FC2ブログ

マゾヒズムに花束を!

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

育児とSMを両立させたママさん女王様の元祖・天之蘭 

天之蘭女王様_01

 池袋のSMクラブ・ハイヒールを振り出しに、SM女王様としてマスコミにもよく登場していた伝説の天之蘭。

 アロマ企画の「マゾと美獣」シリーズは、SMビデオとしてはユルい内容であったが、北川プロのような本格的な調教について行けないフェチマゾには受けていた。

家畜人表紙サムネイル

 雑誌「家畜人」の表紙を飾ったこの頃、ラシオラの看板ドミナとしても活躍していたが、新玉みちお著「異才の女」によれば、この時期すでに妊娠していた。

 それを特に隠すこともなく、あっけらかんと雑誌のインタビュー取材に「出産ビデオでも撮影しようかナ」とまで答えている。

 ママさん女王様というのは昔からいたのだが、公式にカミングアウトしたのは天之蘭が初めてだった。

 けして女性総活躍時代ではなかったこの時期、育児とSM女王様を両立させるのは相当なエネルギーがいる。

 SM業界に限らずとも、子育てしながらきちんと仕事ができる女性というのは、待機ナンタラという社会問題や言葉もなかった1990年代にはほとんど希有な存在である。

 天之は10代でクラブ女王様としてデビューし、この時代の常として、実践現場で修羅場を踏んで成長していく。
 
 彼女は根っからのS女だったわけでなく、友人にススメられて、好奇心からSMを始めた、ズブの素人だ。(看護助手の仕事をしていたらしい)

amano_Ran_Isai-no-hito.jpg

 しかし、どういうワケなのか顔出しして活動しており(天真爛漫な性格だった)、マスコミに露出しすぎたおかげで親バレする。実家に強制送還されて、その後、勘当のような形で家を出た。かなり厳しい状況だったにも関わらず、持ち前の主体性で緊縛や鞭を独学し、個人でSMサークル・JAMを主宰するなどしてキャリアを積んだ。

 そうした実績を背景に、やはり主体性と独自性では負けてない朝霧リエのプロデュースしたSMクラブ・ラシオラに参加する。

 朝霧と同じく、海外、特にヨーロッパのSM事情にも早くから注目していた天之と朝霧はうまが合った。

 この二人が森園みるくとのコラボでCDなどを出すなど、SMコミュニティがグローバル化していく時代のうねりにもいいタイミングで乗っていた。

森園みるくの「Beehive」のワンシーン
Behive_01
ビッグコミック・スピリッツ/小学館



 個人的な印象としては、この当時の丸奇ジュリ赤星せいら真璃絵、ロシア系クオーターとも伝えられるケイト、そして春川ナミオ氏絶賛の朝之リラといった、初期ラシオラを飾ったレジェンド女王様と比較すると、天之蘭は地味だったように思える。

 威圧感 の少ない、親しみやすいキャラクターだった。

 知名度・実力ともにトップクラスのプロ女王様の中にあって、当時としては貴重な「母性」を感じさせてくれるユニークでチャーミングな女王様だったのである。


いい旅マゾ気分
こんなヌルいコンテンツも


 しかし野心的な女王様でもあったので、模索しながらスキルアップしていった。

 仕事でも、趣味であろうとも、SMを実際にやるような人間は、

 どこかで、何かが、ねじ曲っている、

 みたいな偏見がまかり通っていたあの時代、今で言うまっとうな女子力があったのだと思う。

 同じことが朝霧リエにも言えるが、偉大な女王様には苦難を乗り越えるパワフルな力がある。


天之蘭女王様_03

 朝霧リエは、人を見る目が素晴らしかった点でも突き抜けていた。

 先にあげた丸奇ジュリ赤星せいらは、ラシオラ純正ネイティブはなく、すでに最初から仕上がった状態のドミナたちである。こういったプレイヤーを集める人脈やコミュニケーション能力も朝霧の際立った女子力の一つだ。

 そしてその卓越した先見性から、将来性ある新人への手厚いフォローと、人材育成の手腕を発揮し、ラシオラを業界屈指のSMクラブへと発展させた。

 わざわざ臨時休業してまで、ドミナ全員を集め定期的にミーティングを行い、緊縛や安全衛生管理などのスキルアップ研修なども主宰する。

 ラシオラには天之蘭のようなズブの素人が「化ける」可能性があり、そのシステムが確立されていた。

 新人がすぐに辞めてしまうことでも有名なラシオラだが、朝霧の「親身の指導」を受け止めきれずに退店していくのだという。

 プロ女王様として独り立ちするには、興味や才能だけでなく、芯の強さみたいなものが必要で、

 「SMの堀越学園」

 とも称されるラシオラには、軽い気持の憧れからその狭き門へ訪れる女子たちもいる。

 そしてなんちゃって、エヘ!」と、悪びれることもなく去っていく(>_<)

 M客はへこんでも、そんなことで凹む朝霧ではない。

 期待を裏切るかのように、なかなか開花しないドミナへも、朝霧の眼差しはあたたかかった。

 彼女の求心力に惹かれて、一度去ったドミナが再びカムバックすることもよくある。

 天之蘭は、そうしたラシオラ初期の黄金時代を代表するドミナの一人として、記憶に値する女王様だ。



 本日も「マゾ花」にお越し頂きまして、ありがとうございます。

 ところで、育メン縄師(育児する男性緊縛師)なんて、いるのかな?

 奥さん縛って放置してる間、子どもの面倒みないと逝けないよネ (。。)☆\バキ


有末剛氏と
憧れの有末剛さんと





和樹



北川繚子



シャネル




朝霧リエ


伝説の女王様



春日ルミ



みづき桃香




飛室璃杏(Eve)








 



 

 





 




 




[ 2017/01/13 17:22 ] 伝説の女王様 | トラックバック(-) | CM(8)

2017年「新春マゾ座談会 」 

 マゾほど素敵な性癖はない!のブロガーであるmugiさんと、対談しました。


ホーマー黒目線homer:ブログ3周年、アクセス数10万回突破おめでとうございます。

“むぎぴょん”mugi:ありがとうございます。

ホーマー黒目線homer:ムギさんの記事を拝見していると、常に成長するマゾという感じですね。

“むぎぴょん”mugi:それほどでもないですけど、ご主人様のおかげだと思っています。


ホーマー黒目線homer:僕なんか全く成長できてないので、羨ましい。

“むぎぴょん”mugi:ホーマーさんのブログって、昔からほとんど変わってませんよね。

ホーマー黒目線homer:ワンパターンですみません(>_<)

          僕の考え方を変えてくれるような女王様に出会いたいものです。


“むぎぴょん”mugi:いつかきっと出会えますよ!


ホーマー黒目線homer:ムギぴょんは、ご自身を変革するような女王様を求めていたのですか?

 
“むぎぴょん”mugi:うーん、どうなんでしょう・・・
         あえて望んでいたわけでもなかったような気がします。

ホーマー黒目線homer:マゾヒズムには、保守的な面があると思います。


“むぎぴょん”mugi:相手との関係性によるのではないでしょうか。


ホーマー黒目線homer:そこは恋愛と同じようでもあり、異なる点でもある。

“むぎぴょん”mugi:というと?


ホーマー黒目線homer:主従関係は、逆転することもあります。
          つまり、マゾの方が女王様の考え方を変えてしまう。


“むぎぴょん”mugi:関係が深まれば、お互いにそうなることもあるでしょう。


ホーマー黒目線homer:プレイや調教を通して、関係性が変化するということですか?

“むぎぴょん”mugi:関係性というよりも、マゾの無意識を浮上させる触媒としての働きが、
         女王様のご調教にはあるように思います。


ホーマー黒目線homer:調教によってマゾヒズム自体も変わる?ということ?

“むぎぴょん”mugi:そうですね。変わらないかもしれないし・・・


ホーマー黒目線homer:ムギさんは激的に変わったほうですよね。


“むぎぴょん”mugi:はた目にはそう見えるかもしれませんが、
         自分的にはそれほど変わったとは思わないですね。
         ご主人様への忠誠心が増大しただけなんだろうと。

支配と服従



ホーマー黒目線homer:よく「支配と服従」と言われますけど、
          あんなのは嘘っぱちの綺麗事だと思ってました。


“むぎぴょん”mugi:両者の関係性が浅ければそうとも言えるでしょう。

         現実にはMがSを支配し、服従させている面があるのは事実です。


ホーマー黒目線homer:いわゆる逆調教ですね。 調教が触媒として機能するなら、
         女王様の心にも変化が現れる可能性があるわけだ。


“むぎぴょん”mugi:最初から理想の女王様というのは、存在しないと思います。
         だから、最初から理想の関係性もない。

         信頼関係が結ばれて、両者を理想の関係に変えていく。


ホーマー黒目線homer:今のムギさんと女王様のご関係はそういうことなのですね。


“むぎぴょん”mugi:そうなりつつある、と申しておきましょう(>_<)


ホーマー黒目線homer:もしそうならば、マゾほど素敵な性癖はない!



“むぎぴょん”mugi:マゾヒズムに花束を! です。


ホーマー黒目線homer:ところで月並みな質問ですが、好きなプレイは?


“むぎぴょん”mugi:今さらそう来ますか? え〜と、顔面騎乗です(笑)


ホーマー黒目線homer:もう少し具体的に。


“むぎぴょん”mugi:ここで僕に言葉責めしてどうする! 
   
エリックの顔騎_B

 
         とか言いつつ、エリック・スタイルで舌舐め奉仕です(汗)


ホーマー黒目線homer:それ、いいと思うけど、後背位正坐型でのアナル奉仕はどうよ?

FS_gose-i_Seiza.jpg


“むぎぴょん”mugi:いや、後背位だと女王様の顔が見えないからダメですね。


ホーマー黒目線homer:顔騎されている時に顔なんかどうでもいい。お尻だよ、重要なのは。


“むぎぴょん”mugi:だって女王様の顔が見たいんだもん(>_<)

Elick_style_sun116.jpg


ホーマー黒目線homer:まぁ、それも言えてるかも。


“むぎぴょん”mugi:ホーマーさんの好きなプレイは?顔面騎乗以外で。


ホーマー黒目線homer:「跪いて足をお舐め!」と言われて、平伏して舐めたい(>_<)

跪いて足をお舐め


“むぎぴょん”mugi:それはつま先ですか? かかと? 土踏まず? それともヒールですか? 

          いやブーツかな? わかった、太ももでしょう!


ホーマー黒目線homer:たしかに、マゾから言葉責めされたくないな。


“むぎぴょん”mugi:そんなカビのはえたようなストーリープレイ、今時やらないですよ。


ホーマー黒目線homer:この前、若い女王様に歌舞妓みたいなプレイだ!って言われた。

“むぎぴょん”mugi:まさに古典芸能的な、世界無形文化遺産に登録したいSMプレイですね。


ホーマー黒目線homer:マゾなんてだいたい、「かぶきもの」みたいなものだから。
  

“むぎぴょん”mugi:いよ! 待ってました〜!!!


ホーマー黒目線homer:素面で「虐めて下さい(>_<)」なんて、我ながらよく言うヨって。


“むぎぴょん”mugi:自分をどこまでさらけ出セるかも、関係性によりますネ。


ホーマー黒目線homer:精子を出セるかもね。


“むぎぴょん”mugi:おや、ホーマーさんは「射精ありき派」のマゾですか?


ホーマー黒目線homer:それ、よく女王様にも聞かれるんだけど、特定秘密です(>_<)


“むぎぴょん”mugi:別に隠すことないじゃないですか。


ホーマー黒目線homer:別に隠してたわけでもないですが、できるものならしてみたいですよ。


“むぎぴょん”mugi:射精管理は?

ロックをかけて射精管理


ホーマー黒目線homer:貞操帯つけられた瞬間に、もう出ちゃいそう(>_<)

“むぎぴょん”mugi:早漏?


ホーマー黒目線homer:いかにも。そうろうで候。

“むぎぴょん”mugi:「お許しもないのに、逝ったらダメでしょ!」と言われたい派でしょう?

ホーマー黒目線homer:そんな派閥あるのかいな。それ以前に、お許しがあってもたたないから。

“むぎぴょん”mugi:「許可なく、大きくしたらダメでしょ!」と言われたい派ですね。


ホーマー黒目線homer:どうでもいいけど、そういう言葉責めは大好き。

“むぎぴょん”mugi:だけど「M男から言われたくない」派(笑)


ホーマー黒目線homer:それは絶対に多数派だと思うわ。


“むぎぴょん”mugiサイレント・マジョリティですね。


ホーマー黒目線homer:昔に比べたらマゾの人口は増えてきてると思いませんか?


“むぎぴょん”mugi:というよりも、カミングアウトの件数が増えてきたのでは?


ホーマー黒目線homer:LGBTではないけれど、昔から相当数いたと。

“むぎぴょん”mugi:ふうこさんみたいなアクティブな素人S女さんも登場しています。

ホーマー黒目線homer:声泣き声が、聞こえる。


“むぎぴょん”mugi:声なき声でしょう。


ホーマー黒目線homer:僕は、マゾヒズムというのは、声なき声の叫びだと思っています。

“むぎぴょん”mugi:魂の暗部ですか。

ホーマー黒目線homer:本当の自分なんて、自分自身にもわかっていない。

“むぎぴょん”mugi:女王様も判ってくれない。

ホーマー黒目線homer:それを女王様に判ってもらおうなんて、ムシがよすぎる。

女王様は判ってくれない

“むぎぴょん”mugi:ホーマーさんはもしかして、包茎ですか?

ホーマー黒目線homer:ど、どうしてそれを! 絶対に特定秘密なのに(>_<)


“むぎぴょん”mugi:包茎であることを、女王様に判ってほしいとか。


ホーマー黒目線homerだけどね。


“むぎぴょん”mugi:そんなこと聞いてません。


ホーマー黒目線homer:毎日皮剥いて洗ってるから、清潔だからね。


“むぎぴょん”mugiそんなこと聞いてません!


“リエたん”朝霧リエ:何ナニなぁに? 面白そうな話してるじゃな〜い❤️

“むぎぴょん”mugi:あー、朝霧リエぴょんだ!

ホーマー黒目線homer:ど、どうしてここに? 花園神社の帰りですか?

“リエたん”朝霧リエ:女王様は全てお見通しなのよ。

“むぎぴょん”mugiですよね〜

“リエたん”朝霧リエ:女王様に判ってもらえなくたって、いいじゃない。愉しければ。

“むぎぴょん”mugiですよね〜

ホーマー黒目線homer:判ってもらえないと、愉しくない(>_<)

“リエたん”朝霧リエ:あなたたちだって、女王様のこと判ってない。

          というより、SMというのを判ってないわ! だけど、それでいいの。

         判らないから、面白いし、愉しいのよ!

ホーマー黒目線homerラシオラには、判ってくれる女王様がいらっしゃいますネ(たまに)

“リエたん”朝霧リエ:なにアンポンタンなこと言ってるの! 人の話ちゃんと聞いてる?


“むぎぴょん”mugiキタ〜!言葉責め

“リエたん”朝霧リエ:つまらないブログばかり書いてないで、ラシオラに逝きなさい。

ホーマー黒目線homer逝かせて下さい女王様!


逝かせて下さいリエ女王様


  最近はもう逝けませんけど(>_<)


ラシオラ広告_朝霧リエ
20年前のラシオラの広告。今見ても色あせぬ斬新なデザインが眩しい



 *この対談は昨年末、赤坂の某料亭で、虚偽に基づくフィクションとして行われました (。。)☆\バキ





■ 新春対談(2012年) ホーマー VS ネホリ氏


■ サドとマゾッホの会話


■ 寺山修司と三島由紀夫の対談



北川プロの北川繚子さんと、ガチで対談(>_<)

北川繚子_s北川繚子:homer さんは、プレイ体験記みたいなのをあまり書きませんね。

Homer_sホーマー:よく聞かれますけど、たいした経験してませんから。
  
続きはこちら


■ 北川繚子さんと、ある日の会話

■ またある日、北川さんとの会話


■ 池上彰の「そうだったのかSMクラブ!
学べるニュース


■ 試験に出ない原発
 


■ 文豪座談会 年間アクセス数ナンバー・ワン!の人気記事!
文豪
       この記事は何故かよく読まれてます。夏目君、樋口様、ごめんなさい(>_<)


[ 2017/01/02 14:39 ] 仮想トーク | トラックバック(-) | CM(11)

謹賀新年! 

MISTRESS WITH SLAVE PET IN CAGE - Vintage Photo, 1920s


 年が暮れようと明けようと、マゾヒストの日常は変わりません。

 朝っぱらから大威張りで、女王様との妄想に耽るのがお正月の楽しみであります。

 元旦の朝に、ナゼか次のアホ句が思い浮かんだ。


年明けて 老いて愉しき まぞひずむ



 年齢を重ねても、自分の未熟さに虚しくなりますが、マゾヒズムも若い頃からちっとも成長しない。

 相も変わらず子どもじみたファンタジーに耽ることで、老ける(イヤ、しゃれなくてね)

 50代も後半に突入してくると、体力的にも衰えてくるので、SMプレイにもイマいちが入らない。

 しかし、妄想だけは力強くたくましくなっていくので不思議です。

 ヴィーナス・ナイトの後半で、お客さんの一人が逆さ吊りにされて虐められていました。

 すでにお立ち台の晒し首で満足していた僕は、ポカンと眺めていた。

 蘭花さんが「あんたもやってみる?」と近づいてきたので、

   絶対に無理(>_<)

 と丁寧にお断りしました。

 でも、ちょっとやってもみてもよかったかもしれない...と、心の底の魂の暗部で、少しだけ思ってしまったかもしれない.....

 若い頃はやみくもに、危険を顧みず何でもやってみようかという無謀な気持もあったようにも思うのだけれど、この年になるとSM的な分別もついてくるし、自分の限界も知ってるから、もう勇気は出ない。

 別にこれまで隠していたわけではないですが、

 逆さ吊りにされて鞭打たれてみたい!みたいな願望

 は(まだ)あるように思うのです。

 そういう気持にさせてくれる女王様がもしいれば、わからないけれど、おそらく、それでも「却下」することだろう。

 「吊りの講習受けました〜」とかナントカ言ってくれてる若い女王様の言葉など

 信じられるわけがない!

 よしんば信頼できる女王様に出会えたとして、その時に震度6弱の地震が起きないともかぎらない。

 そういうことを考えてしまうのが「老いる」ということの真実なのだろう。

 本気でやる気もないのに、空想だけはしてしまう。



 冒頭の画像は、わりと古くから知られているヴィンテージ・フォトで、1920年代のものらしい。

 檻に入れられた全裸のハゲおやじが、やはり全裸のミストレスに見下されているの図。

(男はともかく、女王様が全裸である必要はないと思うんだけど、どうでもいいか、そんなコト)

 これは誰がどうみても、愉しそう!

 女王様は鞭を持っているみたい。

 鞭で打たれるのはイヤだけど、打たれるかもしれない(>_<)というワクワク感は愉しい。

 逆さ吊りで鞭打たれるなんて過激な妄想は、老後の楽しみにとっておきたいと思います。

 (もう老後みたいなものですが・・・)

Hunging_Whipping.jpg

 
 新年早々、どーでもいいようなこと書いてますけど、今年もこんな感じです!

 僕のマゾヒズムと一緒で、全く進歩のないブログですが、よろしければ本年もおつきあい下さい。


 新しい年が皆様にとりまして、佳き年でありますようお祈り申し上げます。
 




 






 
[ 2017/01/01 09:19 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(2)

太もも写真の世界展 

太もも写真の世界展

 別にこれまで隠していたワケではないのですが、僕は女性の太ももが大好きです(>_<)

 これは僕だけではないと思う。
 
 何かのマチガイで顔面騎乗が嫌いな人でも、太ももは好きですよね?

 鞭フェチだろうが、縄フェチだろうが、男なら全員、太ももフェチなんだよね?

 そんな人達のためのギャラリーが、浅草橋で開催中。

 ふともも写真の世界展 2016-17

絶対領域

 マシュマロのように、ふっくらしていて暖かい。

 男の魂を鷲掴みにするムチムチしたぷにゅぷにゅ感。

fotomomo16-17_top4-1.jpg

 これまで、ありそうでなかった写真展ではないでしょうか。

 年末年始は太ももで顔面騎乗で決まりです。





[ 2016/12/31 10:40 ] イベント | トラックバック(-) | CM(0)

年の瀬に思ふこと 

 恥の多い人生を歩いてきました。

 命というのは、生から死、そして死から生へと繋がっていくのでしょうか。 

 2016年という年は、プリンスやデビッド・ボウイ、アース・ウィンド&ファイアーのモーリス・ホワイトなど、僕の世代には影響力の大きかった、ミュージシャンやアーティストの訃報が相次いだ年だったような気がします。 

 つい先日もジョージ・マイケルさんに続いて、ショッキングな訃報がダブルで届きました。

「レイア姫」女優キャリー・フィッシャーさんの母も死去
 「雨に唄えば」のデビー・レイノルズさん


 あのレイア姫が「雨に唄えば」のデビー・レイノルズの娘さんだったとは知っていたようで、知りませんでした。

 母子ともにご冥福をお祈り致します。

 別に隠していたわけではないですが、「雨に唄えば」は十歳の時に初めて観たミュージカル映画で、トラウマ的に大好きな作品。

 今でも脳裏に焼き付いているメモリー画像はコレ。

Cyd Charisse

 この映画のメイン・キャストはジーン・ケリー、デビー・レイノルズ、ドナルド・オコナーの3人ですが、シド・チャリシーが登場するこの一幕は、とても印象に残っています。
 
 純粋にダンスシーンとしても素晴らしいのはもちろんのこと、10歳の僕には刺激が強すぎた。

 僕はダンサーの脚線美の魅力にこの時目覚めたのです。

 踊りでなく女性の脚に目が釘づけになる癖、いわゆる脚フェチの性癖がこの時から生まれたような気がする。
    (それ以前から、顔面騎乗への情熱は持っていたのですが・・・)
 

Legfetish_08.jpg
「雨に唄えば」のワンシーンから、こういう画像が好きになるきっかけをもらった


 そういう意味で(何が「そういう意味」なのか、意味不明か?)僕のSM的ファンタジーには、ミュージカル的な思い出が深くリンクしています。

 ミュージカルというのか、音楽的感性、そして文学やその他の芸術的情趣とのつながりは、僕の変態性リビドーを支えている。

 随分昔、もう30年以上前になりますけれども、老舗SMクラブから六本木へ暖簾分けしたあるお店での「豪華調教ルーム」は、実際は古いマンションの和室で、近隣住民への配慮から、必ず悪趣味でウルサいBGMを流してプレイが行われていました。

 僕はそれがイヤで、できることなら静かなクラシック音楽でもかけて欲しいと思っていた。

 ある日ある時、「大きな声は絶対に出さないから、無音でお願いします」と懇願してみたけれど、それは叶いませんでした。

     そして、案の定、ヒイヒイ言わされてしまったのでした(>_<)


 顔面騎乗をされる時の僕の脳内には、シュトラウス作曲「ツァラトゥストラかく語りき」のメロディが流れています。

 顔面騎乗こそは、「性」を超越した、永遠の快楽と苦痛との輪廻転生物語だと思います。





 どうでもいいか、そんなコト。





【心に沁みる関連エントリー】

■ 顔面騎乗の想い尻
homer_memory





[ 2016/12/30 10:06 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(4)

クリぼっち 

メリークリスマス

 ひとりぼっちのクリスマスのことらしいネ。

 別にクリスマスをことさら楽しみにしていたわけでもなかったけれど、昨夜のヴィーナスナイトは楽しみにしていた。

 そして、念願叶って愉しめた。

 約40名のM男諸氏と10数名の女王様系女子との一夜は、10年分のクリスマスパーティーのようでもあった。

 今夜はその余韻に浸っているので、むしろ独りでいるほうが心地よい。

tumblr_muth459Lkv1s14roao1_1280_20161225205223190.jpg

 こんなしょーもないブログを、わざわざクリスマスの夜にお読み頂きまして、ありがとうございます。

 今年もまもなく終わって、また新しい年が始まる。

 よい年をお迎え下さい。

 tumblr_nmv2lwYgrA1u7lt0ho1_1280.jpg





 
 
[ 2016/12/25 21:06 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。



さらに詳しく




【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





お世話になってます



ピンクの鞭





狂い恋う

ラシオラ

あやつきのブログ

tabooバナー

バロックバナー小















アシッド

花清バナー

ミストレス

パープルムーン

BarBAR

桃太郎バナー

美花バナー

大阪SMクラブ_Fetish_SM

マルチプル

アダルトグッヅビアンカ

テレクラ・ツーショットのイエローキャット

女王様の退屈しのぎ

ゲイMT



ちょいMドットコム

DUGA

麗雅

コルドンブルーバナー

プレジス

脳内快楽バナー

更科青色の思いつき(仮)バナー

女王鏡華の猟奇的人体実験室バナー

SM遊戯バナー

麗奈ブログ

ユリイカ

一年目の浮気

whipLogo

ピンククリスタル

アマルコルド

ヴァニラ画廊

SMペディア

奇譚クラブ

東京SMクラブ

女王様出会い研究所

女王様出会い研究所

名古屋ベラドンナ_涼子女王様のブログ

名古屋SMクラブBella-Donna愛瑠(エル)

アンモナイト

月別アーカイブ


【最近のトップ画像】

PU_mesen.jpg

PU_GTOP_Randam_01.jpg

PU_Yudit.jpg

アクセスランキング

[SMカテゴリー]

22位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m


ランキング

SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール yaso―特集+ドール





ブログパーツ