FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

日本のSM文学 

跪いて足をお舐め


跪いて足をお舐め

 澁澤龍彦や沼正三、あるいは谷崎潤一郎、ちょっとマニアックに団鬼六といった重鎮たちの影響力は、1980年代に入っても大きかった。しかし1988年に上梓された村上龍の小説「トパーズ」により、いわゆる一般的な現代文学の新しいスタイルとしてそのテーマにSMが認知され、それまでのアンダーグランドな、ウシロメタ~い雰囲気から解放されることになる。泉麻人などナンパなコラムニストまでSMをポップに語り「ナウい」若者用語として「SM」は時代のキーワードとして使われ始めた。
 そしてその同じ年、昭和の最後の時代に山田詠美の「ひざまずいて足をお舐め」(新潮社)が衝撃的に登場する。

 フェムドム出版史上画期的な出来事 であった。

 元SMクラブ女王様が新人賞を受賞して一躍注目作家になったあの頃、この本のタイトルはM男の福音として全国に響きわたる。この本は大学生協でも売っていた。同じゼミの女の子から「ひざまずいて足をお舐め」読んだ?と聞かれると、「... 読んだ?」の部分だけなぜか自動的にカットされてしまい、その前だけが頭の中でリフレインする。Sでもなんでもない普通の女子大生がこのセリフを言う。
 
 これはモノスゴイことだ。革命的に凄すぎることだった。
(男には絶対に言って欲しくない。男友達にこの本読んだ?とは聞かれたくない)

 子どもの頃から、黒のボンデージ姿にハイヒールの女王様にひざまずきたいと思っていたんだけど、もうそれは古い。最近は何気ない日常的な空間で、唐突にそういうことしてみたくなる衝動が走る。
 ↑ 病院に行きなさい(。。)☆\バキ


 ジーンズのような普段着に萌え。海外のフェムドムイメージは開放的だね。

 * image Feet-Slave.comから



【関連エントリー】


■ 痴人の愛


■ 人間椅子

■ 家畜人ヤプー

■ 寺山修司と三島由紀夫

■ サタミシュウの主従関係

■ 稲垣足穂

■ 団鬼六「死んでたまるか」

■ 文豪座談会

■ サド裁判

■ 毛皮を着たヴィーナス





関連記事
[ 2005/12/01 07:22 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | コメント(-)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

19位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ