FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

正しいマゾのなり方 

PU_i_am_M.jpg

 先日の「初心者M男にありがちなセリフ」という記事の反響なのでしょうか、ご相談のメールをたくさん頂きました。

 その中で興味深いものがありましたので、ご本人の了解を得た上でご紹介します。

 (ー以下原文のママ引用ー)

 はじめまして。

 ちょっと気になることがあって教えてください。

 Homerさんはどうやってマゾになったんですか?

 僕も最近からマゾになりたくて、調教を受けたいのです。

マゾを上達するには1日最低、どれくらいの時間調教を受けたらよいのですか?

また、1ヶ月に何回ぐらいSMクラブに行けばよいのでしょうか?ということです。

 よろしくお願いします。

正しいマゾになりたい初心者M男より



奴隷宣言_Top


 「正しいマゾ」というのは何だか斬新な響きがあります。

 「マゾを上達」とは、いったい彼は何が望みなのでしょう?

 このユニークでオリジナリティあふれる表現力には感動してしまう。

 そもそも何でマゾになっちゃったのか、僕のほうこそ神様にでも訊いてみたい。

 「正解なんて誰にもわかりません」と、お答えするしかなかった。

 でも、ご参考になるかどうかはわかりませんが、返信を書いたついでもあり、少し解説してみたいと思う。

 最近の若い人たちが抱えるこの種の悩み相談への明快なお答えはできませんが...

 しかし問題点を指摘することで、なんらかのヒントかアドバイスにはなるのかもしれません。

 何でもそうですが、相手の立場で考えてみることが大切です。

 このメールからは、質問者のいろいろな特性が読み取れる。

 まず彼はどんなことにも正解があると思っているようです。

 百歩譲ってあったとして「正解は人によって違う」ということをわかってほしいです。

 誰かに質問するのはいいのですが、ベストアンサーが返ってくるとは期待しないほうがいい。


cyrilhelnwein


 また、「誰から」、「どのような調教」を受けるのか、という質的な問題を抜きにして、

 時間や回数という数量的なもので「マゾ体験」を測ろうとしている。

 これも非創造的で残念な発想です。

 おそらくこういう質問をする人は、何をやってもマゾにはなれないのではないでしょうか。

 世間的にマゾというレッテルを貼られても、それは本人が満足できる「マゾ」ということにならない。

 例えば「介護福祉士になりたい」と資格をとろうと思っている人は、介護士としてどのような仕事をやりたいのかを考える必要がある。人びとに癒しを与えるような仕事をしたいとかなんとか、おそらくそういう「夢」みたいなことを考えているからこそ、勉強しているはずです。

 だけど資格がとれたからといって、そのやりたいことがすぐに実現するわけではない。

 現場ではやりたくないこともたくさんやって、失敗や修羅場を踏んでから、はじめて人並みの仕事ができるようになる。

 資格をとって何かになることと、やりたいことを実現することは別なのです。

 この質問者のやりたいことが、個人的なプライベート調教なのか、SMクラブでのパフォーマンスレベルなのかがわかりませんが、とにかく失敗を恐れずに、何でも経験してみることでしか道は開けないと思います。

 自分一人だけのテクニックや感じ方という問題ではなく、相手あってのことですから。

 いきなりSMクラブに行くのに抵抗があるという人は、フェティッシュ・バーなどから入るのもいいと思う。

 例えば アマルコルド のミストレスが「奴隷育成コース」みたいなことをやっています。

 もし本当に礼儀作法も含めて基礎から勉強してみたいというM男初心者は、こちらをお訪ねになってみてはいかがでしょうか。

 もちろんこういう「ナントカ育成コース」などに入って、すぐナントカになれるかどうかは保証されません。

 多少の「育成」か進歩が期待できるかもしれない、という程度と思っておいた方がいい。

 それにしましても、「育成コース」というのは巧みなネーミングだと思った。

 「調教」コースではありません。したがって「調教」が受けられるわけではない。

鞭打ち画像トップイメージ
 
 ただ、どんなことでも経験してみるのは、いいことです。

 ちなみにこういう店に初めて行く時は、ごく普通のモードで行ったほうがいい。

 店に入ってイキナリ「跪いて足をお舐め!」みたいな展開になるわけがないのであって、

ごく普通の挨拶、一般常識の範囲内の会話から始まります。


*僕が初めてこの店に行った時の思い出を以前書いてます。→  GalleryBar アマルコルド


 まずそれをクリアしてからの奴隷志願なりM男入門ということになるでしょう。

 マゾというのは(あるいはM男、奴隷、その他ペットでも家畜でも何でもいいのですが)、

 女王様にご調教(または支配・拷問・飼育・お仕置き、その他なんでもいいのですが...)

 そういうことを希望する前に、まず「人として」の最低限の資質、常識、モラルやマナーを身につけていなければなりません。

 マゾや奴隷としての資質や資格でなく、ごく普通の人間としての属性のことです。

 そうして、女王様とのある程度の信頼関係が構築された段階で初めて、

 「正しいマゾになりたいのですが、ご調教して頂けますか?」

 ・・・みたいなことを試しに言ってみるといい。

 それが上手くいくかどうかはわかりません。うまくいかないかもしれない(>_<)

 もし失敗したら、何故失敗したのかを考え、次のステップへとすすむこともできるでしょう。

 あなたが人としてそれなりに女王様に評価され、認められているならば、上手くいく可能性もなきにしもあらずです。

 試験問題集のように、ページをめくれば正解にたどりつくようなことは、人生では滅多にない。

 多くの失敗や経験を重ね、自分自身で見つけ出すのが、あなたにとって真の「正解」なのです。

 う~ん、何のアドバイスにも解答にもなっていませんかね?

 偉そうなことを言っているつもりはなく、あたりまえのことです。

 質問された人はおそらく 僕の体験談 みたいなのを聞いてみたかったのかもしれません。

 でも僕には誰かの参考になるほどの経験はないのです。

確かに失敗の経験はいっぱいあるのだけれど、それは言いたくない(>_<)


 僕は今でも自分を初心者のMだと思っている。できることは限られた、自分勝手なヘタレです。

 けして「正しいマゾヒスト」ではない。それに、正しいマゾになりたいとも思ってなかった。

 自分の願望を考えただけで恥ずかしかったけれど、その実現を模索してきただけです。

 なりたくてなったわけでもなく、気づいた時にはどうやらマゾだったらしい? みたいな感じ。

 正しくはない道を歩んできた愚かなマゾとはいえ、長い道のりではあったようにも思う。

 そんな僕に偉そうなことを言える「資格」はありませんが、マゾになりたいと願っている若い人たちに、今は亡きスティーブ・ジョブズ氏からの名言を借りてそのまま贈ります。


貪欲であれ、愚かであれ!

 スタンフォード大学卒業式で行われたスピーチより



 マゾというのは、誰もが試験に合格してなれるようなものではない。
 
 なるのが難しいという意味ではないけれど、無理してなるものでもないでしょう。

 「正しいマゾ」とかにこだわらず、「正しい自分」になって下さい。

 なりたい自分を見つけ、自分に正直に生きていきたいものです。それが難しいのだけれど...

 もしかするとそれこそが、最も貪欲で、一番愚かなことなのかもしれません。


 ご検討を祈ります。


ぼくを探しに





【関連エントリー】

■ マゾの口のきき方



■ 悩み相談

■ 女王様からの手紙

■ 迷惑メール



世の中を舐めてはいけない

pu_人生を舐めては逝けない


舐めていいのは女王様のお尻だけ





貪欲であれ、愚かであれ!


Top_Facesitting 
世の中を舐めてないか (。。)☆\バキ

PU_舐め舐め男

網タイツの上からなら許して(>_<)



これぐらいなら、いいかな?



PU_God_Thanks_Facesitting.jpg

 正しいマゾになりますから、誰か顔面騎乗してくらひゃい(>_<)












関連記事
[ 2012/01/17 21:06 ] 試験に出るSM | トラックバック(-) | CM(12)
僕のことで恐縮ですが、O嬢の物語を読んで自分がマゾであることに気がつきました


[ 2012/01/18 07:24 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

おお! それは正しいマゾのなり方ではないでしょうか(^^)

「O嬢の物語」はいいよね~、僕も大好きな作品です。

 そう、マゾっていうのは「なる」ものじゃなくて「気づく」ものなのですよね。

 
[ 2012/01/18 10:02 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/18 13:28 ] [ 編集 ]
記事で取り上げていただき、ありがとうございます。
アマルコルドの早乙女にこと申します。

私の個人ブログでリンクを貼らせて頂きましたので、
そのご連絡のためコメント致しました。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2012/01/18 14:47 ] [ 編集 ]
homerさん
はじめまして。このエントリーを読んで思わずコメントせずにはいられず、初めてのコメントを残します。
マゾに「正しい」なんてあるのでしょうか。性癖は千差万別で、自分の性癖に合う相手を見つけるのが近道なのかな~って思いました。いろいろやってみて自分の性癖を屈折なく表現できたら素敵ですね。
[ 2012/01/18 22:16 ] [ 編集 ]
おお! はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。

 すみません、勝手に引用してしまって。

 「奴隷育成コース」みたいなのが若い時にあれば、絶対に受けていたと思います。

 もう手遅れなんですけど(>_<)

 ブログへご訪問とリンクありがとうございました。
[ 2012/01/19 01:43 ] [ 編集 ]
 紅夢さん、ようこそいらっしゃいませ。

おお! なんかビビリましたけど、コメントありがとうございます。

> マゾに「正しい」なんてあるのでしょうか。

 ない、ない(^^) 絶対にないから!

 質問者には「マゾに正しいもへったくれもない!」って言いたかったのですが、それ言って逆ギレされたら怖いし、あたりさわりのないよう、遠回しに書いたのが今回のエントリーなのでした~^^;;;


>性癖は千差万別で、自分の性癖に合う相手を見つけるのが近道なのかな~って思いました。

 おっしゃる通りだと思います。

>いろいろやってみて自分の性癖を屈折なく表現できたら素敵ですね。

 同感です。その表現が屈折することなく、相手にも伝わったら最高ですね!


[ 2012/01/19 01:45 ] [ 編集 ]
鍵コメさん

素晴しいコメントをありがとうございます。

僕は自分が正しいと言うつもりもないですし、実際はあまり正しくない。

つまりひねくれ者で、自分に正直になりたい悪者なのです。

自分自身に向けて書いたようなものなのに、本来このエントリーを読む必要のない方ばかりからコメントを頂いているような気がします。

 正しい自分でなく、「正しい他人」になりたがる、あるいはしむける傾向が、イヤですね。
[ 2012/01/19 09:21 ] [ 編集 ]
正しいマゾ男ですか。面白いことを考える方もおられるのですね。
マゾというのは性癖、性的な嗜好・趣向でありますから、何が正しいなどは無いと思いますが、
どういう姿勢で臨めばいいのかという点での正否をお考えなのでしたら、いかにも今風な考え方ですね。
SMが特段おかしなものではなく、性的プレイの単なる一分野ととらえられているように思えて、とても興味深く感じます。

でもHomerさん、マゾヒストというのは元来が正しい存在ではないですよね。倒錯であり異端であり邪悪ですらある。
だからこそのめり込みもすれば思い悩みもするわけで、それが上記のように性的プレイの一分野、楽しみのひとつであるとなっているのであれば、
ずいぶんと一般化したものだなと驚いてしまいます。まあ、自分も歳をとったものだなと、つまりはそういうことなのでしょうけどね(笑)
[ 2012/01/19 13:41 ] [ 編集 ]
おお! イトーさんしばらくです ^^

 次から次へと、本来こんな記事を読む必要のない実践派の達人からのコメント恐縮です。

 フェティッシュ・バーに集まる今の若い人たちは、それほどSMに特殊な印象を抱いてないですね。

 実にあっけらかんとしている。

 若いミストレスさんも「理解を示す」というのではなく、わかってないけど、それほど色めがねで見ていないという新しいフェースで、結果的にまどろっこしい。

 こちらがマゾであることに罪悪感を抱いてることをわかってくれません。

 いい悪いの問題ではなく、気持ちいいかどうかが重要。

 それも一理あるし、正解はない世界だからいいのですが、感覚のズレというか世代差なのでしょうね。


>異端であり邪悪ですらある。

 そこまで言う(笑)

 僕はマゾヒストは、変態だけど、変質者ではないと思っています。

 変質者は社会に害を及ぼす悪人ですが、変態は人様に迷惑をかけない善人です。

 でも異端っていうのは当たってますね。

 異端者が増え過ぎて、というか数はさほど増えてないのだろうけど、カミングアウトする率が高まり、みた目ではマイノリティーになっていない状況だと思われます。

 

[ 2012/01/20 19:38 ] [ 編集 ]
私も素敵なS女性に出会うとそんな風に考えるのかもしれません。
その素敵なS女性と主従関係を結びたい、或いは主従関係を長続きさせたいと考えた時、それに見合う素敵なマゾ、つまりは正しいマゾになりたいと願うのは至極真っ当な思考のように思いますからね。
まあ、素敵なS女性を素敵たらしめているのは、大抵の場合Sの部分ではなく女性の部分だったりするわけで、そうなるとこちらもM男として磨くべきはマゾではなく男性の部分なんですよね。
つまりは、マゾを上達させるより、男として人間として上達しようって事ですな。
[ 2012/02/05 01:17 ] [ 編集 ]
おお! M視点で語るコメントありがとうございます。

さすが、わかってらっしゃる。そうなんですよね。

なんだかんだいって、全てに言える総合的な人間力みたいなものが、大切だと思います。
[ 2012/02/05 22:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

25位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ