FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

春川ナミオの芸術 

人間便器フェアー_1s

 春川ナミオの描く世界を、他者と共有するのは難しいのかもしれない。ルノワールの絵のように誰かと一緒に観賞するのは気が引けるし、こっそり自室で見るのだってウシロメタイものがある。

 いつでもどこでも、誰とでも談笑できるタイプの絵ではない。一般的な目線からは「おぞましい」とかいう形容詞があてはまるのだろうか。

人間便器フェアー_2s

 しかしよく見ると、茶目っ気とでもいうのか、そのような罪悪感から解放してくれる粋な仕掛けも用意されている。

名コピーライターとしての春川ナミオ

 その一つが作品に登場するテクスト(文字まわり)だ。タイトルは雑誌の編集者によって勝手につけられることもあるらしいが、絵の中にレイアウトされているキャプションは春川自身によるものである。

 ここで紹介している「人間便器フェアー」というシリーズは、いかにも伊勢丹とか

幕張メッセで行われそうなイベントとして違和感がない。

「人間便器」という言葉はおぞましいが、それに「フェア」がつけたされることによって、人間便器という表現が本来持つ概念体系が脱構築されていく。

人間便器フェアー_3s

 「試便コーナー」「My便器」などというエクリチュールは、現実の世界ではお目にかかれることはあるまいが、不思議な説得力がある。内容の創造性と相まって特異な知覚意識を生み出すのである。

あなたの排泄物を栄養源として生きる便器に優越感と究極の愛を感じとって下さい

 このようなコピーに春川のメッセージがユーモラスに表現されている。「家畜人ヤプー」ほどの深刻な諧謔性があまり感じられないところも親しみやすい。スカトロとはまた意味が異なるが、好きな女性が「マイ便器」として自分を扱ってくれることをつい願ってしまいそうだ。普通なら絶対に思うはずもない「人間便器願望」が自然と沸き上がる。

 ある意味では危険な作品だ。その禁断の魅力に抗うことは非常に困難である。

人間便器フェアー_4s

 異性の糞尿を崇慕する精神性は我が国においてそれほど珍しいものではない。古くは「今昔物語」や「十訓抄」などで、近代文学でも芥川龍之介が「好色」で高貴な女性の便器の中のものを舐めたりする描写を中世文学から換骨奪胎している。それらは特定の、とりわけ貴族社会や上流階級にのみ伝わるシニフィアンであったのだが、春川は戦後の高度経済成長期において、一般大衆にもわかりやすく脱構築して見せたのであった。

 春川作品がその種のマニアにだけでなく、広くノーマルな人々にも共感を与えてきたのはそのためだろう。


   どうでもいいか、そんなコト。



■ 春川ナミオの絵について・団鬼六

■ 春川ナミオのマニアックなサイト



■ 顔面騎乗に市民権を与えた男

■ 試験に出る春川ナミオ

■春川ナミオのデジタルリマスター作品

■ 顔面騎乗の形而上学

■ 春川ナミオ氏と会う!
春川ナミオと
  憧れの巨匠とついにご対面!













関連記事
[ 2009/08/15 23:56 ] 試験に出るSM | トラックバック(-) | CM(3)
>異性の糞尿を崇慕する精神性

私は集団糞尿便器プレイには憧れはありますが、実は糞尿を崇拝する愛好家ではありません。

ヤプーズビデオの様に拉致監禁され、便器に拘束され強制的に喰わされる無理矢理感がないとダメなのです。

理性をも棄てされるシチュエーションじゃないと私が以前クラブで結構した集団聖水黄金プレイの様に、たった二人目で情けなくギブアップしてしまいます(苦笑)

私があそこで望んでいたのは、三人目の一番タイプだった女王様の黄金を飲み込めず吐き出した時も、笑って許すのでは無く元々プレイ開始の時から完全拘束されていた私を、激しく怒り鞭打たれ開口器など装着され、更に無理矢理喰わされたかったです。

逆にどんなに私のタイプで精神的にも崇拝出来る様な女性の黄金であっても、拘束&無理矢理感がないと理性が勝ち食べられる気がしません(現にそうでした)

実はあの春川ナミオ作品の便器の画に憧れたのも、作品をよく見ると便座や便器にロープや鎖で拘束されている無理矢理感と、便器フェアーなどの男側からは黄金を喰わされる女性を絶対選べない、公衆便所的な要素が必ず表現されていたからです。

私が最初に見て今でも脳裏に残っている春川ナミオの便器作品は、一人の男子生徒が学校の女子トイレの和式便座の中に頭を仰向けに入れられ、両手足を麻縄で水道パイプに拘束され、そこにスケバン風の女生徒が腰を下ろし、黄金を喰わしていてそれをドアの隙間から、他のあたかも順番待ちしている様な女生徒数人が意地悪い表情で眺めている画でした。

もし最初に見た春川ナミオ氏の画が、一人の崇拝する女王(女主人)の黄金を、何の拘束もなく有り難く頂いている様な作品だったとしたら、その時点では私も人間便器には嵌まらなかったと思います。

私は鞭にしても顔面騎乗にしても人間便器にしても、ロープ(拘束)一つあるとないとでは全く違う、もしかしたら反抗マゾなのかも知れませんね(笑)

またまた長コメントすみませんでした。
[ 2009/08/15 11:51 ] [ 編集 ]

 一つ前のコメントにレスしてないにも関わらず、続投ありがとうございます。

「反抗マゾ」という表現は面白いですね。確かに、現実的に考えてみるとある程度の強制力が必要なのかもしれません。春川作品でも好んで拘束されている状況が描かれています。

 絵的に拘束があるのは好きなのですが、例え手足が自由でも、精神的に絶対服従できるような相手にだったら、自ら望んで頂けるようなとこまで追い込まれてみたい気がします。

 だから僕も優作さんと同じで、自発的に食べたいとは、どうしても思えないけど、食べたいと思えるような女王様が現れて、僕に食べさせたいと彼女が思えば、命令に服従する形で食べられるようになるよう調教されたいとは心の奥で願っているのかもしません。

 一方で、ヤプーズマーケットの世界は、ファンタジーとしての憧れはあるのだけど、現実的にはどうか。理想のお相手だったらという条件で、その無理矢理感を受け入れることは可能かと思います。

 なんだかんだ、やかましくてすみません^^  結局エゴマゾ野郎のたわごとですわ。

 カテゴリーは「つぶやき」でははく「たわごと」にすべきでしたかね。


[ 2009/08/15 12:12 ] [ 編集 ]
いゃいゃ私も充分 エゴマゾです(笑)

これからも楽しく読ませて頂きます。
[ 2009/08/15 16:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

24位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ