FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

正義のヒロイン 

アンヌ隊員_2

 アニメや特撮作品で子ども心を刺激する要素には、ヒロインの「女王様度」というのがある。

 特にマゾの人でなくても、キャラクターに対する純粋な気持ちの延長線上に、偶像崇拝的な思いが芽生えるのはごく自然なことです。

 フェチやコスプレにしても、原体験はアニメにあったという人は多いのではないでしょうか。

 1970年代の少年漫画全盛期、僕は「巨人の星」や「タイガーマスク」、「あしたのジョー」といったいわゆる「男らしい」ヒーローには今ひとつ萌えることができなかった。

 健全でわんぱくな男の子であれば、普通に憧れるはずのヒーローにではなく、そのかわり「サイボーグ009」のゼロゼロスリーのようにサブキャラで光る女の子やヒロインに心密かに魅了されていました。

 女性キャラや女の子が悪役をやっつけるシーンに感情移入する一方で、なんだか意味不明な、もやもやとしたときめきというものがあったのでした。

 それがマゾになったきっかけとまで言うつもりはないし、実際のところわかりません。

 ありがちな、時代劇で女囚が縛られたり拷問されているシーンであったのかもしれない。

石抱責


 僕にとっての何かの「引きがね」の一つが、ウルトラ警備隊のアンヌ隊員だったような気がするのです。

ウルトラセブン_ アンヌ隊員

 ちょっと変な自分だけが感じる、ちょっと変な気持ち。

 原作者や製作サイドの思惑を越えて、児童のたくましい想像力は、健全なヒロインにサディスティックな女王様像を見出しました。

 アンヌ隊員にはおそらく、S性のひとかけらもなかったでしょう。

 彼女が怪獣や男をこらしめるといったシーンも印象には残っていない。

 それなのに、アンヌ隊員に虐められてみたいと妄想していました。

 ただ、その頃はまだ本格的なSM的な知識や情報がなかったので、

 アンヌ隊員に縛られて、踏みつけられ、鞭で打たれたいというところまではイマジネーションが膨らんではいませんでした。(だからどうだっていうのだろう?)

 ただ一つだけ自信を持って言えるのは、「顔の上に座って欲しい!」という切ない思いだけは確実にあったことです。

 そんな自分が、恥ずかしいというよりも、我ながらあきれるというか、そんなバカげた想像をする男の子は全国的にみても僕だけだったに違いない....という劣等感に悩んだものです。

 弁解するわけではないけれど、当時の顔面騎乗への純粋な気持ちは、性的なイヤラシさとは別の、無垢なるものでした。  

 なにしろ、まだオナニーも知らない、おそらく夢精すらしてない少年期のことです。

 ただなんとなくイケナイ像像なのだろうという、漠然としたウシロメタさは感じていました。

 幸いなことに、大人になった今では、まるで少女のようなアンヌ隊員に顔面騎乗されることを妄想すると、思わず勃起してしまうことです。かといって、さすがにアンヌ隊員でオナニーはできません(>_<)

 やってもおそらく逝けないんじゃないか。

 そんな自分が、とても愛おしく感じるのですが、どこか間違ってますでしょうか?

annu01.jpg

 どうでもいいか、そんなコト。



 【この記事を読んだ人は次の過去記事にも関心を持つかもしれないと管理人は思っています】

■ 実写版「ヤッターマン」




関連記事
[ 2012/06/30 08:46 ] 萌え画像 | トラックバック(-) | CM(8)
 ひし実ゆり子さんはブログを開設されているので、一度お尋ねになり、足跡を残されては如何?
[ 2012/06/30 22:55 ] [ 編集 ]
え? そうなんですね! 知らなかったなぁ。

いや〜、でも本当に恥ずかしいから、コッソリしてますわ(^^)

[ 2012/06/30 23:42 ] [ 編集 ]
 かなーり、天然なオネエ様なんで、本人は乗ってくれるかも知れません。ウルトラセブンのシーズン中盤、余りの天然ぶりにプロデューサーが呆れて、しばらくストーリーに絡まないような位置に放り出されていたとも伝えられています。(が、本人は否定してないらしいし)
 ただ、永遠のウルトラ・ヒロインですし、地球防衛軍極東方面本部を敵に回しそうな気もします。
 
 対照的に科特隊のフジ・アキコ隊員、桜井浩子さんは円谷プロの役員をされていたり、姐御肌なところがあり、ファン感謝祭の時なんかは元子供の大きなお友達に号令を掛けて扱き使っちゃうそうです。
 もちろん、フジ隊員に指示されて動かないようじゃ恥ずかしいとばかりにヲタ共は走り回る、とか…
 同じイベントにひし実さんが参加すると、あっという間に親衛隊が配置について、奉って進行しちゃうとも云われています。本人に何かやらせると、ホントに科特隊や地球防衛軍日本支部に出動要請しなくちゃならないほどの惨事が起きる、らしいです。
[ 2012/07/01 10:33 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。


 ブログ拝見しましたが、見事に普通の、健全な内容ですね。

 セレブとしては珍しいくらいで読者層がよろしいのでしょう。僕みたいなヘンタイが絡む余地はない。

 しかし、ひょっとして「僕の顔の上に座って下さい」とかちゃっかりお願いしてみたら、「いいわよ〜ん」と軽いノリで応じてくれたりして(^^) 

 そこまで天然かもしれないという想像をするのは楽しいですね。

 (でもその後で裏警備隊に半殺しにあいそうな気がする... いや既に、コレを書いた時点でブラック・メールが来るかな)

 ぢつの所、このエントリーは健全なファンや、あるいは不健全なファンの逆鱗に触れかねないとも思って、しばらく投稿をためらっていたものですが、まあ想像するだけなら自由だよねっていう開き直りでアップしちゃいました。

 けしからん!というコメントが入るかとヒヤヒヤものでしたが、丁寧なコメントに安堵しております。


 ところでプロ女王様には天然の人がけっこういらっしゃいます。
二つのタイプがあって、プレイ中は切れ味の鋭いリアクションでほれぼれするのですが、いったんプレイを離れた日常の物腰や挙動がテンネンな人と、プレイ中もテンネンまるだしになるタイプ。アンヌ隊員は後者なんでしょうかね。

 イベントに行って昔を懐かしむのよいですが、僕は子どもの頃のイメージを大切に、永遠のヒロインに顔面騎乗をされる妄想をいつまでも慈しみながら余生をおくりたいものです。


[ 2012/07/01 13:53 ] [ 編集 ]
 ひし美さんの旦那は年下のイケメンで、中華料理店のオーナーなのは、ググって頂くと分かります。
 その旦那との間に生まれた子供さんが幼稚園に上がり、運動会に父兄として参加したところ、若いお父さんたちがパニクった、という伝説があるそうで。
「…なんで、アンヌ隊員がここに居るの????」
で、異星人に凍結光線でも浴びせられたか、という勢いで固まっていたとも。
 結局、記念撮影会が始まっちゃって、そういう若いお父さんはそれぞれの嫁に
「オマヱは何を撮っておるんじゃあっ!!ゴルアッ」
と、叱られたとか。
>けしからん!というコメントが入るかとヒヤヒヤもの
 ウルトラファンも大概ですから、文句言ったりしないと思います。版権が絡まない限り。
[ 2012/07/01 14:39 ] [ 編集 ]
 おお! 面白いエピソードですね。

 キャンデーズのようなアイドル信仰とかファン気質も、ウルトラ世代にはまだ馴染みがなかった時代だったのだと思う。虚像と実像のギャップをどう処理してよいのかわからない世代。オタク以前でしょう。アニメも黎明期だったし。

 女優「ひし美ゆり子」よりも、アンヌ隊員というキャラクターのほうの比重(魅力)も大きかったのではないかな。このキャラなくしてウルトラヒットはありえなかったでしょう。

 僕はウルトラマンやウルトラセブンを好きでみていた世代ではあるけれど、ファンになれるほど夢中になってはいなかった感じですかね。

[ 2012/07/02 00:38 ] [ 編集 ]
 ひし美ゆり子さん、桜井浩子さん、黒部進さん、森次晃嗣さん、古谷敏さんあたりの俳優さんたちがウルトラ体験記を出版されています。
 それによると、特に男性陣に共通しているのは
「本放送開始直後は恥ずかしくて仕方なかった。」

「でも、ふとしたきっかけから、望んでも演じられない希有な役を演じていることに気がつかされた。」
という感想。ド天然のひし美さん以外は大抵、この境地に至っているようです。
 そういえば、古谷敏さんは1970年代後半以降、テレビやアトラクションの世界から全く身を引いていて、死亡説まで出ていたようですが、ふとした機会に健在なのが分かると、ファンからは、
「M78星雲、光の国への出張からお帰りなさい。」
と声を掛けられてしまったとか。


[ 2012/07/02 21:29 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/03/04 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ