fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

乳首舐めプレイ Licking Nipple of Goddess 

淫美なご奉仕_3

 恥の多い人生を歩んできました。

 別に今さら、乳首舐めてみたいとは特に思わん。

 還暦すぎてもマザ・コンかよ! (>_<)

 ヨウジプレイとか赤ちゃんプレイなるものが、SMの世界にはあるらしいのだが、全く興味ないので、よくわからない。
 
 乳首なんかより、お尻が舐めたいよ、ワシは。


 余談ですが、1970年代は、SM雑誌の百花繚乱の時代であった。

 当時チューガク生だったワシは、毎月必ずチェックしていたのが、「SMセレクト」

 この雑誌には「拝啓クイーンローズ様」という、当時としては珍しく豪華4ページものの女王様とM男カラーグラビアが長年にわたって掲載され、それはワシの大学時代まで続くロングシリーズになっていた。

 スタジオでなく、一般の家屋や野外などを利用して撮影されたであろう様々なセッションは、陰影を巧みにいかした独特の映像美が実現され、迫力満点。

 M男がどんな目にあわされても、目をそむけたくなるような苦痛であっても、思わず惹き込まれる何かがそこにあった。

「SMセレクト」は「SMファン」と同じサイズで、書店では並んで陳列されていたものであった。

 しかし、ワシは真っ先に「SMセレクト」の女王様とマゾ男グラビアをチェックしていた。

 当時のM男差別の中、卓越した水準の写真が掲載されていた。

当時の日本では珍しい顔出しOKでトップレスの女王様
舐め舐め男_Top

 こんな昔のSM雑誌にすら、乳首舐めプレイなるものがフィーチャーされているということは、カテゴリーとしては成立していたわけじゃな。

 SMクラブでこんなコトやりたいという人は珍しいかもしれないが、ごく普通の男としても、恋愛のステージではキスよりはハードルが高い。

 だから、非常に幼ない願望のようでいて、M男的にも高度なステージに入ると思う。

 「乳首舐め」プレイ。

 女王様のバストを拝めるというのも、マゾにとっては特権的だが、普通はなかなか実現されない。

 いや、ありえないといっても過言ではあるまい。
 
 M男に舐めるのを許されているのはせいぜいハイヒールの裏底。

 頑張ってナマ足のつま先、指と指の間から、足首から膝にかけて。

 太ももや魅惑のデルタ地帯は相当のご褒美なのである。

 秘密の花園はもちろん、そこから上は禁断の領地だ。

淫美なご奉仕_Top

 などと思っているのは最近の若いM男ちゃんたちかもしれない。

 昭和のレトロSMグラビアで育ったオジさん世代のヘタレMにとっては、それほど珍しいことではなかった。

 自然にやれる時もあれば女王様のほうから「バスト圧迫責め」される場合もあった。 

胸圧迫責め

 この辺りの事情は海外でも同じようで、むしろトップレスの外国人女王様の方を昔はよく見かけた。

 要するにお相手との相性やノリ次第という面が大きい。

 女王様と仲良しになってしまえば、どこでも舐めさてくれたりする(人による)

 SMクラブでもオプションに「乳首舐め」プレイなんてのは聞いたことがないけど、あるのかな?

 (よう児プレイを希望する場合にありそうだが、僕には経験ないのでよくわからない)

M男と胸

 そうは言ってもやはり、マゾヒズムに特有の被虐嗜好には、あまり当てはまらないような気がする。

 「お前が舐めることが許されているのは、ここだけよ!」

 と、顔面騎乗されるのが、関の山。

 それはそれで、嬉しいことなのじゃ・・・


舐め舐め男_Top




奇譚クラブ  SMキング keel  

  Mエグゼクティヴ 








 







 
関連記事
[ 2022/10/11 19:16 ] 憧れの一瞬ギャラリー | トラックバック(-) | CM(7)
homreさん記事のグラビアと全く同じ体験しました。六本木某クラブのS女王様で美人で大柄で私のストライク方で相当遊ばせてもらった中で有る日いきなり女王様からプレー中乳首強く噛んで言われて、そんな経験後にも先にも初めてだったので女王様を満足させたかは分かりませでしたが、私も調子に乗り女王様に女性のオナニー見せて下さいと土下座しお願いしました所心良く応えて頂き大変貴重な体験しました。女王様は本気で逝ってくれました。かなり昔の話しですが記事を見て思い出し投稿させて頂きました。
[ 2022/10/12 18:34 ] [ 編集 ]
おお! 羨ましいコメントありがとうございます。

そりゃあ〜素晴らしい女王様ですが、あなたの人徳・キャラの成せるワザだと思います。

「オナニー見せて下さい」とは、畏れ入谷の鬼子母神。SMクラブでは、しかもM専ではありえない。
僕は言ったことないです。むしろ「僕のオナニー見て下さい」と言いたい!ですが、これも言ったことない。

しかし、レーヌ六本木 さんのコメント読んで思いましたが、こういう世界が許されるなら、「一緒にオナニー見せっこしませんか?」っていう提案も出来そうですね←できね〜 (。。)☆\バキ

まぁ、女王様と仲良しになっちゃえば、なんでもアリでしょう・・・






[ 2022/10/13 08:37 ] [ 編集 ]
 初めまして。いつも楽しみに拝読させて頂いております。
30代の地方公務員です。

 出し抜けに恐縮ですが、一つお尋ねしてよろしいでしょうか?

私は20代後半ぐらいからSMクラブに時々行くようになりました。
初対面の女王様との初めましてのプレイは仕方がないにしても、数回通っても、なかなかしっくりしないことが多いです。

 Homer様のおっしゃるような信頼関係を結ぶためには、具体的にはどのような態度、行動に気をつかえばいいのか、よくわかりません。
 もちろん、女王様に敬意を払い、紳士的に振る舞うのは当然として、みっともない姿を晒している状態で、緊張していると、なんともチグハグな言動で、粗相をやらかしているような気もします。全て自分が悪いのだとは思っておりますが、なんとかプレイ内容をよくするための知恵を拝借できないものかと思って、こちらのブログはコメント欄も含めて真剣に読んで勉強させて頂いております。

 Homer様もビギナー時代の苦労を乗り越えて、素晴らしいSMプレイを数多くご体験されていらっしゃるようにお見受けし、身勝手なお願いですが、よろしくお願いします。
[ 2022/10/13 12:18 ] [ 編集 ]
おお! コメントありがとうございます。

 藤原さんが、何を、どんなプレイを希望されているかにもよりますけれど、リピートを重ねればネンゴロになれるとは限らないのがSMクラブというか、この世界にありがちだと思います。僕の個人的な経験から言えるのは、希望した通りの内容にならないこともあるし、期待以上の時もあるしで、波はあります。相手次第、内容次第、タイミング次第だと思います。ですから、具体的には明確なお答えは致しかねますが、プレイ内容を優先せずに、信頼関係優先で、感覚的には普通の意味で仲良しになれればとりあえずよしとする。
 お安くない金額で貴重な時間を買っているんだという意識はNGとは言わないまでも、あまりよろしくない。プロ意識もプライドも高い女王様もいらっしゃいますので、難しいところです。
 テンパった時の自分をいかに制御するかは、SMに限らず人生のあらゆる場面で重要な意味を持ちます。ですから、そういう意味での模範解答は、「平常心」をいかにして維持するか・・・で、僕はそれを意識してきました(出来てね〜けど)
 30代なら、まだまだ先は長い。いいご縁が将来必ずやってくると信じて、SMを楽しんで頂きたいと思います。

[ 2022/10/13 17:59 ] [ 編集 ]
横から口出し申し訳ありません。人数は数えてませんがプレーして頂いた女王様は100人以上ですが私もしっくり行かなかった女王様多々いました。自分の責か女王様の責かは定かでは有りませが、バッチリ満足した女王様は70%何とか許せる女王様は20%プレー途中で止めたくなった女王様が10%です。他の風俗と違いクラブ遊びは何日か前に予約した時点で妄想で頭がいっぱいなり当日プレー室ドア開けた時点で頭も下半身もメーター振り切ります。それだけクラブ遊びは色々期待して行ってました。
今は事前にネット等で有る程度容姿分り予約すると思うますが、私も容姿で選び結構失敗してます。投稿者さんも何回かプレーしてるうちに自分にピッタリの女王様に会えると思います。

[ 2022/10/13 19:18 ] [ 編集 ]

 僕も数えたことないし、自分では経験豊富と思ってはおらず、不明ですが、一回ぽっきりでそれっきりの女王様を入れても、過去30年間では20人〜30人ぐらいかと思う。
 これが多いのか少ないのかわからないけど、お気に入りの女王様に5〜6年通った時期はその彼女一筋でした。
 
 一期一会や「どんなご縁で」のキャプションで紹介している画像の女王様です。

 その女王様とのセッションが、コレだ!という、最高に満足の逝くプレイ、女王様との出会いだったのですが、40代になってからだったと思う。よく覚えてないんだけど。

[ 2022/10/14 08:39 ] [ 編集 ]
乳首を舐めさせる女性って、なんであんなに慈母のような表情をするのでしょうか...最近使われる意味とは違うけど「尊い」ですね...
[ 2022/10/27 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

5位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング