FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

映画「沈黙 -サイレンス-」 

かみさまへの手紙


 映画「沈黙」を観てきました。


 高校時代に遠藤周作の原作を読んでいましたが、好みのタイプの作品ではありませんでした。

 「神様なんていないんだよ」といったようなお話で、救いがない。

 この映画を観て、昔アメリカでベストセラーになった有名な絵本「かみさまへのてがみ」を思い出しました。

 世界中の子どもたちが神様宛に書いた手紙のコレクションで、原書にはない葉祥明のイラストと谷川俊太郎の訳が実に素晴らしかった。
 
 例えばこんなのがあります。

 かみさま あなたって ほんとに いるの? 

 そうは おもってないひとたちも いるわ

 もし ほんとにいるんなら 

 すぐに どうにか したほうが いいわよ
  

                          ハリエット・アン



       谷川俊太郎・訳(サンリオ刊)


 大人になってしまうと、考えもつかない、言えないような迫真の表現の数々。

 谷川俊太郎の訳もネリリし、キルルし、ハララしている!


 もし しんだあと いきるんなら 

 どうしてにんげんは しななきゃ いけないの?




 スコセッシ監督がこの絵本を知っていたかどうかわかりませんが、テーマに深く関わってくる問いかけです。

 もう一つ、「マゾ花」的に考えさせられたことがあります。

 踏み絵を踏まされるシーンが何度も出てくるのですが、本心では「したくない」ことを「やらされる」感には、それがどんな行為であれ、なんとなくマゾヒスムに通じる部分があるような気がするのです。

聖セバスティアヌス

 マゾヒスムの古典的な、そして有名な解説に、被虐者が自己防衛のために用いる精神的なシステムとして発達したというのがあります。

 まるで宗教のように女王様を崇拝するマゾヒスムには、お許しを乞うという行いに、キリスト教との共通項があるように思われます。

 僕は神様は信じていないですが、女神様は信じてみたい。

 それが菩薩観音でもなんでもいい。

 女王様は、最終的には僕のことを裏切らない。

 そんな妄想を抱いているわけですが、何か問題ありましたでしょうか?、

 裏切られてもなおかつ萌えるマゾヒスム。
 

 本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。


 
 いけないぼくのことを しかってくれる 

 じょうおうさまは ほんとうに いるのかな

 あしや おしりで ふんでくれるかな?





[ 2017/03/06 19:56 ] FemDom座映画劇場 | トラックバック(-) | CM(5)

ソフトなプレイはハードか? 


 恥の多い人生を歩んできました。
Soft_Facesitting.jpg

 初対面の女王様とプレイをする時、カウンセリングで僕がよく使う決まり文句は

「ソフトなフェチプレイでお願いします」というものです。

 これが必ずといっていいほど、女王様にはあまりいい顔されません。

 ソフト・プレイは、実は女王様側にとって、ハードなものであるらしい。

 ある有名な、熟練女王様の最近のブログに、以下のような記述がありました。

 ソフトプレイの人はツボが狭いことが多く、やり過ぎると興冷めになってしまうので、
 その狭いツボにハマることは何なのか、Mの出すシグナルに注意深くならないといけない。


 う〜ム、なるほど。

 ハード・プレイより神経を使わなければならない、という意味でやりにくい... と。

 ではハード・プレイ嗜好の人はツボが広く、やりやすいのでしょうか?

 例えばマッサージされている時、ツボをピンポイントで指定するのは難しくて、上手くキメてくれた時に、


 「あ〜ソコ、そこ! ソコなんだよ〜(>_<)

bdd9a9bd6ef6a64d28b7f2142d54f917.jpg


 ・・・と思わず恍惚となるような状況は、SMプレイでは滅多にない。

 ハードであろうがなかろうと、ツボをはずされると興ざめしてしまうのは同じで、要は

 ツボを見極める難しさが、ハードルの高さなのだと思う。

 何度かプレイしてみて、お互いに気心が知れてきても、

 SMプレイの最中には、注意力、想像力、共感力は、お互いに、常に必要。

 両者どちらかに、そのどれかが欠けていると、プレイはしんどくなる。

 内容がソフトでもハードでも、気の使い方には同じエネルギーがいるものだろう。

 女王様には、なるべくなら苦労をおかけしたくないと僕は思っています。

 可能なら、僕とのプレイを楽しんで頂きたいと願っている。

 だから、「メンドウクサイことお願いして申し訳ないです(>_<)」と、恐縮しています。

 
 言われてみれば、これはこれで確かに「ハード」な依頼内容ではあったのかもしれない。

 難しいことをお願いしているからには、こちらも全力でそれに応えなければ逝けません。

 ソフトプレイが楽ではないのは、マゾ側にとっても同じです。

 立場的には受け身なので、場を仕切るようなことは出来ないですが、全身全霊でセッションを受け止め、


 「いえ、そこはそうではありません(>_<)」とか、

今のところは、このようにしてはいかがでしょう? などと、


 そこはかとなく、自分のエゴマゾっぷりを自己主張してみる。
 
 「ソフトに」、ほのめかすようにプレイを誘導してみるんだ。 (。。)☆\バキ

 これはコレで、ソフト嗜好のエゴマゾにはハードルが高いです。


顔面騎乗で脱ぐ!-1


  本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。

  マゾにとっても、楽なセッションなんて無い。

  楽をしたいとも思わないのだけれど、お互いに楽しめるようにするには、楽はしないんだ。






[ 2017/02/19 22:16 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(4)

瀬里奈女王様 



 SMクラブの女王様がアイドル化したのは、1990年代に入ってからだろうか。

 それ以前は、顔出しで広告に登場する女王様というのは、例外中の例外で、お店に行ってアルバムを見るまでは素顔を拝むことは叶わなかった。


瀬里奈&和樹

 アイドル並みの美形がSMクラブに在籍し、ビデオに登場するパターンの先駆けとして、池袋クイーンビーの瀬里奈と和樹は、

 SM界のピンクレディー

 とも呼ばれていた。

pink-lady31up.jpg
ちっとも似てねーじゃん (。。)☆\バキ


 堀越学園化したラシオラ登場以前の時代である。

 この二人はSM雑誌の巻頭グラビアにもよく登場していた。

 SMセッションを盛り込んだ内容のAVが普通の本屋さんでも売られ、アダルトビデオの純正なカテゴリーとして「SM」に市民権が与えられたのは、この二人のアイドル性が受けていたからだったと思う。

 それまでSMジャンルは、AVショップの目立たない片隅に、申し訳なさそうに追いやられていたのだ。

 もう一人、秀美という伝説的な女王様もいたけれど、今現在消息がハッキリしているのは瀬里奈女王様だけだ。

 (瀬里奈さんは一時期ラシオラにも在籍されていた)

 その瀬里奈女王様のいるフェティッシュ・バーが新宿のピンククリスタル

 数年前に「生前退位」されるような情報も流れましたが、現在も元気にやってるようです。

 会いに逝ける女王様の先駆けとして長年にわたり古いマゾの心を癒してくれています。

 女王様としての務めが十分に果たせないことに責任をお感じになれても、末永く現役でいて欲しいと思います。





【関連エントリー】


■ 秀美女王様



■ 女王様伝説・和樹女王様
女王様伝説・和樹女王



■ 北川繚子




■ シャネル
シャネル


■ 春日ルミ



■ 朝霧リエ
朝霧リエ

■ ベティ・ペイジ
PU_bettie_page_20.jpg



[ 2017/02/11 08:35 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(9)

わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう 

My_normal_diversity.jpg


 それを、わたしたちの「ふつう」にしよう。

 これは、ある自治体が制作した人権啓発ポスターのコピーです。

 多様な価値観を受け入れて、お互いの個性を認め合う。

 金子みすゞもいっているように、みんなちがって みんないい。


Futsu_1.jpg


 口で言うのは簡単ですが、頭でわかっていても、心の中ではどうなっているのでしょうか。

 時々僕は、仕事やボランティア活動などで、話の噛み合ない人に、似たような言い方を使うことがある。

  あなたの常識と、僕の常識は、違うみたい。 
 (順番は入れ替えてますけど)


 個性や価値観がみんなちがうのは、当たり前のことで、それを再確認するだけでは何の解決にもなりません。

 ちがうことを認めつつ、歩み寄るのが、本当は理想なんだ。

みんなちがって、みんないい


 たまに、SMバーなどで「常識」を「性癖」に言い換えて、知り合ったM男性に言うこともあります。

 しかし、異なる性癖のM男性に歩みよるのは難しい(>_<)

 彼に出来ること(鞭とか)が、僕には出来ない。

 しかし、僕に出来ること(顔面騎乗とか)は、彼にも出来る。

 そんなの、ズルくないですか?

↑ どこが  (。。)☆\バキ




CBT_Futsu.jpg

 わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう

 このコピーの本質は、平等とか自由の問題ではないと思います。

 極論すれば、人はみな不平等で、不自由なのです。

 それを受け入れて、自分にとって身の丈に合った願望や快楽を模索する。

 あなたの願望と、僕の願望はちがう。

 僕はこれを女王様にも(恐る恐る)言ってみたりする。

 僕は鞭がNGなのに、女王様は鞭が大好きだとします。

 もしも彼女が僕を鞭で打ちのめしたいと望むのであれば、

 別に打たれても構わないかも鴨川〜(>_<)と思える時が稀にあります。稀に。
 (ある特定の女王様に限ってのことですが・・・)

 でも多くの場合女王様は、「マゾがそれを望んでいるのだろう」と推測している。

 僕は本当はそれを望んではいない。

 女王様は僕が心の底からは望んでいないことを承知し、少し手加減して打ってくれる。
                     (↑ココが重要!)

 なんだか不思議なことですが、それが嬉しかったりして。

 こういう微妙で意味不明なマゾヒズムの快楽は、他の人とちがうとは思う。

Futsu_2.jpg


 他の人にとってフツーなことが、別の人にはフツーではない。

 そんなコトはよくあることで、ことさら、今さらどうよ?ってな感じに思うのですが、そのような当たり前のことがわかってない人が増えたのでしょうか...

 他者が自分の「フツー」とちがうことに怒り、いじめやストーキングに走ってしまうのは哀しいことです。

 もともと「自分がフツーでない」と思っていれば、世の中はもう少し平和で、愉しくなるような気がする。


 どうでもいいか、そんなコト。


 本日もマゾ花にお越し頂きまして、ありがとうございます。

 この年齢になってくると、自分が「ふつう」ではないということを、俯瞰的に客観視するようになりました。

 変態な自分を、今は普通だと思っていますが、何か問題ありましたでしょうか?



わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう

 


owk_Futsu.jpg




■ 勇気が出そうにない時、つぶやきたい言葉

KneelDown_Kiss_01.jpg





心に響く言葉





[ 2017/02/05 08:06 ] 心にしみる言葉 | トラックバック(-) | CM(13)

M男の名に恥じぬよう精進します 

 恥ずかしいのが好きだから、恥じぬようには精進できないのかも(>_<)

横綱の名に恥じぬよう精進します

 そもそも「M男」を名なのれるほどのものじゃないんだ。

 わかりやすく、性癖のカテゴリーとして、あえて用語を当てはめるとするなら、

 かろうじて「M男」、あるいは「マゾ」と自分は言えるのかもしれない。

 少なくともサディストではない(と思う)

     「見かけはSだね」などと、若い頃は女王様に言われたことがありますけど。

 世の中には、サディズムが混入される歪なマゾヒズムもあるらしい。

 顔面騎乗を女王様に強要するのは「S男的だヨ!」と、誰かに言われたことありますが、

 お願いしてるだけですから(>_<)   ← 同じだって (。。)☆\バキ

 誰しもSとMの両面性があるとはいえ、マゾにS性が強いとM男の名に恥じるということになるのだろうか。

 女王様も顔面騎乗をされる(M男の顔の上に座る)時に、少しでも「恥ずかしいナ」と感じられるようなら、それは女王様としての名に恥じることになる?


顔面騎乗至上主義
恥じらう乙女に顔面騎乗されるの図


 これまで顔面騎乗をしてくれた女性の多くは、わりあいと無邪気にやってくださるので、そこまで気が至りませんでしたけれども、そのような「羞恥責め」のような顔面騎乗は想像したこともなかった・・・

 「名に恥じぬ」とは、いったいどのような意味なのでしょうか?

 そう名のることが、恥とならぬように振る舞うということに、一般的には思えます。
 
 僕は昔からM男(マゾ)であることをとても恥ずかしいと感じていましたが、名のるからには恥ずかしがらずに、堂々と「顔面騎乗して下さい」とお願いするのが、マゾとしての挟持になるのでしょうか?

 「堂々とする」なんて、かえって恥ずかしいんだけど。

 だからやるのか? 

 女王様から言葉責めとして「もっと堂々としなさい!」とか命令される。

 う〜ん、なんだか判らなくなってきた。

 マゾであること自体が恥ずかしいのだから、そして恥ずかしいのが好きなんだから、恥じぬようには出来ないような気がする。

 だからこのように言い直し(つぶやき直し)ます。

 M男という名に 恥を上塗り するよう精進します



 本日もマゾ花にお越し頂きまして、ありがとうございます。

 だいたいこういうブログ書いていること自体が恥ずかしい。

 そういう恥ずかしい文を読まれるのは、嬉し恥ずかしということになりますでしょうか。



 







 
[ 2017/01/29 08:56 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(12)

女王様の生前退位 




 恥の多い生涯を歩んできました。

 SMクラブの女王様が店をお辞めになるタイミングは、人それぞれだと思われますが、事前に告知されることは滅多にありません。

 女王様の「生前退位」は、マゾヒストにとって実に悩ましい。

 わかりきっていることとはいえ、それが一代限りであり、崇拝の対象となるべき地位が継承されないのです。

 元バロックの麻倉雅さんや、ピンクリの瀬里奈さんのように、退位された後でも、別のステージで活躍するレアなケースもあるにはあった。

 しかし従来は、いつの間にかいなくなっていて、後から、結婚やら出産といった個人的事情から退店したことを風のたよりに知る程度。

 「いつまでも、いると思うな女王様」

 とも言われるように、マゾとしては常に女王様の突然の退位を覚悟しておかなければなりません。

 ネットやSNSの発達した最近の傾向としては、プレイがリピーターだけに限定され、新規予約が受付されなくなり、まもなく退位されることを予感させるアナウンスをしてくれる親切な女王様もいます。

 最後のプレイを惜しむ熱烈なる崇拝者の気持を尊重されているのでしょう。

 このようにして、いつか来るべき「お別れの時」に備えていれば、マゾは次世代の新人のチェックや、前から気になっていた別の女王様へと崇拝の対象を切り替える心の準備が可能となる。

(。。)☆\バキ


 現代は幸福のかたちが見えにくい時代なのかもしれません。



 幸せそうに見える、他の人々の情報の氾濫によって、つい自分と他人を比べてしまう。

 もっと不幸な多くの人々がいることを知るべきでしょう。

 小さな願望でも、それが満たされないと自分は不幸だと思ってしまいがちな世の中。
 
 仏教の言葉に「無常」というのがあります。

 様々な意味がありますが、人の世は常ならずという解釈が僕は好きです。


 象徴としての女王様の存在は、マゾの日常生活の基盤であり、非日常への架け橋として必要不可欠な要素。

 多くのマゾヒストは、現実の人間関係としての奴隷契約や、支配と服従の構図を日常的に維持しているわけではなく、たまにSMクラブへと足を運び、

  鞭で打たれ、縄で縛られ、ローソクたらされたり、浣腸されたりする。

 しかし、それは無常なのです。 

 その時だけの、つかの間の一瞬の幸せな気持。ああ、無情(>_<)

 それを追求する熱意があまりにも巨大なため、それが満たされない時の喪失感も大きい。

 老いぼれたマゾであれば、かつての仮想現実における、不完全でもかりそめの幸福感が、もう二度と得られないことを認めるざるを得ない哀しみを一度や二度経験しているでしょう。

 女王様の生前退位というトラウマは、これからも幾度となく訪れてくる。

 でも、苦しみや哀しみだって永遠に続くものではない。

 理不尽なことは人生にたくさんあります。

 たとえ好きだった女王様にもう顔面騎乗してもらえないという、想像を絶する苦しみにも耐えなければなりません。

 人の世は常ならず。

 時の変わり目を見つめ、じっと待つことです。

 プロとして活躍されている現役の女王様は、そのコトを常に心の片隅において、お辞めになる時はまずひと言、「お言葉」を述べ、有識者による議論と検討を経てから、せめて半年以上は前にお声がけ頂きたいと願っています。

 

 どうでもいいか、そんなコト





[ 2017/01/28 07:12 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(6)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

20位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ