FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

身体も心もボクのもの 

身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~
(2009/05/18)
三葉

商品詳細を見る


 先日 モード・エ・バロックにおじゃました時に、「こんな本があるんだネ」とみづき桃香さんから手渡されたのがコレ。「おお!」と感動し、マニアックな稀少本だと思いデジカメで表紙を撮影させてもらいました。ところが翌日、新宿の紀伊国屋書店で堂々と新刊コーナーに平積みされていたのをみてまたまた感動!

050

051_s

 SMの敷居が低くなったとはいえ、こういう本が一般書籍と同じ目線で並ぶのに違和感を覚えるのは、もう歳なのだろうか。SM雑誌などの企画ページではなく、普通の単行本です。ハウツーものであります。「はじめてのSMガイド」というサブタイトルからも明らかなように、SMをよくわかってない人、特に若いカップル向けに書かれたこの本は、きわめて真面目で誠実な内容。初心者をしっかりと導いてくれるのは間違いないでしょう。

 良書というのは目次を見ただけで内容が把握でき、「わかったような気」になれるもの。
(本当にわかるかどうかは別にして・・・)

ちょこっと目次を紹介します。

第1章 SMってどんなもの?

  1-1 どうしてSMなの?
  1-2 SMってどういうもの?
     コラム:SMの種類
  1-3 SMって普通のコト!?
     コラム:S世間のSM認識
  1-4 SMは愛 
     コラム:プレイの責任はSにあり)

第2章 パートナーを見つけよう

 2-1 彼女とSMプレイをしよう
 2-2 SMの危険性とリスク 
 2-3 トホホなSM
 2-4 SMだけの相手を見つけよう
 2-5 会員制SMクラブ
 2-6 SMプレイをさせてもらう説得の方法

なかなか良さげでしょ? 以下、第3章からはソフトからハードまで、実践的なノウハウがビギナーにわかりやすく図解入りで紹介されていく。ざっくばらんに言えばS男性向け。言葉をかえれば「M女の見つけ方」とか、「調教入門」と言えなくもないのだけれども、M男的にも参考にはなる。SMの本質にも触れた読み応えのある構成になっていた。「SMプレイをさせてもらう説得の方法」なんていう涙ぐましいタイトルには思わず吹き出してしまったけれど。

M字開脚_s

 本の中身は素晴らしいし、文句をつける筋合いではないのだけれど、こんな本を読まないと出来ないんだったら、SMプレイはやらない方が身のためかもしれない、などとも思った。

 ちょっと気晴らしに陶芸でも初めてみようか。今度の日曜は手打ちソバでも自分でやってみるか。その前に入門編の書籍を買おう。そんな安易な気持ちでSMって、やっていいものなの?

 いいのかもしれない

 リスクヘッジのための、安全にプレイを行うための最低限の基礎知識はこの本で習得できる。しかし、安全であればあるほど、危険が全くないというレベルのSMは、なんとなくツマラナイようにも感じられる。もちろん好き好んで危ない思いはしたくない。だけど、命を落とすとまではいかなくても、下手すると怪我ぐらいはするだろうな、という覚悟は必要なんじゃないか? 

 実際鞭で打たれたら、跡が残る。これはある意味で傷であり、「怪我」なのだ。やっぱ痛いからやめとこ。そんな中途半端な気分でやるんじゃない!

 傷も跡も残らないソフトな鞭打ちで、雰囲気だけ楽しむSMも「あり」だろう。実際それで「ほぼ満足」という人がいてもいい。おままごとみたいなSMプレイを恋人同士で楽しんで下さい。

 しかし、心底崇拝できるような女王様から、跡が残るほど打たれる激痛に耐えるという醍醐味も、SMの魅力の一つではないのだろうか。

 はたして、そこまで相手にやらせることが出来るのか。また相手もそこまですることに全くのためらいがないのか。どこまでが許されるのか。「調教」と「虐待」のラインはどこで引かれるべきなのか。

 SMプレイにおける両者の「合意」とは、いったい何なのか?

 SMには様々な形態があり、相手により、また同じ相手でも時と場合により変わってくる。定義は不可能だし、無意味だとさえ言える。万人に共通のハウツー的なスキルはあっても、真のSMは自分にしか理解しえない。

 崇拝する喜びとか、羞恥心を味わうとか、人にいくら説明しても、肝心な部分がわかってらえる気がしない。ある程度は伝わっても、本当の核心的なところは、自分にだってよくわかっていないのだから。

 僕はいつも自分自身に問うている。

「それのいったい、ドコがいいわけ?」 と。

 明快な解答を、いまだにだせていない。



 いいものはいいんだよネ。





            (* ̄▽ ̄)ニヤリ




お読み頂きましてありがとうございます。

お帰りかはこちらからどうぞ!




















 

関連記事
[ 2009/07/25 20:39 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(2)
僕も買いました♪

僕らだってSMスナイパーや小説なんかで興味を持ち、読みながら実践まで。

休刊や名作は過去のものばかりで入手やの昨今、こういうところから今の人たちがスタートするのも時代かなと。
[ 2009/07/27 17:07 ] [ 編集 ]
どうもお世話になっております。

SSさん、今さらって感じですね。ま、僕も半分ひやかしみたいな気分で読んで、見直したわけですが。

 まあ、こうしたハウツー本のたぐいを実際に手引きとして実践してる人って、SMに限らず少ないんじゃないかと思うのですがねえ、どうなんでしょうか。


[ 2009/07/28 00:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ