FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Same reminiscence as in Japan has touched my heart... #sardax 



  Known as the world-famous Femdom artist Mr. Sardax who I respect spelled his nostalgic memories on his blog.

Meeting a mistress pre-Internet


I think it is an interesting content because such extreme drawings artist is also might be known to have been shy at one time?

Before the dawn of the Internet era, the means to meet the Mistress you wanted was extremely limited. That is the same as Japan and Britain.

Sardax confessed humbly that he could not imagine his current situation, meeting Mistress as part of his works.

The depiction of a public phone in the Soho district of London is almost the same as that of Roppongi in Tokyo. Illegal and obscene flyer advertisements posted in boxes are also the source of current Ad pop-ups appearing on websites. It seems that the latest technologies, things to do and ideas have not evolved much from old times.

 From there we call the SM club with a little bit of hesitation, I would say. The receptionist informs the customer of the height and three sizes of the queen roughly Once your reservation is complete, you will be taken to the dimly lit underground room near the phone box. And, encountering a stage that hopefully makes up for your own fantasy usually closes the curtain of disappointment.

Sardax introduces the use of the contact media as another option.
It is a cheap black-and-white magazine of A5 size, and if it says in Japan, it will be media like the reader post column of "SM secret". This is also totally same and smiley.


Image_02-contact magazine


The big difference between the old and the present is the amount of information and the quality. With the tools and tools that can not be considered during Sardax's youth, communication with his ideal partner is now possible, which is a gospel to shy people, but the risk which was the once dark experiences has not completely disappeared.

I can read it as Sardax speaks of his memory as a horrific black history rather than as a memory of the good old days, but "The Golden Age is over, but it is not the beginning of the Dark Age"

I am deeply connected.

It was a heartwarming essay with a glimpse of one side as a humble British gentleman.




■ Sardax Femdom Art by British gentleman  *Described only by Japanese
Sardax_鞭



■ Overtones about Sardax   *Described by only Japanese
Sardax_Harp




【Related articles】

*Described by only Japanese

* You can see other his drawings under the "Related articles"

■ Portrait of Mistress

■ Venus in furs

about Sardax ~英国紳士の描く上品なミストレスたち

■ The man who gives Citizenship of being Face-Sitting






[ 2019/06/23 12:46 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(3)

久しぶりにSMプレイをやると、身体の節々が痛い(>_<) 

tumblr_owhfmaCEJa1snlts6o1_500.jpg


 そんなにハードなことしていないのに(どちらかと言えば超ソフト)、体力的な衰えのようなものを、切実に感じる。

 とは言うものの、心ときめくセッションの余韻でもあり、このまま保存しておきたい痛みでもあります。

 若い頃は鞭で打たれた痕なども宝ものみたいに感じていた。

 もう10年以上昔にやらかしてしまった緊縛事故で、今でも左手に軽い違和感が残っています。

 これなどは悲しい思い出ではありますが、愚かだった自分(今もだが)の証であり、マゾ人生の勲章と思って向き合っております。

tumblr_inline_o3poulaf5T1rjkqs4_500.png

 
 それにしましても、「甲斐甲斐しくご奉仕するプレイ」が実現し、夢のような時間でありました。

 こんな年寄りじみた(実際にもう前期高齢者だが)アホ馬鹿プレイに、平成生まれの女王様もよくつき合ってくれたと思う。

tumblr_njuvv3vN9O1snlts6o1_1280 のコピー

 僕にとっては、難易度の高い「ガーターのフックをストッキングに装着する」というミッションに手間取り、もたついている姿を女王様は楽しまれていらっしゃるようでした。

 元気いっぱいの若い彼女は、弱っている僕の身を案じながらも、つい暴走して、僕のことを苦しめる。

 チョー楽てィ(>_<)


 苦痛と快楽。哀しみと歓び。

 SMでは、相異なるものが隣り合い、揺らぎながら共鳴しているんだ。・・・


 いや〜、SMって、ホントイイモンデスネ!
 
  それでは皆さん、またお会いしましょう。

日曜洋画劇場 淀川長治

 サヨナラ、サヨナラ、 サヨナラ!



tumblr_oyf9pzcoGd1snlts6o1_500.jpg


[ 2019/06/16 14:01 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(8)

秘すれば花 


秘すれば花

 おっしゃる通り!

 そりゃそうだと思いますわ(>_<)


[ 2019/06/14 13:31 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(5)

「束の間の征服」ロートレック 

ロートレック「束の間の征服」

 女装の趣味はないけれど、昔、編み上げ式の本格的なコルセットを買ったことがある。

 もちろん、女王様に着て頂きたいと思ったからでした。

 初めて実物を手にした時、なんとなくエロティックな気分というよりかは、これはいったい下着なのか、器具なのか?という、奇妙な感興があった。19世紀のヨーロッパで発明された比較的新しい衣装で、産業革命的歴史の重さのようなものも感じる。実際、ずしりと重たかった。

北川プロパッケージ画像_#05「グレース」
 
 SMやボンデージでは定番のアイテムだし、ノンケの紳士淑女にも愛好家は多いと思う。

 ハイヒールなどと並び、女性ファッションは身体的に負担が大きく、それは美の犠牲として、つまり男目線を上位に置いた因習と伝統的な構造が見え隠れする。

 パンプス・ヒール強制問題の終着点──結局、女性たちは何を履けばいいのか?

kutoo-1-1.jpg

 SMクラブで予約時に、衣装や小道具の希望を尋ねられると、昔はよく

「バリバリのボンデージとハイヒールでオナシャス!」

 などとやみくもにお願いしてましたが、最近はなるべく、「動きやすい楽なスタイルで」とか、「カジュアルな感じに、女王様のお好みで」と言うようにしています。
 
 季節によっては「水着ってアリですか?」などと、トンチンカンなお願いもしてたりしますが、なるべく女王様のお体に負荷の少ない配慮をするようになりました。

 しかし、やはり視覚的な魅力も諦めきれず、ご挨拶の時だけ一瞬パンプスを履いて頂いて、跪いてキスをするという様式にコダワリたい衝動にかられてしまう。

 だから、使うかどうかはともかくとして、コルセットとハイヒールは、セッションの時にはいつも「マイ・グッズ」として持参しているのですが、ナニカモンダイアリマスデショウカ?

 
  国会でも議論  女性へのパンプス強制はハラスメント? 

4b683_1641_f863f2be_3a4dd334.jpg

 まぁねえ、SMクラブで女王様にコルセットやハイヒールをお願い(強要?)するのをセクハラとまでは言われないにしても、そういうマゾのワガママは、「束の間の制服」とは言えるのかもしれませぬ(>_<)

 オシャレだと思って女王様が自ら主体的に身につけられる場合でも、苦痛に感じていらっしゃったり、それこそ因習的プレッシャーを無自覚に着流しているとすれば、潜在的にハラスメントとなりえるのかもしれない。


 それにしましても、僕はエゴマゾであることを否定しませんが、地球環境以上に女王様には優しい「エコ(ECO)マゾ」を心がけております。

 そうすることで、女王様の方も、マゾに優しくしてくれるような気がします。

        気がするだけですが(>_<)




■ ガーター騎士団





[ 2019/06/09 10:55 ] 美術 | トラックバック(-) | CM(2)

女王様と海に逝きたいなぁ 



 浜辺で下僕プレイ(>_<) 

 無理メなんだけど、憧れています。

 プールでもいいカモ。

 水着の女王様に、甲斐甲斐しくご奉仕したいです(>_<)

 この場合、スクール水着でなくて、ビキニ希望ですが、ナニカモンダイアリマスデショウカ?

SxGK-czE_400x400.jpg


[ 2019/06/06 20:47 ] たわごと | トラックバック(-) | CM(6)

恥ずかしいマゾがいる。マゾの恥ずかしさというというものはない。 

 これは、近代批評の泰斗・小林秀雄の名言です。

無常といふこと

 ロダンの有名な「美しい自然がある、自然の美しさといふものはない」
のパクリとも言われていますが、考え方としては無常ということの本質であり、
美の追求者であった小林は、それは頭の中の観念ではなく、自分の中で受け止められるものだと言っています。

 つまり、認識できる存在(人の感情、心)があってこそ、外界の物事(SMやマゾヒスム)は成り立つのだと。   

 SMやこの種の変態性アブノーマル性癖の主要なコンセプトに、羞恥(心)があります。

 政治家の羞恥心と一般庶民のそれとは、感じ方に違いがあり、その乖離は美と醜より大きい。

 羞恥は人によって感じ方が異なるから、恥ずかしさを感じることの出来る人は大勢いても、恥ずかしさそのものは定義できず曖昧なままです。

 女王様が恥ずかしいマゾを見ても、花を見て美しいと感じる気持ちと同じ心の動きが考えられます。花と美は一体化している。

 だから、女王様は裏切らない。

 いくらマゾ本人が恥ずかしがり屋などと照れくさそうに言ったところで、どこからどう見ても恥知らずなのは明らかなのです。

 自分がその恥知らずな存在であることが、恥ずかしくてつらい。

 しかし、嬉しくもある。


 嬉し恥ずかしのカオスが複雑に入り乱れたマゾヒズムは、より普遍的な地平へと肯定的確信的に読み解かれる。


 女王様と対峙している時、僕は本当の自分の心の闇の奥の底まではカミングアウトしていないと思う。

mild_M_06.jpg

 予約して、彼女を指名してそこに己が勃って(座っていても)いるからには、その事実が恥ずかしいマゾであることをカミングアウトしている。

 すでに「マゾの恥ずかしさ」などというものは消滅しているんだ。
  
 だからといって「恥ずかしくない」というわけではない。

 やはり恥ずかしいし、「こんなコトやってる俺っていったい・・・(>_<)」というような、後悔にも似た複雑な心境が渦巻いている。
 
 しかしその後悔も羞恥心も含めて、筋書きのないシナリオに含まれたドラマの一部だったりする。
(もちろんマゾのコダワリによっては筋書きのあるドラマも、あるのかもしれません)

 女王様はそんなことお見通しで、追い打ちをかけるように、

「恥ずかしいのが嬉しいんでしょ?」と、あまりにも定番すぎる台詞が出てくる。

tumblr_n8q4x6CFjT1skeqgxo1_500.jpg


 それが嬉し恥ずかしかろうとなかろうと、多くのM男と接してきているプロ女王様は、どこでどんな言葉を使えば、マゾ萌えするかをきちんと心得ている。

 それほど多くはないマゾのスモール・データから、現場で適切な表現を選びとる人肌の温かい女王様のスペックは、膨大なビッグデータを必要とする人工知能とは比べものにならない。

 そして、何よりも人間の女王様の素晴らしいところは、知識や経験からでも意味不明なマゾの性癖や願望に対して、そこに寄り添った対応で受け入れて下さる「おもてなし」のプログラムが先天的に組み込まれていることだと思う。

 どういうわけだか、僕はそう思っています。
 
 その時は酷い目にあったと誤解し、「なんて女王様だ。もう二度と指名しない!」と憤慨しても、あとから冷静に思い起こしてみると、当てずっぽうでも僕のために努力してくれていたのだ、と思えるようになった。

 かつて僕は「女王様は判ってくれない」という記事を書いたことがありますが、最終的に常に、女王様は裏切らない。

 若い頃は「裏切られた!」と勘違いしたこともあった。

 ただたんに、まだ信頼関係が築かれていなかっただけなのに、裏切られたもへったくれもないもんだ。

JiJi_mazo_20190601112939a18.jpg

 こちら側の身勝手な妄想が、全て完璧に実現するとは限らないだけで、少なくとも僕がお世話になった女王様方は全員、全力でベストを尽くしてくれていた。

 僕のちっぽけでクダラナイ妄想をヴァーチャル空間で可視化し、馬鹿げた夢を叶えて下さった女王様に、心から感謝しています。

 マゾの羞恥には、花の美しさと同様に、解釈のうえに哲学がひろがる。

 「花」という名詞は文法的に存在するけれども、「美しい」という形容詞は物理的に存在しない。





 それがどうした?っていうおハナシでしたが、何か問題ありましたでしょうか? (>_<)




■ 女王様からの手紙

■ マゾの壁

■ 女王様とハグできますか?
e448ad2cfa0ca80cd9d08ad98faaf46f_20190601211151101.jpg








■ 私の恥ずかしいマゾヒズム
Presentation_of_homers_embarrassingM.jpg



■ 恥ずかしいマゾの私
恥ずかしいマゾの私_02



[ 2019/06/01 11:42 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

鏡花女王様-蜘蛛の巣

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

21位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ