FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

健全なマゾヒズム 

tumblr_lrvqh3PZpk1r0g5e9o1_1280.jpg


 縄師の 我流縛 によれば、SMとは「セクシャル・マゾヒズム」の略で、

「SMプレイにサディズムは存在しない」のだという。

 これは僕も昔から思っていたことで、どちらかといえばS側(サディズム寄り)とも言える縄師の立場からこのような発言がされるとはちょっと意外でありました。

 彼が言ってるのは、女性を縛って責めるような、いわゆる伝統的で典型的なSMプレイにおいてでさえ、そこには性的マゾヒズムよる共同幻想が責め側(S側)にもなければならないということです。

 内面に性的マゾヒズムのない画一的なサディズムによって行われるSMは暴力であり、「SMプレイ」と混同することに警鐘を鳴らしている。

 おそらく一般的には(マニアックにも)SMとは「サディズム&マゾヒズム」と解釈されていて、精神医学用語として間違いではなく、形而上学的にSとMは共存関係にある。

 しかしながらプレイ、つまり「ごっこ」として行われる現代のSMプレイにおいて真のサディズムは存在しないし、あってはならない。

 彼に言わせると、サディズムには暴力を正当化する心理があり、健全なものとは言えない。

 だからといって、マゾヒズムがサディズムと比較して健全であるかどうかはともかく、

 現場でイニシャティブを握るサディズム側に、より確かな健全性が求められるのは当然です。

 よくカリスマ的な緊縛師やS男性が「SM(あるいはサディズム)とは究極の愛情表現である」などと宣いますが、はたして本当にそうなのか。

 もしかすると異常者とまでは言わないにしろ、誤解や無知からくる加害者側の暴力的行為の言い訳にすぎない可能性だってあるかもしれません。

 当然ながらこれは、女性がS側となる Femdom 的なSMプレイにも同じことが言えます。



 責められるM男は、自己のマゾヒズムとは別に女王様のことを愛している。

 そのこと自体が幻想なのかもしれないが、逆に女王様のほうにはM男への愛もないのに

「責めている私の行為には愛があるんだワ...^^)」などと勘違いされては困るのです。

 プロ・アマ問わず良心的なSM愛好者の間でも、「愛情表現」という切り札は使用されてきた。

 痛くても、汚くても、本当にイヤでも、そこに愛があればなんでも正当化されてしまいがちなSMの世界。

 そういう微妙なグレーゾーンを排除し、現代のSMを健全化しなければならないと我流縛は主張する。

SMの健全化について 我流縛のブログ「紅縄庵 思索之間」より


 僕の数少ない個人的な経験から言っても、人柄が優しくてひょっとするとM女かもしれないと思われるような女王様にこの点を誤解されてるようなケースがかつてありました。

 しかしそれで僕が不愉快な思いをしたかというとこれまた微妙で、この問題は本当に奥が深く、難しい。

 「両者合意の上」とはいっても、いったいどこまでが「合意」なのか。

 合意していない境を越えてしまった時点でそこから突然「暴力」と言えるのだろうか?

 正直なところよくわからないのですが、かろうじて僕が思うのは、

 SMプレイは「SとMのプレイ」ではなく、「マゾヒズムの遊戯」であり、

 「SとM」というよりも、「そこにいる両者」のコラボレーションなのではということです。

 そして確かに、サディズムとは無縁なのでしょう。

shoten_03m.jpg


 女王様やS女性がM男を嫐って楽しまれるにしても、そこにはいわゆる暴力的なサディズムはありえない。

 これは要するに我流縛の言うところの「セクシャル&マゾヒズム」プレイと同じだと思います。

 たとえ合意の上であっても、暴力との境界境が曖昧だったり、犯罪スレスレの行為は避けるべきで、良識ある大人のたしなみは必要です。

 そのためには健全なるマゾヒズムの理解が不可欠なのです。


 僕らマゾヒストの性癖は、本当は健全と呼べるようなものではありません。

 だけど、自分が自分らしくあるためには必要な「不健全さ」なのです。

 時には健全さを保つために、思いっきりヘンタイであることを潔く認めなければならない。

 不健全な変態が「変質者」であり、犯罪者になってしまう。

 マゾヒズム自体は犯罪でも変質でもなく、たんなるヘンタイの一種で、罪はないのです。

 誰かにいいわるいとか、または悪趣味と言われてしまえばそれまでですけど、ほっといてほしい。


 自分は変態(ヘンタイ)であろうとも、心身ともに健康でありたいと願っているのです。


trampling-10.jpg


【気になる過去ログ】

■ 理想と現実

■ ノーと言えないマゾ

[ 2011/11/19 10:06 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(2)

背中で感じるマゾヒズム 

背中に感じる愛

 僕は昔から(子どものころから)、お馬さんごっこが好きだったのですが、親や大人を馬にして乗ったという体験はありません。

 そちらのほうではなく、子どもにしては奇妙なファンタジーとして、女性のお馬さんになってみたいという願望のようなものが、幼心になぜか芽生えていました。

 それをつきつめてみると、女性に支配され、服従したいというマゾヒズムの根本的な気持ちに行き当たります。

 この辺りの心理的メカニズムについては馬仙人さんがサイトでも詳しく解説されていますが、どろどろした意味不明なマゾヒズム願望の中でも、比較的シンプルというのか、わかりやすい部類にはいるのではないでしょうか。



 この気持ちをさらに厳密に分析するなら、馬になりたいというよりは、女性に背中に乗って頂きたいという感じです。

背中に感じる愛_3


 征服者の重みを感じることで、奴隷に許された女王様との唯一の触れ合いにひとときの幸福を味わう。

 人間椅子や顔面騎乗にも通じる根本的なリビドーがここにあるような気がしています。







【関連エントリー】

■ 背中に座られる時




■ 楽しいお馬さんごっこ

■ お馬さんごっこ







[ 2011/10/02 09:26 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(0)

射精管理 

 先日、「射精管理」を主なテーマとするブログから相互リンクの依頼がありました。

 なかなかオモシロそうです。

 正直なところ「射精管理」というキーワードが、僕の中ではあまりピンとこない概念だったので、この種のサイトやプレイにこれまではそれほど関心が持てませんでした。

 もちろんこれの大好きなM男性は多く、カテゴリーとして巨大な市場を形成しているのを知ってはいましたが、リンクを依頼してきた管理人さんがS女性だったのでちょっと意外でした。

 しかしよくよく考えてみれば、男側から射精管理を望む意味不明さに比べると、女性が男の射精管理をして楽しみたいという気持ちの方が自然なのかもしれません。

 特にS女性にとっての射精管理は、SMよりは親しみやすいジャンルのようです。

 確かに鞭で打つ行為よりは手軽に、それでいて精神的にも肉体的にもより深く「男性を支配している」という醍醐味が味わえそうなプレイ(ツール)ではあります。

 これをご縁に、この問題について少し真面目に考えてみたいかなと思っています。

そんな大袈裟にかまえるほどのことかって...^^


Chastity装着図s


 男性マゾヒズムは、女性に支配され服従することで性的な快楽を得る心理的なメカニズム。

 肉体的&精神的な苦痛を受け入れ、羞恥や被虐感に悶える。

 だから女王様によるM男の調教では、全ての行動が管理されることになります。

 したがって、自慰行為さえも規制されることは初期設定で含まれていた。

 ところが近年、射精管理だけが独立したカテゴリーとして一人歩きしているような印象があります。

 以前はこの「射精管理」という四字熟語は存在しなかった。

 CFNM(着衣女性&全裸男性)のように、日本においては比較的新しい概念です。

 これについては 頭脳性感 にも、日本初の射精管理というエントリーがありますが、ネットの普及とともにこの言葉が登場したのは1990年代に入ってからのようです。

 昔のSM雑誌にも「射精管理」そのものをテーマとする小説やイメージはみかけなかった。

 ただ、奴隷が女王様にお願いしてオナニーの許可を頂くとか、女性の手や足によって強制的に逝かされてしまうというかたちで、SMプレイのプロセスの中に射精管理があらわれてきます。

 言葉としての定義はされていなくとも、古くからメニューとしては存在していた。

 しかしオプション的な位置づけで、射精管理がメインになることはあまりなかったと思います。

(少なくとも日本においては... 西洋では男性貞操帯が古くから考案されていた)


キーホルダー

 貞操帯(Chastity Belt)をつけられ、その鍵を持つ女性の存在自体が、射精管理の喜びです。

 鍵を持つ女性はキーホルダーと呼ばれ、射精管理の象徴としてM男の心に突き刺さっている。





 
 支配されているというその事実と相まって、貞操帯の装着感は、いつ許されるかわからない射精の時まで継続する、マゾヒズムにおける最大の官能ではないでしょうか。


女王様のお許しを得てからオナニーするのがM男

女王様の眼の前でオナニー

 だけど射精は許可なく逝っちゃうことが多い(>_<)




【関連エントリー】

■ 罪と恥

■ いかせて下さい女王様

■ もし、アムロがマゾだったら?



CB-6000_cool

憧れの貞操帯 CB-6000


 
[ 2011/05/21 01:16 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(12)

ありがとう 

HandJob_02
*写真はイメージです


 マゾヒズムの特質を考える上で、感謝の表現を見直すことは意味があると思う。

 なぜならマゾヒストは、普通の人が絶対に感謝しないこと(例えば苦痛や侮辱)に対して、その行為者へ感謝するからだ。

 感謝の気持ちをきちんと伝えるのはそう簡単なことではない。

 ありがとう」のひと言は大切だが、言えばいいというものではないのだ。

 最近、コンビニなどでお釣りを受け取る際「ありがとう」と店員に言う若い客の態度がムカツク、などという事例が報告されているように、逆効果になってしまっていては本末転倒であろう。

 何ごとも、気持ちを言葉だけで伝えるのは難しいものがある。

 月並みな言い方で自分でもつい「ケッ」と思ってしまうけれど、やはり

 心がこもっていないと。

 それこそ、先日 女性崇拝について で述べたように、形式だけではすぐにバレてしまう。

 オーバーリアクションで「ありがとう」を連発するより、気持ちのこもったさりげない会釈のほうがよっぽど重みと暖かみを感じる。

 ここでよく「口で言わなきゃワカンナいよ」と言われる部分だが、

 そのワカンナいところを補うのがこうした目に見える形なのだ。

HandJob_01
*写真はイメージです


 近年、その形そのものが崩れてきているような気がする。

 就活でのお辞儀セミナーが盛況なのも納得できる。

 親子や友人同士も含めてフラットな人間関係が進み、礼儀作法の枠組みがダイナミックに変化してしまった。

 「ただの友だち」のような家族関係や ただ友夫婦 も増加している。

 ネットやメール環境の発達も関連しているのか、形の見えないニュータイプのコミュニケーション・スタイルに、リアルな状況でのマナーやモラル意識が追いついていない。

 いきものがかりの「ありがとう」のヒットには、こうした環境や意識の変化も背景にあるのかもしれない。

 誰だって、感謝の気持ちを伝えたいのに、

 思うようには伝わらないから。

 たった1行のケータイメールのあるなしが、感謝の気持ちの有無にすりかえられてしまう。

 しかし時代や社会のシステムがいくら変わっても、感謝の本質に違いはないはず。

 普段からリアルなシチュエーションでの感謝の気持ちを伝えるという実体験がなければ、「ありがとう」と口で言ってもその声は白々しく響くだけだろう。


HandJob_03
*写真はイメージです


 その点、SMセッションの最中M男は気持ちの入った感謝の言葉を連発している。

 いくら虚構のストーリープレイの中とはいえ、その一瞬は永々の真実だ。

 「心の底では見下してるくせに」と、ある女王様には言われてしまったけれども、

 そんなことは全然なくて、僕の馬鹿げた妄想に真摯につき合ってくれる彼女たちには本当に感謝している。

 セッションから離れた場所で、虚構ではなく現実の距離感でこの気持ちをきちんと伝えられなければならない。

 たとえ受け止めてもらえなくても。

 M男のありがとうは、重く、熱いのだということをわかってほしい。


【関連エントリー】

■ トイレの神様

■ 女性崇拝について



感謝の心



[ 2011/01/11 18:44 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(2)

放置プレイ 

Jack's wife


 数あるSMプレイの中で、放置プレイほど意味不明なものはなかろう。

 プレイと名がつくからには、何らかの動的なモーションがあってほしい。

 何かを「する(される)」というほとんどアクションの介在しない放置状態のいったいどこが面白いのか。

 苦痛ではない。羞恥でもない。フェチでもない。

 精神的なSMといっても、見た目には相手との交流がない孤独な空間は、「一人SM」とかわらない。

 「放置されている」という関係性には、厳密には管理されている状態があり、つまり「放置」されていない。

 ここが曖昧であり、なかなか理解されにくい点だと思う。

 フェチ動画としても、延々と鞭で打たれたり顔面騎乗される映像と比較すれば、放置されているM男をずっと見ているのもツライものがあるので、カテゴリーとしても成り立ちにくい。

 舐め犬系やスカトロ、緊縛へのこだわりを綴るブログは多いが、放置プレイに関するウンチクを読ませてくれるものもあまり見かけない。

 ときたま、「プレイ中に放置されて萌え~」とか言っていても、最終的にはまたかまってもらえるんだから。

 放置プレイのツボは、(他のSMプレイにも言えるかもしれないが)、よりメンタルで個人的な部類に入り、誰にもわかってもらえないものなのかもしれない。

 たまにSMクラブやフリーセッションのオプションなどで「放置プレイコース」なるものをみかけることがある。

 お金を払ってまで鞭打たれるのがバカバカしいと言うのなら、わざわざSMクラブに来てまで

「ほったらかし」にされる とは、狂気の沙汰としか思えない。

 もっとも全てのSMプレイは狂気の沙汰なのかもしれない。アブない人々のアブない行動。

 それらに説明を求めること自体がナンセンスというのはわかっている。

 それでも例えば「鞭で打たれたいと願うのは、素敵な女性の魅力に支配されたい気持ち」(Whipping Mistress)であるとか、「人間便器願望はご主人様への完璧な信頼、崇拝心の現れ」(私はあなたのトイレです)と言ってみたり、あるいは「顔面騎乗は性的な感覚を刺激すると同時に、深い癒やしを与えてくれる」(Happy Facesitting)などなど、その道のマニアならではのウンチクを語ることは許されている。

 「放置フェチM男」さんの哲学を、その醍醐味を僕は聞いてみたい。

 かろうじて僕なりの理解で言えることは、放置されている状態の、次に登場するであろう支配者の責めを待つ「責め待ち刻」という部分である。



 歳をとってくると時間というものが愛おしくなる。

 残りの人生もわずかであるわけで、なるべくなら充実した時間の過ごしかたを願わずにはいられない。

 何かを待つという時間は、胸をしめつけるほど切なく感じるのだ。

 恥ずかしい格好で縛られて、目隠しをされ、猿ぐつわもかまされて身動きできない状態で、いつ訪れるかわからない支配者の登場を持つ。

 その時間を楽しめる感覚というのは、独特のものだと思う。

まる一日放置されていたタカシ君


放置プレイ
 神崎春子「アタシの王子さま」


 これを退屈な時間だと思うのか、独自の妄想力で黄金の時間とするのか。

 放置プレイの魅力とはー

 静なるマゾヒズムによる純度の高い精神的な興奮....
 
 わかっていないなりにこじつけると、こうなるような気がする。


*冒頭イラストのキャプションの和訳:妻が変態行為に興味がなく、実は買物に行ってしまったと彼が気づくには数時間を要するだろう



女王様を無視する「逆放置プレイ」

誘惑

これは難易度が高い?





ランキング









[ 2010/06/12 21:09 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(3)

富美子の足 

富美子の足

 マゾヒストにはなぜ足フェチが多いのか。

 その一つの解答がマゾヒズム文学の世界で明快に説明されています。

 ―足への執着―谷崎のスクビズム(2) 「富美子の足」論~やっぱり足が好き!
 
 僕自身は足を人間の身体の中で「下位」には観ていません。

 むしろそれを言うなら女性のお尻をスクビズムの対象として観てるのでしょう。位置的に足よりは上にありますが、足より上位とか尊いという感覚ではないようです。

 ただ、足で踏まれるよりも顔面騎乗を好む理由としては、スクビズムだけでは根拠が不足すると思われます。

足で踏まれるのも好きだけどne
 

 それはともかく、女性の特定の身体部位を神として崇拝する概念はマゾヒズムの基本的なコンセプトです。

 谷崎文学の名作「富美子の足」で、塚越老人が富美子の足から滴り流れる水を神酒として飲む描写は、近代日本文学史上最も美しいシーンとして永々に語り継がれていくべきです。

 これがおそらく嚆矢となり、女王様の足や太ももを媒体としてお酒などを飲むという普遍的なファンタジーがM男の脳裏に焼きついた。

北川プロの作品でも登場!

作品 No.178「舌奴隷・美脚の洗礼」 Kika 女王様


 「富美子の足」は先日ドラマ化され、テレビでも2度放映されました。

 全国の足フェチファンのみならず、SMクラブの女王様やノーマルな一般ピープルをも巻き込み、反響は大きかったようです。

 見逃してしまった人に朗報。今なんと、渋谷の映画館で公開中!!

 加藤ローサの足を舐めまくる老人の姿を迫力の大画面で見られるとは、なんて素晴しい!

 だけど、それを観ているおっさん連中は、ほとんどが足フェチかマゾか変態ばかり?

 ちょっと、そんな場所へ行くのはためらわれるかもしれません....

 若い人はぜひ彼女を誘っていきましょうね!

 いや、なるべく若い女性が集団で見て欲しい映画です。


富美子の足



 定期購読リストにマゾヒズム文学の世界を追加しました。

 ここ、確か以前はHP形式のサイトであまり動きがなかった気がしますが、最近ブログとしてリニューアルしたようです。ブログだとRSS情報の取得で更新状況がわかりますので、試験に出るSMの傾向と対策として、受験性の皆さんは最新情報を常にチェックしておいて下さい。

【関連エントリー】

■ 平安時代の足フェチ

■ 試験に出る顔面騎乗

■ 加藤ローサの足

■ 試験に出る春川ナミオ

■ マゾのお酒の正しい飲み方



m(_ _)m

ランキング






[ 2010/05/12 14:01 ] マゾヒズム概論序説 | トラックバック(-) | CM(2)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ