FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

戦争と平和 

facesitters_1

 僕は争いごとを好みません。などと書くと 平和運動 の話か?とも思われそうですが、それとも多少は関連もするのかもしれませんが、

個人的なものも含めてあらゆる対立が基本的に嫌い なのです。

 人のケンカもみたくありません。

 したがって、コンフリクトを避けるために必然的に自分を抑えることになります。不満はあってもそれを口にせず、相手の言う事に反発はしない。

 こういう態度を英語では

 submissive 【形】 服従的な、従順な 

と言い、しばしばマゾヒズムとの関連で語られることもあります。

facesitters_2



 欧米ではSMとほとんど同義的に用いられる D/s (Dominance & submission)の「s」はこれの頭文字です。

 ちなみに D を大文字で、エスを小文字で表すのは慣例になっており、subの慎ましい態度の現れだとか。

 submissive な人の中には、仕方なく自分を抑えたり、不本意ながらそうしている人もいますが、好きでそうしている人もいます。相手を立てて満足させることに喜びを見いだす。そのためには自分の気持ちや要求を犠牲にできる。そういう献身的な態度がエスカレートしていけば、マゾヒスティックな感性にも結びついて不思議はない。もちろん普段から支配的で押しの強いタイプが、夜のベッドの上でだけ submissive になる場合もあるでしょう。
(ちなみに恐妻家のことを「submissive husband」と言います)

  一般的に男性が支配的で、女性が服従的といった因習的偏見がまかり通っているため、これを逆転する構図が倒錯的だと言われます。

facesitters_3


 「男のくせに女々しいこと言うな」なんていうフレーズは今でもたまに聞きます。僕に絶対に言えない台詞ですが、「女のくせにナマイキだ」なんてのもよく耳にします。そういうことを言っている男のほうがたいてい生意気だったりするんだけど。

 僕は、男性が女性に服従するとか、女性に支配されることで満足を得るのが倒錯だとは思いません。

 もちろん、女性のマゾヒズムについても同様のことが言えると思います。

 男女を問わず相手のいいなりになったり自分の主張が通らないことが続くと、たいていの人ならストレスがたまるでしょう。そのストレスの量と、相手と対立関係を引き起こしてまで自分の主張を通すストレスの量を比較してみてください。

facesitters_4


 まっこうから対立して相手を打ち負かし、両者ともに消耗して得られる満足よりも、自分が譲歩することによって相手に与える快感と己の自虐的な満足感を得る方が、よっぽど省エネだし健全だとも思えるのです。

(その反対に、相手を打ち負かして屈服させることに喜びを見いだす場合もありますが、これはこれでエネルギーがいります。SMのセッションは両者合意が原則なので、本来的にはあまり疲れたりしません)

 僕は性格的に内向的でリーダーシップをとるようなタイプではありませんが、実際には職場や人間関係によって、時には支配的になったり、場を仕切ったりとかいう状況はよくあるし、避けて通れません。そのへんは臨機応変にバランスをとってやっています。

 もっと正直に言うと「支配的に振る舞う」ことを不本意ながらしているわけで、これはこれでストレスがたまる....

 アメリカの心理学者Michael Babyakによると、

支配的な男は、服従的な男より平均寿命が短いということです。

 早死にしているというレポートすらありました。

 支配的であるより服従的であるほうがストレスの少ない健康的な生活ができるという報告がこの研究ではされていました。

 支配的な人は、常に自分が正しいと信じ、目的のために手段を選ばないような人です。

 服従的な人は、自分の未熟さを認めることが出来る人で、本当はこういう人に首相とか大統領になって欲しいです。

facesitters_6


 従順であることは、それが屈辱であり受け入れがたいという人には苦痛かもしれません。しかし服従することにポジティブな満足感を見いだせる人は、相手や状況を理性的に判断し、平和を好むタイプです。そしてそういう資質は特に異常とか倒錯というものでもなく、一人の人間の属性として認められてもいいのではないかと思っています。

 性的な倒錯としてのマゾヒズムにしても、「変な性癖」としてその人のユニークな個性として認める寛容さが、あってもいい。

 健全なマゾヒズム とまで言うつもりはないですが、「鞭で打たれたい」とか「お馬さんになりたい」だけがマゾヒズムではありません。

 ただ一番大切なことは、きれいな女性に出会ったら、すぐにも顔面騎乗をしてもらいたいことなのです。

facesitter_7


 これを言うと(本当に言ったことはない)、「あんたは顔面騎乗が好きなだけで、マゾじゃないよ」と言われてしまいます。

 顔面騎乗はエゴマゾの典型で、スケベな変態だけが好むSM的には邪道な世界なのだという。

 これはユダヤ人や黒人が長年にわたって差別されてきたのと同じぐらい、不当な偏見です。

 戦争のない世の中を目指すのもいいのですが、まずは、とにかく今一番我々に求められていることは、


顔面騎乗という価値観を、認めることなのです。

facesitters_5

  


 どうでもいいか、そんなコト。





クリックよろしくです m(_ _)m

ランキング








関連記事
[ 2010/08/15 15:40 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(5)
>男性が支配的で、女性が服従的といった因習的偏見がまかり通っている
「女のくせにナマイキだ」なんてのもよく耳にします。そういうことを言っている男のほうがたいてい生意気だったりするんだけど。

これを言っていただけてスッとしました。
男から女には生意気と非難できて、女から男へ生意気と非難できないのはおかしいと前々からおもっていました。


>支配的な男は、服従的な男より平均寿命が短い

支配的な男性は短命でもいいから支配的でいたいので、馬の耳に念仏ですよ(笑)
[ 2010/08/15 16:51 ] [ 編集 ]
僕にとってマゾヒズムとはこれですね。
服従することでマゾヒズムを得ている自分にとって服従を求めるサディストには都合のいい存在だと思います。
そんなドミナを常に求めて積極的な行動をしているわけではないのですが、理解のあるドミナに出会えればなぁ、という気持ちはあります。プレイには関しては対応できる責めが限られてしまうのが僕の最大の弱点ですね。
[ 2010/08/16 02:10 ] [ 編集 ]
お互いの価値を認め合う心があれば、確かに争いは起こらないでしょう。
[ 2010/08/16 07:58 ] [ 編集 ]
こんにちは
あちらでは、いわゆる日本で普通に「マゾヒスト」と呼ばれている人を、サブミッシブと呼ぶことが多いように感じます。Mzsochistというと、痛みそのものを欲し、痛み、苦痛に興奮するよりヘビーな嗜好のサブミッシブといったニュアンスで使いますね。ただ、文化の違いでしょうか、「責め」よりも「支配」に関心が強く向く傾向があります。
「ゆうべ、彼を責めた」のだとしたら、アメリカだと、きっと、"Last night I dominated him"になるでしょう。
[ 2010/08/16 21:15 ] [ 編集 ]
iwanof さんは「突撃!」するタイプで、肉体派かと(勝手に)思ってましたが、意外と精神派なんですね。己のサブミシッブな面を理解してくれるドミナに出会えるといいですね。

 サブミッシブという表現は、英語の知識があれば普通に使いますが、カタカナ英語としてはいまいち馴染みがありません。「服従的/従順」だから虐められたいとか、変態という方向には行かない。でも、僕は支配されたい気持ちと、服従したい気持ちは分けて考えることもできるのではないかと思います。

 マゾヒスト、あるいはマゾヒズムという言葉の持つ温度差とでもいうのか、日本と西欧の認識の違いというのが面白いです。僕は日本人の方がストイックだと思っていましたが、一般の日本人はストイックでも、変態がらみになると西欧の人たちの方が日本人よりストイックになっているのじゃないかって気がしています。

ネホリさん、渋い! 江戸っ子ですね~。

 価値観を共有することで、コンフリクトを避けることができる。お互いの価値を認め合うことが出来なくても、どうしたら対立しないですむかを理知的に考えることができれば、人生が芸術的になる。そんなこと感じております。

[ 2010/08/18 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ