

 一方で、辱めを受けて哀しそうな表情をする女性の顔にも、別脳がうっとりしてしまうというM男の奈落も体験しました。なんかトンデモナイことをサラリと書いてしまいましたが・・・

 氾濫する「S男M女」ものコンテンツに、M男の脳が改変・洗脳されることもあるんだと思います。

[ 2023/04/19 16:25 ] [ 編集 ]
いまだに「S女M男」動画で、結局最後は男性(本来M男)が女性(本来S)とSEXする展開となることが多く、がっかりします。責めや自慰での射精はあっても、S女(女王様)の膣にM男(奴隷)のペニスが入るなんて・・・ありえません。
[ 2023/04/19 20:17 ] [ 編集 ]
 おお! 確かにどらねこさんのおっしゃるとおり、それまでいい感じの展開だったのに、最後の最後で「挿入」があると、萎える。金返せ!と言いたくなる(無料動画でも)

 そこらへんはまだマイノリティなのかもしれません。つまり、そうでない人がマジョリティだから、制作サイドもそういうエンディングで商品化せざるを得ないんでしょうかね。

 正直、女王様のよがり顔も見たくないのですが(見たくても能力的に出来ないけど)、奉仕している時に女王様から「感じないわよ! もっと舌を伸ばして!」と言われた時はハッスル(←もしかして死語?)しちゃいましたけどね・・・

 舌で感じさせるか、ペニスかの違いで、本質的には微妙に同じ? いや違うか?

 ま、女王様のご希望であり、お楽しみ頂けるなら、よしとすべきでしょうか・・・(>_<)




[ 2023/04/20 09:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

7位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング