FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

命のキス 



 年末のニュースでしたけど、命のキスで消防士に救われた猫ちゃんたちの話題に心が和みました。

Cats given kiss of life by firemen

 英国の民家で火事があり飼い猫が台所で煙に巻き込まれ、「気絶」したりフラフラしている6匹のネコが「救出」されたそうです。普段は新生児に使用されている小さな酸素吸入装置が装着され、猫たちは意識を取り戻したとか。

 こおゆうのを微笑ましいと思う一方で、窒息プレイを連想してしまうのはヤバいですかね。顔面騎乗にもかぶる部分があるとはいえ、純粋に呼吸困難な状態や窒息感を快楽とするのはかなり危険な遊びで注意しなければなりません。マニアは多いみたいですが安易に手を出す領域ではないと思う。それこそ緊急時には酸素吸入器が必要なのかもしれません。

 このようなマニアのサイトもありました。顔面騎乗の場合は、窒息感というよりは「圧迫感」の方に重点があり、女王様のお尻や衣類の質感を楽しむ感じがするのに比べると、窒息フェチの場合はもっと即物的なこだわりが感じられます。ラバーフェチのほうに近いのでしょうか。

 フロイトやその周辺の文献などを読んでいると、「死への欲動」という概念がマゾヒズムと関連づけられて考察されています。これは精神分析学の難しい話で、わかりにくい。
 マゾヒズムを突き詰めていくと、好きな人から受ける苦痛の結果、もう死んでもいい!と思ったりするアレとはまた違う話のように思われます。愛する人のためなら死ねるという「愛と誠」の岩清水君ではなく、生物学的に自我本能が単独で死を求めることがあると言っているようです。

 あえて乱暴な言い方をするならば、「窒息フェチ」はどうもこちらのほうぢゃなかろうか?と思います。顔面騎乗の場合、当然好きな女性から座られることが大切なのであって、圧迫感や窒息感はその次という気がするので。その延長線上に死の可能性はありそうですが、死への欲動というところまでは逝ってないんじゃないか。逝っちゃっている人もいるのかもしれませんけど。
 
 死への一歩手前まで逝きそうな窒息フェチの方が、マゾヒズムとしては高度で危険な領域にあるとは言えそうですね。素人やエゴマゾフェチが迂闊に足を踏み入れては逝けないような気がするのです。
 
 まあ、バキュームラックやラバー製品を使わずに、女王様の素手で鼻と口を押さえつけられるぐらいで我慢しておくのが無難なところではないでしょうか。

 お雑煮の餅を喉に詰まらせて窒息だけはしないように気をつけましょう。

関連記事
[ 2009/01/02 09:04 ] 報道 | トラックバック(-) | コメント(-)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ