fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

鬼頭暁 

鬼頭暁_クンニm

 この歳になってくると、昔のSM雑誌に郷愁感を抱きつつページをめくることが多くなりました。「あ~コレ好きだったんだよな~」などと胸をときめかしていた作品のいくつかをご紹介しましょう。

 まずは鬼頭暁。この人の画風には日本に古くからある「責め絵」や「縛り絵」の伝統が忠実に再現されており、小妻要ほどではありませんが、伊藤晴雨の流れに繋がるものがあるような気がします。もっぱらS男性を対象にした小説の挿し絵などでお目にかかっていました。

 しかしそれは男性マゾヒズムを主題とする作品が少なかったからで、鬼頭暁には Fem-dom系のテイストに独特の魅力を感じます。M男性というより、普通の男が強制的にM的状況に追い込まれるという設定が多く、必然的に男が縛られる図になってしまうのですが、安易に「緊縛イラスト」というネーミングで呼ぶのがはためらわれるような格調の高さを感じます。

鬼頭暁_聖水m

 カラーの口絵などで見られる色彩感覚が印象的で、女性の肌やストッキングなどの質感も木目が細かく、その繊細な描画には独特のエロティシズムが放出されています。

尻の下の天国

 また、こっけいなほど哀れなマゾ男の姿も描かれ、作者にもおそらくあったであろう被虐趣味が共感を呼びます。


 1973年(昭和48年)のSMキング12月号に、鬼頭暁のインタビュー記事が、この種のもとしては珍しく顔写真入りで掲載されています。奥さんの姿もちょっとだけ見ることが出来ますが、恐妻家であることを告白されていました。

インタビュー_1



【関連エントリー】

SMのクオリア


















関連記事
[ 2009/09/18 20:40 ] マゾロポリタン美術館 | トラックバック(-) | CM(1)
そうですね。このような作品を前によく見た記憶があります。30年も昔はクラブの存在は東京にしかなかったから、地方から出かける勇気もなく雑誌を読むしかなかっです。東京でも今ほど大勢のミストレスがいる店もなく、電話すると「入学試験を受けるのに上京するのが当たり前でしょ!」と厳しい口調でドミナが話されます。電話をした地点で凜とした女王様がいるのですが、こちらは 声も震えながら何も言えなかった覚えがあります。今は全国の大都市には必ずあるようになり、ビデオも様々な会社があるようで市民権を得たのでしょうが、私はマゾなんて恥ずかしさでいっぱいでした
[ 2009/09/19 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング