FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

偏ったSM報道 

マックス・モズレー

 SMを趣味に持つ人に関する報道は、どうしても偏ってしまうのか。

 個人の趣味として敬意が払われるべきものではないとでもいうのだろうか。

 軽蔑されたりするのはともかく、個人のプライバシーや人権が社会的に侵害されていいはずがない。

 国際自動車連盟(FIA)のマックス・モズリー会長(67歳)が、5人の売春婦を女王様にしたてSMプレイをしていたことが報道され、しかも盗撮された映像がネットで公開されてしまった。

 F1レースや自動車業界では、日本も含めて世界的にリスペクトされてきた大人物のスキャンダルとして、国際的に大騒ぎになっている。

*注)この記事は2008年6月に gooブログにエントリーし、goo事務局により削除されたものを再投稿したものです。

 

 全裸で首輪をつけられたモズリー会長がブロンド女性から鞭で打たれるの図。


 英国では伝統的によく見られるものの、ナチスドイツが強制収容所で行った拷問をイメージするようなシナリオだったということもあってか、人種差別問題としても取りざたされた。

 FIA会長職の辞任が議論されるまでの騒ぎとなり、モズリー氏はすっぱ抜いたタブロイド紙を告発、訴えられた News of World側は、(モズリー氏の趣味は)公的人物として相応しくない行為として受けて立つ姿勢。

 巧みに政治的に利用された印象である。

 「戦争で捕虜になった男が、女性に監禁され拷問を受ける」なんていうのは、SM的にはごくありきたりのストーリー。むしろ平凡で変態性がなく面白くないレベルだと思うのだが、モズリー氏の父親が、英国のファシスト的リーダーで反ユダヤ思想家だったことが問題をややこしくしている。そんな家庭の事情ゆえの倒錯的願望だったかもしれないことを思うと不幸な偶然だ。さらに、その事実ゆえの陰謀という線も十分考えられる。モズリー会長が好んだSMのシナリオが、「女教師と生徒」ものとか、あるいは「看護婦に浣腸されるM男」といったセッション・イメージであったとしても、同様にオモシロおかしく、侮蔑の眼差しを込めて暴露されていたのであろう。

 いや、間違いなくモズリー氏はハメられたのだ。英情報機関MI5の陰謀説も出ているぐらいだ。

 盗撮された映像を見れば、それがいかに周到に準備されたものかがわかる。つけられたテロップ原稿も、意図的なメッセージを伝えているのは明らかだ。大金を渡され、買収されてしまった女王様たち。英国の現行法では売春を斡旋する側に違法性があり、客であるモズリー氏は法を犯しているわけではない。タブロイド紙は情報提供元である犯罪者の身元を保護し、無実の人物をさらしものにしているのである。

 モズリー氏が家族を裏切ったこと。モータースポーツ界に不名誉な損害をもたらしたこと。そして、タブロイド紙のねつ造を信じるとするなら、彼がナチス的空想にふけったこと。これら全てが彼の全人格を貶め、FIA会長職を辞任すべき理由となるのだろうか。

 後日、モズリー氏がこの問題に関するインタビューで次のように述べているのが心に残った。

「セックスの問題は、生殖過程としての正常位から、わたしの行為をはるかに超えた最も奇妙で異常なものまで含まれる。
 誰も傷つけず、同意に基づき、成人同士が秘かにする、という条件であれば、ほとんどの大人は、他人の性行為の範囲に関しては当事者間の問題だと言うだろう。だからこれが道徳的問題だとは思わない」


 もうこうなってしまったら、開きなおるしかないのだろう。究極の羞恥プレイの官能に、精神がマヒしてもおかしくない。マゾでなかったら自殺していたかもしれない。

 全世界に 全裸で首輪をつけられ鞭打たれている姿が 公開されたマゾヒストの発言だけに、重い。いや軽いのか?

 今月の5日、パリで開催されたFIA臨時総会の信任投票でモズリー氏は信任され、会長職に留まることが決定した。


「人々がそういった一面を持つことを理解しなくてはならない。

 繰り返すが、成人で同意があり、秘かにする限り、誰も傷つけない

 というのがわたしの意見だ」

 (マックス・モズリー FIA会長)



【盗撮されネットに流出した映像】

 F1の大物 エッチな地下牢へ




 安っぽいモーションテロップで状況が解説されていく。
ナマ撮りではなく、念入りに編集されているのがわかる。



モズリー氏は年に3~4回、同じ売春宿に通っていたらしい。
彼と特定できる映像を、待ち伏せして撮影しているのだ。



アパートの地下室にはナチス看守のような服を着た女性がいる。
「これから罰を受けることになるのよ」と言われ、他の収容所でどんな罰を受けたかを確認するために全裸になるよう命じられる。(なかなかよいストーリーではある)



さんざん鞭打たれて辱めを受けた後、今度は囚人服を着た別の女性を鞭打つ立場に逆転するモズリー氏。
なんてことはない、「S&Mの5人女王様コース」である。

これで日本円にして約50万円という値段が相場的に高いのか安いのかわからないが、人数と時間、内容を考慮するにしても、結果的にお高くついてしまった。

 日本の経団連会長が芸者遊びの一環として花魁を縛って鞭打っても、こんな報道をされるだろうか。

   (されるだろうな^^;;;  もっと叩かれるかも)











関連記事
[ 2010/12/14 15:02 ] 過去記事リバイバル | トラックバック(-) | CM(2)
モータースポーツファンのM男wとして一言
モズレーの趣味を理由にバッシングが起きた事に関しての批判には同意しますが
彼は「日本も含めて世界的にリスペクト」などされていませんよ
その権勢欲と金権体質と人種差別的な欧州至上主義から来る度重なる朝令暮改でモータースポーツ界を混乱させて叩かれていました
前任者のバレストルがそれらの欠点がさらに酷く世界中のモータースポーツファンから蛇蝎のごとく嫌われていた人物なのでそれに比べて「少しはマシ」という程度に過ぎません。
[ 2010/12/19 14:52 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

あまりモータースポーツ界のことは知らないのですが、モズレー氏の業界での評価は全部ネットからのピックアップでして、個人的にはどうでもいいことです。ウソでもホントでも。

 ただ、騒がれ方がちょっとイヤだなぁと。

 ざまあみろと思っている人も多いのかもしれませんが、僕には気の毒に思えました。
[ 2010/12/20 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

24位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ