FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

怖い絵 


オーストリア皇妃エリザベート
エリザベート



 この絵はわりと人気があって、昨年東京でも公開されたばかりなのでご存知の方も多いでしょう。

 現在、京都国立博物館で3月14日まで開催中ですので、お近くの方はぜひご覧になってみて下さい。

 僕にはとても思い出深いというか、ティツィアーノの「鏡に向えるヴィーナス とならんでお気に入りの絵画作品のひとつなのです。

 沼正三が「ある夢想家の手帳から」の冒頭で紹介している作品。

 初出はもちろん「奇譚クラブ」です。

 第1章「夢想のドミナ」で、マゾヒストが憧れる女性のイメージの論考が展開されますが、このエリザベートに関する言及はほとんどありません。

 ただ、さりげなく絵が掲載され、小さなキャプションの中で

「...ヨーロッパで一番美しいプリンセスといわれ、また乗馬を愛して「騎馬皇后」と称されたが暗殺された。

 コクトーは『双頭の鷲』の女王のモデルにし、

 彼女の「驕慢、艶美、激情、勇気、優雅、 宿命感」を属性として与えたと書いている...」

とだけあります。

 古今東西の芸術作品やサブカルチャーの断片を、本文に関連する「つかみ」として引き合いに出してくる沼さん得意のペダンチックな手法。

 この絵のことを知らなくても特に支障はないものの、知ってるともちろん内容理解に深みが増す仕組みです。
馬術への情熱
 エリザベートの馬術への情熱に関するエピソードを知るだけでも、なんとなくゾクゾクするものがある。

 たんに美貌に恵まれているばかりでなく、身分も高く、志も気高い。

 全てにおいてパーフェクトな女性の前ではどんな男もマゾヒストになってしまう。

 マゾは鞭や顔面騎乗を好む変態ばかりと思われがちですが(実際その通りだが)、

 純粋に高貴なる女性への憧れの気持ちもあるということを、

 日本最大のM男で「家畜人ヤプー」の著者である沼正三は主張する。

 そんな変態に紹介されては、いい迷惑だ! 

 とノーマルで健全な美術ファンは憤慨するでしょうか?

 絵が好きになるのに理由は必要ありません。眞鍋かをりを好きになってしまうのと一緒です。

 しかし、「ただ好き」なだけじゃその魅力を伝えられない。

 そのアーティストの属性や歴史、なぜ自分に強く訴えかけるものがあるのかを理解するのは、

 己の内面構造の露骨な反映であることに気づきます。

 芸術鑑賞の意義は人間の真実を知ることで、自分も深く豊かになることだと思っています。

 沼さんは自分にとっての普遍性(マゾヒズム)を通じて、その美の魅力を僕に教えてくれました。

 明日の8日(月)午後10時25分から、「怖い絵」などの著書で知られる
早稲田大学の中野京子先生(西洋文化史)がNHKの番組でこの絵を取り上げます。

 どんな切り口で解説されるのでしょうか、楽しみです。

  ◇ 知る楽 探究この世界 “怖い絵”で人間を読む 第2回「美の呪い」

 ハプスブルク帝国の美しき皇妃エリザベート。身長170センチ、体重50キロ、ウエスト50センチ。端正な顔立ちだけでなく、スーパーモデルなみのプロポーションだ。今回の「怖い絵」は、エリザベート28歳のまばゆいばかりの姿をとらえた肖像画。なぜ、この絵が「怖い」のか?そこには、エリザベートを生涯捉えた「美の呪い」がひそんでいた。

 本放送 2月8日 NHK教育午後10:25-10:50  
 再放送 2月15日 NHK教育午前5:35 -6:00




怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野 京子

商品詳細を見る






・・・  m(_ _)m

ランキング






エリザベートの別の肖像画
エリザベート2




関連記事
[ 2010/02/07 23:56 ] 美術 | トラックバック(-) | CM(4)
僕はもう一人のエリザベート=エリザベート・バートリーの方に興味があって、遠藤周作さんの本から、怪しげなエリザベート・バートリー伝まで読みあさった記憶があります。そのせいか、エリザベートという名前には、妙に敏感に反応してしまうようになってしまいました、、。
[ 2010/02/07 18:31 ] [ 編集 ]
女王様に気品と風格を持ち合わせているのを求めたくなるのは自然の要求ではないでしょうか?朝霧女王がベニスの宿で「シオラ」と呼ぶ声を聞き、言葉の意味を尋ねると古い言葉で貴婦人をさすと聞き、店の名前をシオラと名付けたと聞きます。そして彼女も学歴も美貌も備わった女王様で、店もかなりハードルを高くして面接をして、最初はベビードミナから本採用とはなりません。そのかわりに、そのような女性に調教された奴隷はマナーもしっかりとした一流の奴隷と育てられるようです。シオラの宣伝ではありませんが、女王様の資質は大切なようです
[ 2010/02/07 18:48 ] [ 編集 ]
ハプスブルグ家の血の伯爵夫人ですか。
いかにも鞭フェチM男さんの好みのタイプという感じはしますね。

松林さん、お久しぶりでした。

 僕はよくわかりませんが、あえて下品な女性に辱められたいというM男性もいらっしゃるようですよ。昔の貴族はそうした倒錯願望から侍女は娼婦に鞭打たせたりしていたのかもしれません。

 それからロリマゾにも似たようなことが言えるのかも。ガングロのJKに気品とか高貴さは感じられないけど、「それがいいんだよ!」 っていいう人いますね。
[ 2010/02/08 21:00 ] [ 編集 ]
ビデオでも、若い女の子を集めて集団暴力や集団便器を売りにしたヤップーが出た頃は浅野ナオミ女王は飛ぶ鳥を落とす勢いでした。池袋でも若い女王様の店とか、格闘専門の店。(これは男性が反撃出来ないから、一方的に殴られ蹴られ、関節技を決められるものです。だけどもリピーターとして女王様とプレイを重ねるとなると正統派の美貌と知性を備えた女王様を求めたいのですが、勿論正統派は経験も資質も必要なプロなのでしょうし、考えれば難しいですね
[ 2010/02/08 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

13位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ