FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

絵踏して生きのこりたる女かな 

踏み絵


 「足コキ」なる風俗が、いつ頃から流行りだしたのかは定かではありませんが、紀元前の中国王朝で皇帝を楽しませるための手法だったという説が、纏足などの歴史資料に記されています。

 遣唐使などから中国の文化を取り入れた当時の日本にも、この情報や風習が伝わっていた可能性はあります。

 しかし、平安時代に足フェチっぽい文化はあったにしろ、天皇が自分のチンポを女官に踏ませるといったところまでは、逝ってなかったような気がします。





 日本における足フェチの代表者、谷崎潤一郎も、女性の足は舐めても、自分のペニスを踏んでもらおうという発想までしていたでしょうか。

 足コキとまでは逝かなくとも、「女性が男性を踏む」というイメージに萌えを感じる嚆矢は、江戸時代にありました。

 それをかろうじて伝えているように思えるのが、明治から昭和にかけて活躍した俳人・高浜虚子のこの句です。


絵踏して生きのこりたる女かな


 江戸幕府がキリスト教弾圧のために、信者とおぼしき容疑者に踏み絵をさせた。

 女がイエス・キリストの絵や版画を踏む(中には悶えながら?)姿から、それを目撃した男たちになんらかの性的リビドーを与えていたであろうことは想像に難くありません。

  *マリア像を踏ませた事例もあります。もちろん踏むのは男のキリシタン(^^)

 ま、それはおいといて。

 女囚を効果的に拷問するために緊縛の技術が洗練され、男性サディズムが主流となっていく近代日本の歴史の中で、かすかにFemdomスタイルの、つまり男性マゾヒズムを刺激する文化・風俗の灯がここにありそうです。

 西洋におけるSM文化発展の陰にはキリスト教の影響も大きかったわけで、日本でこの宗教が普及する過程の中において、同様の精神的作用が始まっていたとしても不思議はありません。

 イエス・キリストに感情移入できた人は、将来的にマゾヒストの資質があった。

 殉教者はある意味でマゾヒストだった。

 崇拝するイエス・キリストのアイコンを踏むという行為が、神聖なるものへの冒涜という意識から屈折したサディズム、あるいはマゾヒズム的共感を呼び起こしたはずで、こうした史実などを知る江戸末期から明治にかけての政治家、クリスチャンや知識人などによって、SM的なるクオリアの萌芽が受け継がれていったのではないかとも想像されます。

 そして文芸の世界で花鳥諷詠を唱えた高浜虚子が、女性の足にエロティシズムを感じることにためらいを感じながら巧みにキリスト教弾圧の歴史を利用し、己の隠された願望を俳句にして表現したのでした。

 つまり高浜虚子は、女に足コキをして欲しかった。

足コキ_111


 絵踏して生きのこりたる女かな

 この句は、その心の奥の叫び声として現代の我々の耳に鋭く響くのです。

 高浜虚子は、いやその師匠である正岡子規も、自分のペニスを女性に踏んでもらいたいと心から願っていたに違いありません。

 しかし、おそらくそれは実現されなかったのでしょう。

 のちに桑原武夫は、足コキを第二の芸術として定義しましたが、それは認められませんでした。

 そうした哀しい史実を知らない21世紀の若者たち、純粋無垢な彼ら彼女達が、足コキというかつて禁断の領域を出ることのなかったスタイルを、いともカジュアルに享受しているというのは、なんとも素晴しいことだと思われるのです。


足コキ_3


手で触るのはキモいけど、足でならいいか、と思っている女子高生もいるらしい....



足コキ_108


足コキ_4


足コキの愛好家には包茎の人も多いらしい... (。。)☆\バキ



足コキ_1


皮は剥かないでくらひゃい(>_<)



足コキ_5




【関連エントリー】      

■ 平安時代の足フェチ      

小柴垣草子
小柴垣草子


■ 足コキと足フェチの関係

■ ハイヒール・フェチ

■ 宗教フェチ

■ 靴(くつ)フェチM男

■ フツーに蹴りとか

■ 声フェチ

■ 全裸フェチ

■ お尻ぺんぺんフェチ

■ 加藤ローサの足


















   全然関係ないんだけど....(^^)





関連記事
[ 2011/12/11 10:48 ] 徒然ネタ | トラックバック(-) | CM(4)
こんにちは。

homerさん、
篠田麻里子、好きでしょう?(笑)

上からマリコ
サディスティックな奴め
愛の踏み絵みたい 無茶ぶり
何でいきなり 何で目を閉じる
君は本気なのか? Jokeなのか?

あぁ、
勝手な引用
秋元さんゴメン <_(..)_>


[ 2011/12/11 18:50 ] [ 編集 ]
あ、櫻主さん、お久しぶりじゃないですか(^^/)

う~ん、AKB48のメンツの名前は正直あまり知らない、っていうか覚えてられないですね~

おニャンこクラブにハマッた世代ですが、もうこの手の歌も、パフォーマンスもついて逝けないっす....

ちょいM親父さんのM男的台詞付画像に出てくるやつんなかには好きなタイプありますが...

でもこの歌詞?ですかね、なんていう曲かもわかりませんが、いい感じぢゃネ?

秋元康もMかも鴨川




[ 2011/12/11 21:04 ] [ 編集 ]
時代的におかしいと思いますが、NHKの「龍馬伝」で長崎丸山遊郭の遊女が絵踏みをするシーンがありました。季語「絵踏み」は凄惨なキリシタン弾圧と、旧暦二月に年中行事と化した「絵踏み」における女性の素足の妖艶なイメージとが同居しているのでしょうか。虚子はその両方を第二芸術におてさらりと言ってのけてますね。踏まれるイコンに自己を投影し、その女の糧となることを夢想することもありそうなことのような気がしてきました。
歳時記を見ると「傾城の蹠白き絵踏かな 芥川竜之介」なんてのもありますが、こちらはもっとストレートです。
「徒然草」に久米の仙人は女の臑を見て神通力を失ったなんてのもあります。女性の秘部があらわになることに性的な刺激があったんでしょうか。
丸山の遊女の足を見つめる江戸時代の役人にもそんな未分化な感情が芽生え日本人の中に沈潜していったかもしれませんね。幕末になるまで形骸化した(?)踏み絵を続けていった理由もことによったらそんな動機もあったからかも...なんてことは孟宗竹。
[ 2011/12/11 21:12 ] [ 編集 ]
あぁ~「龍馬伝」のそのシーン見ました。覚えてますよ。

お互い見るとこ一緒ですね~^^

そういえば、今年の大河ドラマでもキリシタン弾圧や踏み絵(絵踏み)のエピソードは描かれてましたけど、直接的な場面はなかったかな。

 芥川の句は知りませんでした。歳時記なんて持ってないよ~(>_<)

今度古本屋で買っておこう。

兼好法師も今でいうブロガーみたいなもので、けっこうフェチ入っていたような気がする。
[ 2011/12/12 10:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

13位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ