FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

萌えるマゾヒズム 

ホイチョイ
 
 マゾヒスムとはいったいどういうものなのか、長年考えてきましたが、ここに一つの解明の光を見たような気がする。

 日常から非日常へ、支配的立場から服従的立場への転落という構図は、トラディショナルなマゾヒズムの基本です。

 おそらく全てのアブノーマル願望の本質には、この「胸キュン」現象が関与しているのであり、そこにはどういうシチュエーションで萌えるかという個人差や嗜好性の違いがあるにすぎない。

 「ご主人様」と呼ばれてキュンとなる人もいれば、「この変態野郎!」と罵倒されて萌える人もいるわけで。

 せっかく敬語を使われていたのに、あるタイミングでタメ口に切り替わった時に萌えるというのは、現代的草食系マゾヒズムには、十分ストライク・ゾーンなのであろう。

 僕も40代ぐらいまでは、自分の口のききかたがなっていないのを棚に上げて、目下の人間のぞんざいな言葉遣いに内心「ムッ」としたりもしたのですが、いい歳になってくると、何だか知らないけど寛容になってくる。

 というか、どうでもよくなっちゃうんですよね、もう。

 もちろん言葉は大切だし、言葉責めも好きなので、こだわりはあります。


 ある時期から、若い女の子たちの男の子みたいな口調や、純正な大和撫子ラインから外れたトーンにどことなく惹かれるものを感じるようになってきた。

 若い人には意味不明でしょうけど、一度でも新人の指導的立場や管理職などを経験した中年以降の世代であれば、この4コマ漫画のように、年下の美少女からの「タメ口」攻勢に惹かれる心理はよくわかるのではないだろうか。

 あえて「美少女」と書きましたが、ここに同性愛的な要素が絡んでくるとよくわからん(>_<)

 ゲイM Tさんとか秋山さんなら、美少年にタメ口きかれたら萌えることもあるのかな?

 それはともかくとして、それまで対等か、こちら側が支配的なポジションにいたのに、瞬間的に発生する想定外の立場の逆転が、マゾヒズムのツボの一つを刺激してくれることは確かであろう。

 本名を呼び捨てにされたり、部下から屈辱を受けるというストーリー・プレイが欧米の Femdomシーンでは定番です。

 これとは逆に、女王様から敬語で言葉責めされて萌える屈折したマゾヒズムもある。

 これなどは敬語表現が高度に細分化される嗜好から出て来たオプションみたいなもので、日本独特の文化だと思う。

 メイド喫茶が日本でヒットするわけです。

 沼正三的にはゆるいと言えるのかもしれませんが、価値の多様化とともにマゾヒズムもグローバル化してきました。

 いずれにしても女王様には、上品に、美しい日本語を話して頂きたいと僕は願っています。


 どうでもいいか、そんなコト。



 【少しは関連するかもしれないエントリー】

新井恵理那m
■ 胸キュン!(←死語?)



関連記事
[ 2013/02/11 08:00 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(5)
言葉は重要であります。

敬称一つにしたって。さん、さま、ちゃん、女王様……、それで相手との関係が違ってきます。

S女の敬語はかなり萌えですね。「土下座していただけませんでしょうか」。S女のタメ口も結構好き。「ねえ、足舐めてよ」。S女の命令口調がまたたまらん。「早くチンコ出せ!」
[ 2013/02/11 10:03 ] [ 編集 ]
そういえば、摘発前の夢楽園でナンバーワンを守り続けていた女王様は、決してオラオラ系の言葉を使わない女王様でした。
例えば私のアナルを指で検査しながら、「あら、またお尻の穴が緩くなってるわよ。この前私に調教されてから今日までの間に、何人の男に犯されたのかしら?」みたいな感じでしたね。
上品なルックスと合わせて、どんなに変態な行為をしていても、なぜか気品を感じさせる立ち振舞いは、さすが関西SM界のカリスマと納得でした。
それから年下男性に責められるときの件ですが、残念ながら私の場合は全然参考にならないと思います。
最近はイケメン青年とのプレイも珍しくないのですが、A君に乳首をいじられながら「乳首大きいですよね? どうしてこんなに大きくなったんですか?」と聞かれてフル勃起。
B君には、「あれ、パイパンじゃん。やっぱりド変態だ」と笑われて、フル勃起。
C君にはぺニ棒でアナルを犯されたながら、「オラ、もっとしっかり締めろよ、豚親父!」とビンタされて、トコロテン発射。
結局どのパターンでも興奮しちゃいます(笑)
変態すぎて、ごめんなさい。
[ 2013/02/11 10:51 ] [ 編集 ]
すみません。私の悪い癖で直接的エロ行為のときの事ばかり書いてしまったので、ちょっと補足します。
日常生活での年下男性からの言葉づかいに関しては、敬語でもタメ口でも、最近は全然気にならないですね。
とくにフレンドリーなタメ口なら、敬語使われるよりむしろ好きかも。
でも萌えることは、ないです。
本物の同性愛男性なら萌えるのかもしれませんが、私の場合は「男性にも辱しめられてしまう惨めな自分」に興奮する欲張り男女共用マゾなので、正直真性同性愛男性の感覚は、わからないです。
[ 2013/02/11 11:30 ] [ 編集 ]
年下の女性に君付けで呼ばれると萌えます。
実際に経験あります。
[ 2013/02/11 19:50 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/13 09:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ