fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

ガーター騎士団 



 唐突ですがガーター・ベルトが好きです。

 ガーターベルト・フェチは、英国に起源を発する由緒正しいフェチで、詳しくは騎士団の誕生と『貴婦人の靴下止め』伝説をご覧下さい。

 僕の場合もっと厳密に言うなら、ベルトそのものよりも、パンティとストッキングとベルトで囲まれたあの三角形(?)の部分で、いわゆる「魅惑のデルタ地帯」とも呼ばれる領域にたまらなく惹かれるのですが、なにか間違ってますでしょうか?

(必ずしも三角形になるわけではないですが、そんな細かいことはいいでしょう)

 パンティやストッキング・フェチ、あるいはハイヒールフェチと違い、あの小さくてとらえどころのない「ガーターベルト」を物神的に崇拝することは出来ないのです。

 (好きだけど ^^)

 下着や靴の場合は、かぶったり頬擦りして楽しめますが、ガーターベルトは匂いもあまりしませんし、手にとって眺めていてもなんだかワビシい。

 それ 単体 ではあまり意味がない。

 上にパンティと下にストッキング(または網タイツ)のコンビネーションでなければ、ちっともセクスィー(セクシーではなく、セクスィー)に感じられません。

 やはり 

  ムチむちぃ~
 

 と、ベルトのプレッシャーでもりあがった内股の、ふっくらとして血色のよい健康的な

 あの部分」

   を舐めてみたいと思いませんか?



「太ももはガーターベルトの賜物」

 ギリシア時代の歴史家ヘロドトスの名言の意味は

 下着もいいけど身体もね!

 ということだったのです。

 従来から下着と素肌の間には不可侵の叙情的なエリアがあることが指摘されておりましたが、そこにベルトのように際立ったアクチュアリティが介在することによって醸し出される微妙グラデーションが、さらなる官能の深みを鮮やかにもたらすのです。

 フェチの対象としては座標が曖昧で、これまであまり注目されてこなかった領域でした。

 さて、そんな「ガーターベルト」フェチの僕がこんなコミックを見逃すわけがありません!

 「丸の内ガーター騎士団」



 「セイギの扉」の山口譲司がまたやってくれました。

一般誌でここまでフェティッシュで Femdom な作品はやはり目立ちます。



 現在発売中のビジネスジャンプ増刊号 「BJ魂・ビージャンこん(6月1日号)」にてセクスィーに新登場。

      Check it out !



【関連エントリー】

Behive ハレンチ学園 Sです、あなたは?> お元気クリニック 麗羅(三山のぼる)









関連記事
[ 2009/05/12 20:21 ] BdSmマンガ夜話 | トラックバック(-) | CM(2)
お久しぶりです。
ガーター騎士団、大ウケです。
個人的にその三角地帯は萌えモエです。
フィギュアの題材に使わせていただきたいと思います。
[ 2009/05/13 19:05 ] [ 編集 ]
ガーターベルト、特にデルタ地帯をテーマにしたフィギュアは、売上げ伸びるんではないでしょうか ^^ あれば買うのに~という潜在的な市場を刺激して景気も良くなると思われます。給付金も出ることですし頑張って下さい!!
[ 2009/05/14 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング