FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

女王様の地位向上の歴史 

女性緊縛写真_1s  淫美な


 昔のSM雑誌を見ていると、ある興味深いことに気がつきます。

 緊縛写真の女性モデルは素顔をさらしているのに、M男を責める女王様は仮面をつけたり、目線に黒スミ処理などをして顔がわからないようになっている。

 もっとも奇譚クラブの春日ルミ などは例外中の例外で 僕がここで言っているのは昭和50年代(1970年後半から80年代前半ぐらいまで)の、比較的新しいSM雑誌についてです。

 内容的にはまだまだ「団鬼六」的に女性が責められる図式が主流の時代。

 M男の読者を満足させてくれるようなイメージは希薄で、女王様は原則として顔出しNGの場合がほとんどでした。


SMフロンティア_女王様、ご慈悲を

「SMフロンティア」1980年 1月号(三和出版)


 これは、M女役には(実際にはMでなくても)モデルとしてのプロが存在していたのに対し、女王様役には(S性はあっても)素人を起用していたことが多かったためだと思われます。

 当時はグラビア撮影でプロとして女王様役をこなせる人材がいなかった。

 プロと呼べるのは数少ないクラブ女王様ぐらいですが、SM自体がまだ市民権を得ておらず、SMクラブの女王様に気安くモデルをお願いできる状況にはなかったのでしょう。

 SMセレクトの「拝啓クイーンローズ様」シリーズでは、初代こそ中野クイーンから手配されていましたが、後の歴代クイーンはM女モデルが女王様役として登場し、皆マスクをつけていました。

 六代目の 秋川瑞枝 などは M女役 で人気のあったモデルだったので、珍しく素顔でも登場できたケースです。

全裸女王様_秋川瑞枝

M女はつまり「ヌードモデル」。であればこそ可能であった全裸女王様。当時はよくみられた。


 プライベートでひっそりとセッションを行う本格派のS女性が、表舞台には立つことはなかった。

 さらにM男というのは、SMという文化の中では最もおぞましい存在であり、その相手役を務める女王様というのも微妙なポジションだったと言えるのかもしれません。


聖水に酔いしれるマゾ男_C-UP

 1970年代までのSM雑誌では、セレクトなどの例外を除けばM男向けの企画は稀であり、カラー・グラビアなどは皆無。せいぜいモノクロの見開き2ページ程度のスペースしか与えられていなかった。 

 M女役でグラビアを飾るのは誇らしい実績となりえても、女王様イメージには不名誉とはいわないにしても、どことなく「ウシロメタイ」という雰囲気があったように思います。

 女性の羞恥心という見地では、M女役で責められる姿のほうが恥ずかしいような気がしますが、日活ロマンポルノ映画「花と蛇」のヒットで、谷ナオミのような女優が脚光をあびていた時代です。

 こういう言い方は心苦しいのですが、当時のステロタイプを敢えてわかりやすく表現してみるなら、

 M女役モデルには可能性として「(ポルノ)女優」への輝かしい道が開けているけれども、 

 女王様はキワモノ的扱いで、ただの変態で終わってしまう。

 それが70年代の価値観でありました。

 男はSが当たり前。女性はセックスでもSMでも責められる立場が初期設定です。

 男を責める痴女のようなイメージは変態コミュニティでも異様とされ、忌み嫌われる。

 惨めな変態マゾ男との2ショットは、M女役で責められる姿よりも抵抗があった。

 だから、素顔を隠していたのではないでしょうか。



 乳房は見せても、顔はみせない乙女心...


 キャリアとして「女王様」を演じた記録を残したくなかった。

 ところが80年代に入ってくると、だんだん女王様も美しい素顔を見せてくれるようになります。

 AV業界でも影が薄かったSMが、立花冷子や北川繚子、シャネルら初期のパイオニア達の努力により、真の「女王様」の存在感が全国的に浸透していきます。

 それまで脇役だった女王様が陽のあたるスターダムにのし上がっていく。

  黒木香 の「SMっぽいの好き」(1986年)がヒットし、中野クイーン出身の元女王様 山田詠美 の作家デビューもこの頃です。

 こうした時代の勢いが、後進のアイドル女王様の快進撃をバックアップしました。

 少数派と思われていたM男市場が開放され、SMにおける「女王様×奴隷」というジャンルが確立されたのです。

 性風俗ビジネスの現場においても、マゾヒストの魂を癒す救世主として、朝霧リエ のような意識レベルの高いカリスマ女王様も登場してくる。





 メディアでの女王様の扱いも変化し、司書房の「ミストレス」や三和出版の「女王様バイブル」といった専門誌までも出版されるようになりました。

 かつては女王様として素顔をさらすことが汚名であった時代を知る者としては、万感の思いが込み上げてきます。

 さらに、SMバーなどでも現役のプロ女王様がホステスとして相手をしてくれるケースもあり、会いに行けるAKB48のような女王様もいらっしゃいます。


スナイパーEVE



 今やSMクラブ所属の女王様がグラビアを飾ることがステイタス・シンボルとなり、昔の価値観はコペルニクス的に転回したと言えるでしょう。


ピチピチギャル(←死語?)が女王様になる現代 ピンクリのたまきんと

たまきん

70年代ならこのような2ショットはあり得ない?


 M男もいつの日か、素顔をさらすことが誇らしいと思える時代が来るのでしょうか...?




【関連エントリー】

■ カリスマM男優


関連記事
[ 2011/05/14 00:24 ] 昔のSM雑誌から | トラックバック(-) | CM(9)
四十年ほど昔には、週刊誌の明星に「男を飼う」という小説がありましたが、高校生の私は興味津々で読んでいました。同級生の女子も読んでいたようですが、当時は自分がMなんて思われるのは恥ずかしいことでした。数年後にクラブに電話した時も「恥ずかしいけど、Mのようです。」と答えていました。その後にM男優や、劇場の観客調教ショーにも普通に上がっていて、聖水拝受だけでも百名を超える女王様のを戴いてきましたが、当時は女王様も少なくて、東京か大阪にしかSM関連の店は無かったようです。
[ 2011/05/14 09:16 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。

>「恥ずかしいけど、Mのようです」

と言ってた人が

劇場の観客調教ショーにも普通に上がってしまう。

 M男にも地位向上じゃないけど、成長の歴史がありますね。

 だけど、僕は成長してないなぁ.... v-254 

 このブログには、けっこう筋金入りというか、凄い人たちがたまに訪れて下さるので恐縮してしまいます。

 そういう人はたいてい「それほどでもないです」とご謙遜されるのですが、

Mとして歴史のある地位の高い人は、人としての地位も高いのだと思われるのです。


[ 2011/05/14 14:32 ] [ 編集 ]
そんな時代がもし来たとしても、やっぱり私には無理でしょうね。
晒したい願望はあっても素顔まではと、怖気づいてしまうに違いありません。

それはそうとSM雑誌での女王様の扱いですが、たしかに昔は「女王様」ではなかったですね。
おっしゃる通りキワモノ扱いというか、M男の存在がゆえに取り上げられてこそいましたが、M男と一纏めにしてマイノリティ扱いされておりました。

SM好きなんてみんな異端者なのにね。そう思ったこともありましたが、やはり、M男は見た目にも綺麗ではありませんので、それと一緒に写る女王様は紙媒体では扱いにくかったのかもしれません。

しかしそれが今では、まるで逆転したかのような時代になっています。どんどんと社会が女性化し、男が弱くなったことの表れなのかもしれませんね。

ま、私みたいなのは昔から弱かったので、だから何を言うわけでもないのですけどね(笑)
[ 2011/05/14 17:55 ] [ 編集 ]
Re: M男にも素顔を晒すことが誇らしい時代が来るのでしょうか?
 当時の女王様の立場を貶めるような意図はありませんが、今から思えば、惨めなのはM男だけでたくさんなのに、そんなのと共演しなければならない「女王様」の心理的な戸惑いや周囲の冷たい視線はあったようです。

 イトーさんみたいに体格も立派でイケメンだったら、女王様も喜んで素顔で2ショットにおさまると思いますけどね。

 S女性や女王様としての自覚やプライドをきちんと持てるようになるまでに、時間が必要だったでしょう。

 僕としては、もちろん素顔は晒せませんし、それ以前にヘタレではありますが、ご一緒する女王様が少しでも輝けるように努力したいのです
[ 2011/05/14 23:29 ] [ 編集 ]
ご一緒する方が少しでも輝くように努めたい。思い切り同意です。それこそがマゾの本分ですもんね。
私もヘタレではありますが、ヘタレなりに頑張っていこうと思います。

ちなみに、私はイケメンでも立派な体格でもないですよ。
幼児体型が少しだけ細くなっただけの中年オヤジですので、誤解なきようお願い申し上げます(笑)
[ 2011/05/14 23:37 ] [ 編集 ]
そうした雑誌も男性が主体で作られているということなんでしょうね。90年代に女性誌でSMが取り上げられるようになって、ちょっとづつ変わってきたのかな?
女性も良妻賢母が求められた時代に、男を踏みつけて鞭で打つような真似は恥ずかしかったんでしょうかね。
[ 2011/05/15 10:12 ] [ 編集 ]
確かに、おっしゃるように当時の出版業界は完璧に男社会だったですよね。
縄師もカメラマンも男しかいなかった。

マスコミがそうだから世論の形成も男性上位社会。

女性専門誌の登場や、編集部に女性記者が参入するようになってから少しずつ変わってきました。

今は緊縛師に女性も多いし、早乙女宏美や早川舞など、SM媒体で活躍する女性ライターも増えてきている。

今後の女性上位社会の発展性に期待したいです。

[ 2011/05/16 01:45 ] [ 編集 ]
山田詠美
衝撃的でしたね!

当時、学生でしたが
「文芸」を買いに本屋に走った覚えがあります。(笑)

ところで、
>M男もいつの日か、素顔をさらすことが誇らしいと思える時代が来るのでしょうか...?

マーケットの価値観は
どうしてもビジュアル先行しますから…

しかし、
やおい文学~ボーイズラブコミックの流れ
の延長にありうるのではないでしょうか。

これらを愛好する女性読者には
攻め手に感情移入している比率も高いとの論考もあります。

別の意味での「カリスマM男」の出現も近いのでは?

[ 2011/05/21 10:45 ] [ 編集 ]
そうですか。女王様のアイマスクが素顔を隠すためのものでしたか。私は敢えてアイマスを着けて女王様の妖艶でミステリアスな雰囲気を醸し出し奴隷に女王様の神秘的な魅力を見せつけて支配する為のアイテムだとずっと思っていたのですが。そういえば最近の女王様でアイマスクを着けてる方は見ませんね。初代のクインローズ様があまりにもお似合いだったからそう思っただけだったのかもです。
[ 2012/07/27 01:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

24位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ