fc2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

虐待は二十歳になってから 

 こういうクダラナイ文章を書いている自分は幸せ者なんだと思う。

shoes_03

 もし不幸だとしても、少なくとも同情されることはない。

  ( ↑ バカなやつだという軽蔑はあっても、それは同情ではないだろう)

shoes_01

 これまでの人生で僕は、人に同情することの方が(同情されることよりは)多かった。

 人から羨ましいと思われるほど幸福ではなかったかもしれないが、不幸でもなかった。

shoes_04

 例えば、子どもの頃、家に帰ればご飯を食べることが出来た。

shoes_07

 まぁ、一応は人並みに生きてこれたのだと思う。ヘンタイではあるにしても....

 虐待されて死んでいく子どもたちに同情している自分は、何様なのだろう?

shoes_05

 いったい、今の世の中、何が悪いというのだろうか。

 僕がヘンタイなのは、親や世の中のせいではない。



 それは誰のせいでもなく「自分のせい」である。

 そのことを知っているはずなのに、はっきりとは認めたくない自分がいる。



 僕も含めてそういう連中が、よってたかって、世の中を暗くしているような気がする。

 何かが間違っている時、自分にもその責任の一端があるかもしれないのに。



 そもそも、こういうくだらないブログを書いてること自体がけしからんわけで。

 だんだんと、そんな気になってきた。



 世の中のお母さんへひと言。

 虐待していいのは、M男にだけですから。

 


m(_ _)m

ランキング










 
関連記事
[ 2010/03/06 01:32 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(3)
SMプレイは虐められ遊びですから、恥ずかしい事や痛いことを女性にされることにたいして、素人さんに言えないから、プロのS女性に大変なお金を払ってお願いするのですが、不景気な時代に五万円ほどのお金をポンと払えるのは幸福な世界の人達だと思います。プライベートに奥さんや恋人にミストレスを持っているなら、安く遊べても(ホテル代金と道具代金)普通は秘密にしているぐらいですね。SMの刺激は再び味わってみたいと習慣的欲望が沸き上がる事です。先日のSMバーで体感した、女性客によるペニスへの蝋燭を毎日されたくなりました
[ 2010/03/06 10:58 ] [ 編集 ]
 M男が「虐待されたい」とか口で言っても、その心は「かわいがってもらいたい」という程度の場合が多いと思います。

 僕はローソクは苦手でして、ペニスにロウソクなんて絶対にダメ(>_<)
[ 2010/03/06 19:27 ] [ 編集 ]
私は、ホーマーさんが見たらびっくりのヘタレです。椅子をされると真っ赤になって泣いてますし、鞭をされると「もう勘忍してェ」と泣きます。それでも 止めようとすると「まだ止めないでください」とお願いします。蝋燭も熱い熱いと身もだえます。他のマゾさんは呆れています。無言で表情を変えずに頑張っているMさんがほとんどですから、蝋燭と鞭はセットですから、その後のペニスへの鞭打ちは鬼畜遊びですから喜ばれますょ
[ 2010/03/06 22:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





カテゴリー




 顔面騎乗に花束を!



homer 初監督作品!

ついに発売!(2010年7月)



【アンコール Top 画像】

お馬さんごっこ


月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

8位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング